ぷかぷか日記

笑顔をなくしてまで合わせる先に、何があるのでしょう

 毎日小さなカメラを持ち歩き、写真を撮りまくっています。いい写真が撮れたら、キャプションをつけ、Facebookにアップします。

 今日撮ったこの写真

f:id:pukapuka-pan:20190611181545j:plain

 

 特に物語があるわけではなく、どういうキャプションをつけようかといろいろ考えました。写真を眺めているうちに、あーだこーだと物語を考えなくても、彼らがこうやって笑顔でいること、ただそれだけでいいじゃないか、と思ったのです。

 そのことに価値があること、こういう笑顔を生み出す社会こそ豊かであること。

 

 昔養護学校の教員をやっている頃、卒業生の進路先を時々訪ねました。

 その中で、生徒の変わりようにびっくりしたところがあります。その方は学校にいる頃、ダウン症の、すごくひょうきんな生徒で、その子のまわりは笑い声が絶えませんでした。多分そんな調子で今もまわりを楽しくさせてるんだろうな、と思いながら訪ねました。ところが、楽しいどころか、見たこともないような厳しい顔つきで、ひたすら部品の組み立てをやっていました。なんだか話しかけるのもはばかられる雰囲気で、居心地悪く、そそくさと退散してしまいました。

 なんだか悲しい気持ちでした。彼の、あの笑顔はどこへ行ってしまったんだろうって。

 

 彼らを社会に合わせるのもいい。でも、笑顔をなくしてまで合わせる先に、何があるのでしょう。そこのところこそしっかり考えないと、彼らが辛い思いをするだけでなく、社会の大きな損失になる気がします。

 

 こういう人たちのこういう笑顔は絶対なくしちゃだめなのです。この笑顔は社会の大切な財産です。

f:id:pukapuka-pan:20190611212830j:plain

f:id:pukapuka-pan:20190611212844j:plain

 6月27日(木)に日本財団ビルでおこなうセミナーでは、こんな話もします。ぜひおいでください。

https://pukapukacanpan.peatix.com/view

セミナーの参加申し込みはpeatixでするようになっていますが、ぷかぷか問い合わせ窓口info@pukapuka.or.jpに「6月27日セミナー申し込み」と書いてメールを送ってもらっても結構です。参加費1,000円は会場でお支払いください。おまけで『pukapukaな時間』がもらえますので、すごくトク!です。

 今日は軽井沢から参加される方から、セミナーの前にぷかぷかを見学したいと連絡がありました。

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ

ぷかぷかトピックス

障がいがある人と一緒に暮らす社会について掘り下げて考えるためのトピックス集です。