ぷかぷか日記

彼らといっしょに生きてることの幸せを感じます。

 「おひさまの台所」の怪しい扉の内っ側に貼ってある張り紙にいつも癒やされます。

 

f:id:pukapuka-pan:20190913233136j:plain

f:id:pukapuka-pan:20190913233206j:plain

  心がきゅんとなります。彼らといっしょに生きてることの幸せを感じます。

 

 松田智子さんが13時間も拘束されていたという津久井やまゆり園では、こんなあたたかな言葉のやりとりはなかったんだろうな、と思います。 お互いにとって、それはとても不幸なことです。

 そういう環境だから「障害者は不幸しか生まない」という言葉が生まれたのだろうと思います。

 不幸は障害者が生んだのではありません。こういう環境をつくった健常者ですよ。健常者が不幸を生んだんですよ。そこをきちんと見ていかないとだめだと思います。だから現場の検証が必要なのです。

 

 写真にあるような張り紙がある環境では「障害者は不幸しか生まない」なんて、誰も思いません。みんな彼らといっしょに生きてる幸せを感じています。

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ

ぷかぷかトピックス

障がいがある人と一緒に暮らす社会について掘り下げて考えるためのトピックス集です。