ぷかぷか日記

つるみに「ぷかぷか」を作っちゃおう!

 つるみに「ぷかぷか」を作っちゃおう!という人たちが現れました。障がいのある人だけでなく、誰にとっても居心地のいい場所「ぷかぷか」を、つるみに作っちゃおう、というわけです。

 生きづらさを抱えている人が多いのだと思います。自分らしく生きたい、と思っている人が多いのだと思います。だから「ぷかぷか」のように、みんながホッとできるような居場所を作ろう、ということで動き出したようです。

 

 どんな風にして、そんな場所を作っていくのか。

 ぷかぷかは、「居心地のいい場所を作ろう」ということでスタートしたわけではありません。障がいのある人たちといっしょに生きていこう!って、それだけを考えてスタートしました。

 彼らといっしょに生きていこうって、それだけを考えてやってきたのですが、いつの間にか、来るとホッとするような、誰にとっても居心地のいい場所になっていました。

 どうしてそんな風になったのか。

 

 大きなきっかけは、接客の講習会を受けたときです。講師の人が言った「接客マニュアル」通りにぷかぷかさんがやると、なんだか気色悪かったのです。マニュアルに合わせようと一生懸命やればやるほど、気色悪い、というか、自分を押し殺す姿が痛々しかったのです。それで「接客マニュアル」に合わせるのはやめにしました。お客さんに不愉快な思いをさせない、という一点だけ守ってもらって、あとは自分の思うようにやってもらいました。

 接客マニュアルに合わせる、というのは、言い換えれば、社会に合わせる、ということです。障がいのある人は社会に合わせないとだめ、とかいわれますが、ぷかぷかは社会に合わせることをやめたのです。

 社会に合わせると気色悪い、そのままのあなたが一番魅力的!と、そのとき、しみじみ思いました。

 そのままの自分でいいので、ぷかぷかさんにとってはとても居心地のいい場所になりました。みんなが自由であるとき、お店の雰囲気、空気感が開放感にあふれたものになります。やってくるお客さんにとっても、ホッとできる居心地のいい場所になりました。

 

 つるみで「ぷかぷか」を作っちゃおう!というとき、ここが一番のポイントになると思います。そこに集まるぷかぷかさんたちがどれだけ自由に振る舞えるか、ということです。それと、何よりも私たち自身が、ぷかぷかさんたちといっしょに生きていった方がトク!と思うこと。間違っても「支援」などという上から目線の関係は作らないことです。

 その二つが合わさって、誰にとっても居心地のいい場所を作るのです。

 

 あちこちにこうやって「ぷかぷか」ができれば、社会はもっと居心地のいいものになりますね。

 あなたの町でも、ぜひ! ぷかぷかの映画抱えて応援に行きますよ。

 

 

 つるみで「ぷかぷか」を作っちゃおう!のFacebook

www.facebook.com

 

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ

ぷかぷかトピックス

障がいがある人と一緒に暮らす社会について掘り下げて考えるためのトピックス集です。