ぷかぷか日記

詩のワークショップ

  • ふろふき大根
    ぷかぷか旅行で行った高知でゆず味噌を見つけ、うちに帰ってからふろふき大根につけて食べました。しみじみおいしいですね。  大好きな詩人長田弘さんの詩に『ふろふきの食べ方』というのがあります。  自分の手で、自分の  一日をつかむ。  新鮮な一日をつかむんだ。  スのはいっていない一日だ。  手に持ってゆったりと重い   いい大根のような一日がいい。  それから、確かな包丁で  一日をざっくりと厚く切るんだ。  日の皮はくるりと剥いて、  面とりをして、そして一日の  見えない部分に隠し刃をする。  火通りをよくしてやるんだ。  そうして、深い鍋に放りこむ。  底に夢を敷いておいて、  冷たい水をかぶるくらい差して、  弱火でコトコト煮込んでゆく。  自分の一日をやわらかに  静かに熱く煮込んでゆくんだ。  こころさむい時代だからなあ。  自分の手で、自分の  一日をふろふきにして  熱く香ばしくして食べたいんだ。  熱い器でゆず味噌で  ふうふういって。 ●●●  「自分の手で、自分の一日をつかむ」という出だしの言葉が大好きです。  一日をつかむ、という感覚。  ゆったりと重い いい大根のような一日…  この詩を誰かに向かって朗読すると、つい好きな言葉に思いがこもり、力が入ります。  なので、人によって読み方が全く違います。そこに新しい出会いがあります。  これが詩の朗読ワークショップの面白さ。  昔こんなワークショップをあちこちでやりました。遠いところは四国の愛媛まで出かけてやりました。  ゆず味噌をつけたふろふき大根を食べながら、ふとそれを思い出し、またあちこちでやってみたいと思いました。「あっ、おもしろそう」って思った方はタカサキまで連絡下さい。takasaki@pukapuka.or.jp   2時間ほどのワークショップで、思いもよらない気づきがたくさんあります。  詩は一人で黙って読んでもいいのですが、誰かに向かって声を出して朗読すると、詩がムクムクと生き始めます。詩との新しい出会い、人との新しい出会い、自分自身との新しい出会い…  心と体がふっと緩み、なんだか元気になります。ぜひトライしてみて下さい。連絡待っています。
  • 最近の日記
    カテゴリ
    タグ
    月別アーカイブ