お知らせ

ぷかぷかでお買上げを頂いた商品をお持ち帰りいただく袋につきまして

少し長いお話をさせてください。

2020年7月1日より、全国でレジ袋(プラスチック製買物袋)が有料化になることが決定いたしました。経済産業省からの一文はこちらです。

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。
このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています

ぷかぷかも昨年度より全体としてプラスチック製品を少しでも減らしたいと思い、みんなで話し合ってきています。

現在、私達日本でプラスチックに頼るところはとても大きいと思います。自分の家の一部だけを見回しても、なんと多いことでしょう。特に洗面所などは多いかな、と感じます。

では、できることは何でしょう。ゼロにすることは今の段階では到底考えにくいですね。

まずは今、家やぷかぷかで使っているプラスチック製品はなるべく長く使用し、その寿命を延ばしていきます。これから購入をするもので代替をできる場合はそちらを選びます。それでも、今後プラスチック製品を使い続けなくてはならないものがあるのも確かです。

プラスチック汚染を考えるにあたり、実情をぼんやりとしか理解できていないため、少し勉強をしてみました。

世界ではじめてプラスチックが創り出されたのは1907年だそうです。色々の形に自由に成形ができることから様々な分野で用いられ大量生産へと進んでいきました。

今、海洋汚染などで話題となっているプラスチックはプラスチックの破片を更に魚が噛み砕き細かくなっていったものの他に、フリース素材などの衣服を洗濯するたびに排出されるとても微細なものも、マイクロプラスチックとして海に排出されるそうです。

日本のプラスチック使用率は世界、アメリカ・中国・EU・インドの中で一番低いのですが、一人あたりに換算をすると第3位となってしまうそうです。

レジ袋のお話に戻りますが、レジ袋の多くはポリエチレンというプラスチックで出来ています。日本は毎年約450億枚のレジ袋が使われているのでは無いかとのことです。

すでにレジ袋を有料化をしているお店ではお客様の8割がご自身で袋を準備して来られているようです。

ぷかぷかでもプラスチック袋から変更していけるものに関してはできるだけ何年かを駆けてお客様と一緒に協力をしながら違う形に変更をしていきたいと考えます。

ですが、お惣菜などまだまでレジ袋を必要とするものが多く、衛生面を考慮すると代替えをできるものにたどりつけていない状況にあります。ですので面の間、ぷかぷかではサトウキビを原料にしたバイオマス25%配合のレジ袋をします。この袋は無料でおつけいたします。

お客様にお願いをしたいことはできるだけマイバッグのご持参をお願いしたいと云うことです。私自身も車までは持っていくのに、お店に持っていくのを忘れてしまい、レジ袋を頂いてしまう・・・という失敗談がいくつもあります。

ぷかぷかでも、とても買いやすい価格で繰り返し使っていただける、お手持ちのバッグにもしまいやすいようなエコバッグの販売を考えています。

いずれは、レジ袋やエコバッグだけでは終わらない取り組みを地域の皆様と一緒に考えていきたいと思っているぷかぷかです。

そんなぷかぷかをこれからもよろしくお願いいたします。