ぷかぷか日記

アート屋日記

  • 新春墨絵ワークショップ
    今年もどうぞよろしくお願いいたします☆わんど店長のゆっこです。 2016年一発目の新春スペサルワークショップを9日(土)に開催しました! 新年の“書初め”ならぬ“描初め”ということで、お習字の道具をつかって墨絵制作です。 モチーフは今年の干支『さる』 道具は、墨汁、半紙、細筆、中筆、布筆。 墨も水の量を変えて作った、濃いめ、薄めの2色だけ。 制作時間は15分。さあ、どんなさるが描かれるんでしょう? 育休中のアートスタッフも来てくれました。 息子にも絵の才能がしっかり受け継がれています! ナカタクさんはこの温泉さるのしあわせ~な表情が気に入ったようで、口の角度にこだわっていました。 タカノブさんは布筆をポンポンっとあてて、毛のふさふさを上手に表現しています。 ショウヘイさんはおさるのダンスも披露してくれました♪ 「ヨッシーのさる誰かに似てる~」って言ったら、さらっと「たけしざるです」 やっぱり!!(笑)  リエさんのおさるは豆絞りの手ぬぐいを引っ掛けて、温泉に入るようです♪ シュウイチさんとノボさんは同じ写真を見ながら描いてますが、できあがりは完全に自分の作品になってました! わんどきってのアーティスト気質な二人の作品をぜひギャラリーで見比べてください。 じっくりタイプのシュウイチさん。筆だからか、さるだからかスイスイと進んでいました。 これにはスタッフもびっくり! もっともっといろんな題材や道具を使って、まだ知らないみんなのアート魂を見つけていきたいです。 ノッてきたコウくん、布筆だって使いこなしちゃいます☆ この日一番多くのさるを描いた一等賞はコウくんでした! 全作品をずらっと並べて、一番気に入った絵を一つ選んで発表しあいました。 自分の絵を選ぶ人もいれば、誰かの絵を選ぶ人もいて、気に入った理由もさまざまで。 持ち帰る作品を除いて前回のワークショップで制作した富士山のまわりに好きな場所にさるを貼り付けました。 スペサル感が増しました! 墨絵制作をやってみて。 色の選択が濃いか薄いかのみで、下描きもなく、筆もスルスルと滑るので いい具合に力が抜けた感じで絵に向きあっているように感じました。 鳥獣戯画という案もあったので、またいつか企画したいと思います♪ 最後にわんどギャラリーの今後の予定をお知らせします。 富士山は現在“せやまんまるフェスタ”に出張中。 “せやまんまるフェスタ”は1月31日(日)に瀬谷公会堂で開催されます。 イベントの一つに“心の葉書展”があり、そちらにも9名が応募しました。 心から好きなもの、心から伝えたいこと、今日の心模様、そんな『心』がテーマの作品展です。 25日(月)~29日(金)まで城南信用金庫の瀬谷支店でも展示されます。 お近くの方はぜひ足を運んでみてください! わんどギャラリーには1月30日(土)の冬のぷかぷかマルシェから、巨大なくじらが帰ってきます! それまでかわいいおさるさんたちがわんどでお待ちしていま~す☆
  • 「プチプチシートとチラシでアートな富士山」ワークショップ
    こんにちは、わんどのゆっこです。 朝から大荒れの天気でしたね。 青葉台駅は冠水してバス乗り場の階段に滝が出現していました! 雨が上がったかなあ、と外に出てみたらびっくりするほどの暖かさです。 気候の変化がこんなに激しいと体がついていかないですよね。 わんどは3人もお休みで、いつもより人が少なく寂しい一日でした。 遅くなりましたが、先週12月2日(水)に行ったワークショップの様子を紹介します♪ アート案内人金子光史さんを招いてのワークショップ第3弾です。 100㎝×200㎝の真っ白な紙を囲んで、自己紹介タイム。 シュウイチさんは吃音があってとてもシャイなんですが、自分の言葉であいさつをしようと一生懸命です。その気持ちが伝わるので、みんなじっと耳を澄ませてシュウイチさんの声を待っています。そしてその気持ちがシュウイチさんにもしっかり届いて、この後大きな声で自分の名前を紹介できました。 今日は総勢19名で富士山をつくります。 制限時間は一時間、さあスタートです!! 富士山のアウトラインを描くという重大任務を任せられたのはみずきくんとこうしろうくん。 写真のコラージュやプチプチシートのスタンプがメインの素材ですが、 絵を描く、手形、足型、なんだって良いんです。 できたーー!! 一時間という短い時間で一気に作り上げました。 メンバーさんは初めはそれぞれのペースで取りかかってましたが 案内人の金子さんから次々に飛んでくる指示と こどもたちの熱と勢いに引っ張られ あれあれ、ゆっくりじっくり考える暇なんてないぞー(◎o◎) ということに気付いたようです。 絵の具やスタンプなど欲しいものを自分で取りに行くようになり これやりたい!あれしてみたい!という意欲がどんどん湧いてきているのを感じました♪ あえて短い時間にすることで、みんなのエネルギーが遠慮なくあふれて絡み合って ギュギュっと濃縮されたようです。  富士山をバックに記念の一枚。 この日、このメンバーだからできあがった作品です。 はじけたエネルギーで作り上げられた富士山は わんどギャラリーにて1月末まで展示しますので、ぜひご覧ください! アート案内人の金子光史さん主催の『くすくすミュージアム』でも わんどで作った富士山を紹介していただきました! →“きょうのまねきねこ” 2015/12/18 Vol.332 見えないものがつながっていく  http://www.curious.co.jp/kuskusmuseum/manekineko/manekineko.html 明日の土曜営業日は特別なイベントはなく、アトリエでクリスマスやお正月グッズを制作します。 一枚一枚手作りのクリスマスカードやぽち袋など紙もの新作にも挑戦しています。 ぜひお立ち寄りくださいませ☆
  • 第3回 ひだまりハンドメイドバザール
    わんどのkonです。 昨日12月6日(日)は、長津田のみなみ台で行われた『ひだまりハンドメイドバザール』にて販売をしてきました。   今回は、わんどメンバーのノボさんとももこさんが一緒に参加してくださいました。   ブースに並んだわんどのグッズです。 作家さんが少しずつ増え、商品にも磨きがかかってきています。 クリスマスシリーズが特に人気でした。   パン屋さんのパン、ラスク、クッキーも販売。 たくさんの方が買ってくださり、完売しました!   会場では、かわいい手作り雑貨をはじめ、お菓子、コーヒー、ワークショップ、おはなし会などのブースが並ぶなか、地域の人たちが集まり、ゆったりとした時間が流れていました。   足を運んでくださったお客様から、嬉しいお言葉もかけていただきました。   「プラ板でこんなにきれいに作れるんですね!」   「〇〇さんの絵、素敵ですね!」   「折り紙でこんなものまで作れるんですか?」   「このピンバッジ、早速つけますね。」   わんどの商品は、消費するものではないため、パンのように全て売り切れることはありませんが、こんなふうにメンバーさんの才能を知ってもらい、ずっとそばに置いてもらえたら嬉しいですね。
  • ココロはずむアート展
    こんにちは、わんどのゆっこです。 11月4日からあざみ野スペース・ナナで開催されていた『ココロはずむアート展』が22日に無事に終了しました。 昨年初めて参加した時はアート活動を始めたばかりで6名の出展でしたが、今年は総勢11名が絵画、折り紙、刺繍作品を展示しました。     折り紙作家のmomoさん 野菜が豊作でこびとさんたち大喜び♪の『収穫祭』はカメラマンの目に留まり朝日新聞に掲載されました! 東洲斎写楽の浮世絵とピカソの『夢』の模写に挑戦したショウヘイさん タカノブさん「ぼくは三匹の猫と歌舞伎を描きましたー!」     11月15日にはテラちゃん、ユキコさん、エミさんが制作の実演をしてきました。 テラちゃんは楽しげにジングルベルを歌いながらクリスマスツリーを描いています。 ユキコさんとエミさんの刺繍組。 刺繍糸の色選びや組合わせについての質問に、緊張しながらも自分の言葉で答えていて、作家さんとしての力が育ってきているのを感じました。     会期中には「わいわい検討会」が2回にわたって行われ、ゆっことkonがそれぞれ参加しました。アート作家やデザイナー、商品化のプロの方たちと福祉施設職員が集まり、アート作品の商品化について意見を交わし合う会です。 ※11月13日付の朝日新聞横浜版に紹介されました。momoさんの『収穫祭』もでかでかと掲載されています!! わんどが大切にしていることを受け止めていただいた上で、専門家の立場からアドバイスをくださり、たくさんのヒントを持ち帰ることができました。 さっそくkonとアイデアを出し合い、いくつか実現に向けて動き出しています。 わんどの新商品や今後の展開をどうぞお楽しみにしていてください☆    
  • 秋のぷかぷかマルシェ
    わんどのkonです。 11月14日(土)は、秋のぷかぷかマルシェが行われました。 今日はそのマルシェの様子をご紹介します。 当日の朝。 雨のため、カフェの販売もわんどの中に移動し、準備万端です。 UVレジン小物づくりのワークショップ。 プラ板に好きな絵を描いて、オリジナルのキーホルダーやバッジを作ります。 親子連れに人気でおおいそがしでした。 わんどメンバーのタカノブさん、アシスタントを頑張っています。 ギャラリーでは、ぷかぷか名画展を開催。 みんなで描いたモナ・リザを展示しました。 忠実に模写したり、好きな色味にアレンジしたり、それぞれの個性がおもしろいですね。 お昼時にはお客さんで席がいっぱいになりました。 ヨッシー画伯による似顔絵コーナー。 今回は、似顔絵をプラ板のバッジやキーホルダーに加工できるメニューを設け、そちらもお客さんに好評でした。 画伯とおしゃべりしながら、制作の過程を間近で見られるこの時間も、似顔絵コーナーの楽しみです。 休憩時間にわんどへお絵描きに来たパン屋のショウヘイさん。 お客さんの中にすっかり溶け込んでしまいました^^ ぷかぷかカフェでは、わんどメンバーのノボさんの個展『NOBO'S WORKS』を開催。 一日在廊したノボさんは、お客様から作品について生のコメントをたくさんもらうことができたようで、嬉しそうに報告をしてくださいました。 『NOBO'S WORKS』の展示は12月4日(金)まで続きます! 当日はあいにくの雨でしたが、足元の悪い中、たくさんのお客様に来ていただきました。ありがとうございました! 来月もいろいろなイベントを用意して、みなさんをお待ちしています!
  • おはなし会inわんど
    アート屋わんどのkonです。 昨日は初の試みで、わんどでおはなし会を開催しました。 いつもはぷかぷかのカフェで行なっていますが、今回はわんどとカフェのメンバーさんが一緒になって参加しました。 まずは手遊びから始まります。 スタッフによる読み聞かせ『ころ ころ ころ』。 カフェのメンバーさんによる読み聞かせ。 お姉さんの朗読を、子どもたちも静かに聞いています。 わんどメンバーしょうへいさんも読み聞かせに挑戦! 『ぞうくんのさんぽ』、『ぞうくんのあめふりさんぽ』を読んでくれました。 間合いを取って、気持ちを込めて、ぞうくんたちの世界を表現しました。 最後も手遊びで締めました。 わんどの広い空間でのびのび過ごせたようです。 昨日のしょうへいさんの絵日記には、おはなし会のことが書かれていました。 楽しいおはなし会になって良かったですね!
  • アーツ&クラフツガーデン in 都筑民家園
    こんにちは、ゆっこです。 10月12日の体育の日にアーツ&クラフツガーデン in 都筑民家園に出店してきました。 昨年は台風直撃のため出店出来ず、二年ぶり二回目の参加となりました。 さわやかな風の吹く一日で、茅葺屋根の古民家には暖かい日差しが差し込んできました。 バンダナを巻いてわんどチームは気合十分! ヨッシー、ショウヘイさん、東雲さんがお店番です。 東雲さんは袋入れや商品説明などテキパキと行なって、こういうイベントではとっても頼れる存在です。 UVレジングッズの秋の新作は季節柄ハロウィンシリーズが一番人気。 新しい試みの模様のヘアアクセサリーは大人の女性も普段使いできるので ちょうどこのイベントの客層とマッチしてなかなか好評でした。 ヨッシー画伯の似顔コーナーにはかわいいお客様がご来店。 似顔絵完成!こちらの美人親子はぷかぷかの常連さんで、翌日のパンの日にも来てくださいました。いつもありがとうございます。 お嬢さんが大きくなったら感想を聞いてみたいです。 ショウヘイさんの売り歩きのおかげでパン屋のルバン、ラスク、クッキーは無事完売! アートグッズも好調で、みんなにいい報告ができるね~とホクホク笑顔で帰途につきました。 そうそう、会場に光を取り込むために出店者みんなで協力して雨戸を外したのですが、ヨッシーとショウヘイさんが大活躍!何往復もして木製雨戸を運んでくれました。 お店番頑張ってくれたみんなと陣中見舞いに来てくれたユキコさんとアカギさん、お疲れさまでした♪
  • 大きなくじらが帰ってきました!
    わんどギャラリーに9月のワークショップで制作したマス目のくじらが復活しました! 4m×2mというあまりの大きさと重さのため展示が上手くできなかったのですが ぷかぷかマネージャーのトミーが、得意なDIYで大きな紙もの作品を吊るす棒を作ってくれたのです。 ちょっと下がって見てみたら、、 まるでくぅちゃんとお話してるみたい♪ 別々に生まれた2頭のくじらですが、同じ海を仲よく泳いでいる感じがありますね~ ワークショップで一緒に作った方たちには大変お待たせしてしまいましたが ぜひ目の前で見ていただきたいです。 11月14日のぷかぷかマルシェではメンバー作品展をしますので、 大きなくじらは11月上旬までの公開となります。 11月もマルシェ、ノボさん個展、ココロはずむアート展、おはなし会、金子さんワークショップ第3弾などなど、イベント盛り盛りなわんどです。 先週のアーツ&クラフツガーデン報告や今後のイベント詳細はまたお知らせします! ここまで読んで下さりありがとうございました(^^) (ゆっこ)
  • 「大きなくじらを描こう」ワークショップはいよいよ明日です!
    こんにちは、わんどのゆっこです。 ずいぶん長く雨が続いていましたが、ようやくようやく青空になりましたね。 今週末はすっきりと晴れそうです。 そして明日12日はぷかぷかの土曜営業日。 わんどでは金子光史さんの「大きなくじらを描こう」ワークショップを開催します! 今日はその準備の様子をご紹介します。 1メートル×4メートルのとても大きな紙を2枚つなげてくじらの線描きをします。 くじらのデザインはショウヘイさん。   くじらの中に枠線を描きます。その枠一つひとつに自由に絵を描いていきます。 絵を描いたり、絵の具やクレヨンで色塗りしたり、染め紙を貼ったりなんだってOK! 明日の本番では地域の方もたくさん参加してくださいます。 この枠が全部埋まった時どんなくじらが現れるのか、できあがるまで誰にも予想できません!  一緒に目撃したい人、定員まであとわずかです!! 【日 時】 9月12日(土)10:00~11:30 【参加費】 お一人 500円(親子で800円) 【定 員】 15名(要予約) 【場 所】 わんどアトリエ 【お申し込みはこちらへ】(担当:柿澤・近藤) 電 話:045‐923‐0282  メール:pukapuka@ked.biglobe.ne.jp ・小学生未満のお子様は保護者同伴でお申し込みください。 ・持ち物はいりません。汚れても大丈夫な服装でお越しください。 ・終了後には手作りお菓子とお茶を用意しています♪ 最後に。 前回のワークショップで制作した「おしゃべりな森」に仲間たちが次々に集まってきてずいぶん賑やかになりました。 こちらの展示は明日までです。 ワークショップ中もショップとギャラリーは営業していますので お買い物ついでにぜひお立ち寄りくださいませ☆
  • ワークショップ「おしゃべりな森をつくろう」
    8月20日(木)は、「フェースofワンダー」の金子光史さんを講師にお呼びして、「おしゃべりな森をつくろう」というワークショップをおこないました。 グループに分かれて、模造紙に森の絵を描いていきます。 下地を塗った上から型紙を使って描いています。 森の中に道をつくったり、木や生き物たちのセリフを書きました。 これだけでも、おもしろい物語のある絵になりますね。 中には手に絵の具を付けて描いているアーティスティックな子も…。 最後は、グループごとに絵の中で宝物を一つ決め、森たちがおしゃべりしているセリフのヒントをもとに宝物を当てっこするゲームにまで展開しました。 できあがった絵を囲んで記念撮影! ワークショップ後は、恒例のお茶会。 工房で手作りした、黒糖とレーズンのクッキーをいただきました。工房のメンバーさんがクッキーの説明をしてくれました。 各グループの作品。 色味も描いてある絵もそれぞれ違っておもしろいですね。 森の中にクジラが居たり、恐竜が居たり、手形が押してあったり…各々が個性を発揮し、自由に描いていた時間が詰まっています。 ☆9月のワークショップのお知らせ☆ 大きなくじらを描こう! 障がいを超えて表現を楽しむアートスペース「フェース of ワンダー」と 「くすくすミュージアム」を主宰している金子光史さんが、8月に続いてわんどへやってきます!今回はマス目で描くワークショップ。どんなくじらができるかな♪ 【日 時】 9月12日(土)10:00~11:30 【参加費】 お一人 500円(親子で800円) 【定 員】 15名(要予約) 【場 所】 わんどアトリエ 【お申し込みはこちらへ】(担当:柿澤・近藤) 電 話:045‐923‐0282  メール:pukapuka@ked.biglobe.ne.jp ・小学生未満のお子様は保護者同伴でお申し込みください。 ・持ち物はいりません。汚れても大丈夫な服装でお越しください。 ・終了後には手作りお菓子とお茶を用意しています♪
  • 最近の日記
    カテゴリ
    タグ
    月別アーカイブ