ぷかぷか日記

田貫湖電鉄物語

田貫湖電鉄物語 うそがこんなに広がって

 最初にあったのは路線図。

f:id:pukapuka-pan:20150803104101j:plain

 鮮明に見るには下のアドレスをクリックしてください。ダウンロードボタンが出てきますので、それをクリックすると鮮明な路線図が出てきます。

http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php?田貫湖電鉄路線図

 田貫湖は富士山の西にあるので、そのあたりにある電鉄だろうと思って地図を探しましたが見つかりません。ネットの「乗り換え案内」で駅名を入れて調べましたが、いくら入れても、「見つかりません」の回答。ここまで来て、この「田貫湖電鉄」は「うそ」なんだということがわかりました。

 ここで「なんだ、あの路線図、うそじゃん」って言っていたら、ここですべて終わっていました。これだけの絵は出てきませんでした。(写真をクリックすると大きくなります)

f:id:pukapuka-pan:20150814175353j:plain

 障がいのある人たちの文化、あるいは豊かさを掘り起こせるかどうかは、私たちの想像力にかかっているように思います。

 

「うそ」は「想像」です。しかもこれだけの「うそ」は「すばらしい想像」です。

 うそとわかった翌日、ヨッシーに

「あの路線図、すごいじゃん。せっかくだから駅の絵も描いてくれないかなぁ。」

「はいわかりました」

と描き始めたのが、「田貫湖電鉄物語」です。

 「田貫湖正門」「こずえ野」「田貫湖心太屋前」「榊原三丁目」「駿河紙が沼」…

 路線図の駅名を考えた時点で、それぞれの駅のイメージがあったのか、駅名を前に考え込むといったこともなく、さらさらと描いていました。

 映画のロケが盛んな駅「田貫湖心太屋前」、きつねがいる駅「木津根新田」、妖怪のでる駅「榊原三丁目」など、描きながら本当に楽しかったと思います。

 全部で39駅。田貫湖電鉄物語の記録として、ここに全駅を載せます。ヨッシーが何を思いながら描いたのか想像しながら見てください。

 尚、田貫湖電鉄物語の絵は8月20日(木)ワークショップの前にすべて取り外します。ぜひ原画を見に来てください。「アート屋わんど」に展示中です。

 原画をどういうふうに保管するか思案中です。どなたかいいアイデアをお持ちの方、アドバイスください。

f:id:pukapuka-pan:20150814173350j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173741j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173415j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173816j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173541j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173835j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173606j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173903j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173919j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173941j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173957j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174013j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174029j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174046j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174122j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174139j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174542j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174559j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174618j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174637j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174655j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174713j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174732j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174752j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174810j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174831j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174849j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174907j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174924j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814174940j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175001j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175022j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175050j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175104j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175139j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175157j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175216j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175235j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175254j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175312j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175334j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175412j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175434j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814175507j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150814173436j:plain

  

田貫湖電鉄物語-2 タカサキは何やってるの?の巻

 田貫湖電鉄路線図

f:id:pukapuka-pan:20150331164152j:plain

 

 この田貫湖電鉄、ここまで精密に描いてあると、てっきりほんとうにあるものだと思い、ネットでいろいろ調べました。田貫湖の地図で調べても、田貫湖周辺の観光マップを調べてもこの路線はどこにもありませんでした。困ってしまってヨッシーに、

「田貫湖電鉄ってほんとうにあるの?」って聞いても

「あります」

と、ごく普通に応えていました。

 夜になって「乗り換え案内」で「田貫湖電鉄」の路線図にあった駅の名前を片っ端から入れても、「この駅名はありません」の答えばかり。そこまで来てようやく「田貫湖電鉄」はヨッシーの作った物語であることに気がついたのですが、翌日、この路線図がうそとか本物、といった話をすっ飛ばして、

「田貫湖電鉄の絵を描いてくれる?」って聞いたら、

「はい、わかりました」

とごく普通に応え、さらさらっと描き始めました。

 考えてみれば、ヨッシーの絵はほとんどが物語。「田貫湖電鉄」を本物と思い込み、ネットで必死に調べた私の方が、ヨッシーにしてみれば、

「何やってるの?」

という感じだったのでしょう。ですから、

「田貫湖電鉄の絵を描いてくれる?」

の依頼は、ヨッシーにとってはなんでもないことだったのです。

  今日は、鵠山からスタートし、次の仏沢町の途中まで描きました。

f:id:pukapuka-pan:20150331164055j:plain

 「小田急は乗り換えです」とあり、私は路線図の下に描いてあった「小田急西部線」を本気で探したりしました。

 

f:id:pukapuka-pan:20150331163939j:plain

 

 この物語、これからどんなふうにひろがっていくのか楽しみです。

田貫湖電鉄物語

 ヨッシーが「田貫湖電鉄」の路線図を描いていたので、どこにあるんだろうとネットで調べました。田貫湖は富士山の西にある小さな湖なのですが、いくら探しても、その周辺には「田貫湖電鉄」は見つかりませんでした。

 ヨッシーの路線図にはもっともらしい名前の駅が並んでいます。「田貫湖正門(たぬきこしょうもん)」「こずえ野」「田貫湖心太屋前(たぬきこところてんやまえ)」とあって、この「田貫湖心太屋前(たぬきこところてんやまえ)」というなんとも奥ゆかしい名前の駅に、これは絶対に行ってみよう、と思ったのでした。

 ところが、ネットの「乗り換え案内」で、駅名を検索しても出てこないんですね。ほかにもいくつか入れたのですが、全く出てきません。ここまで来てようやくこれはヨッシーの作った物語なんだということに気がつきました。

 39個ものもっともらしい駅名がふりがな付きで並んでいて、これは描きながら楽しかっただろうなと思いました。それにしても「長者の橋紙が沼(ちょうじゃのばししがぬま)」「駿河牛之尻(するがうしのけつ)」なんて名前を考え出したヨッシーってただ者じゃないと思いました。何よりも、私をここまでわくわくさせたのですから、この物語の持つ力は、なかなかのものだと思いました。

f:id:pukapuka-pan:20150328210332j:plain

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ