ぷかぷか日記

タカサキ日記

  • 「好きになっちゃったよ」の連鎖
     NHK Eテレの取材。パン厨房の撮影と、高崎のロングインタビューがありました。  インタビューは1時間にも及ぶもので、なかなか鋭い質問に「う〜ん」と言葉に詰まってしまうこともしばしば。  「どうして彼らに惚れてしまったのですか?」  「う〜ん、彼女に惚れた理由なんて、言葉ではなかなか説明できないし…」 と、言葉に詰まってしまいました。目の前でカメラが回っているので、「う〜、困った」と思いましたが、どうしようもありません。  彼らといっしょにいると楽しい、そばにいると心が安らぐ…と色々言ってはみたものの、なんかいまいち伝え切れていない気もして、言葉が続きません。  要は 「好きになっちゃったんですよ」  もう、それしかない。だから彼らのそばにずっといっしょにいたくて、ぷかぷかを立ち上げた、という単純な話。 「好きになっちゃう」 って、そういうエネルギーを生み出すのだと思います。言葉で「あーだこーだ」言ってても、こんなエネルギーは出てきません。だから誰かを好きになるって、侮れない。  彼らのこと好きになって立ち上げたぷかぷかで、やっぱり彼らのこと好きになってしまったお客さんがたくさん現れました。「好きになっちゃったよ」の連鎖です。  もちろん、「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ」「その方がトク!」というメッセージを発信し続けていましたが、そのメッセージを見て、お客さんはぷかぷかさんのことを好きになったわけではありません。どこまでもぷかぷかさんと直に接し、出会ったこと。ここが出発点です。  大きなポイントは、ぷかぷかさんたちがありのままの自分で振る舞える環境があったことだと思います。だからお客さんが彼らの魅力に気づき、出会うことができたのだと思います。彼らを管理するような環境、彼らが自分らしく振る舞えない環境なら、お客さんが彼らと出会うなんてことはあり得ません。   で、彼らの魅力ってなんなのか。  彼らと出会い、「彼らのことを、なんだか好きになっちゃったよ」って思わせてしまうものです。それは、やっぱり彼らのそばにいて「心が安らぐ」「なんだかあたたかな気持ちになれる」「楽しい!」ってことではないでしょうか。  どうもそこのところは言葉ではうまく表現できません。やはりここは、彼らと直に接してもらうしかありません。  障害者はなんとなくいや、という人は多いと思います。やまゆり園事件では「障害者は不幸を生む」という言葉が拡散し、事件そのものは否定しても、このメッセ−ジには否定しきれないものを感じた人が多かったのではないでしょうか。  「いや、そうじゃない。彼らには素敵な魅力がある」という言葉くらいで、「障害者はなんとなくいや」と思っている人たちを変えることはできません。  やっぱり彼らとどこかで直に出会う。そこにしか人が変わるチャンスはないような気がします。  ぷかぷかはそういうチャンスをいっぱい作っています。お店に来ていただいてもいいし、お弁当やパンの外販先(区役所や子育て拠点)に来ていただいてもいいし、ぷかぷかの企画するイベント(様々なワークショップ、上映会)に来ていただいてもいいと思います。  「いや〜、なんだか彼らのこと好きになっちゃったよ」 って言い出す人がたくさん出てくるといいな、と思っています。  Eテレの放送日、決まりましたらまたお知らせします。
  • 障がいのある人もない人も、ごく自然に入り乱れ、とにかく楽しそう!
    『とがった心が丸くなる』アマゾンで2021年5月12日から5月16日の5日間実施した無料キャンペーンでダウンロード総数164,アマゾン電子書籍無料ランキング最高順位が15位だったと出版社から報告がありました。          5日間で164人もの方が読んでくれたなら、すごくうれしいですね。おもしろいなって思ったら、ぜひカスタマーレビューに感想を書き込んで下さい。  このサイトの下の方にカスタマーレビューを書くところがあります。 www.amazon.co.jp  「共生社会」という言葉がやたらはやっていますが、所詮は言葉だけという感じがします。共生社会がどういうもので、何を生み出すのか、の具体的な話がほとんどありません。  「ぷかぷか」は小さな共生社会を実際に作り、そこから様々なメッセージを発信していますが、『とがった心が丸くなる』は、なんと30年も前に、そういったものを作っていた記録です。    下の写真は30年前の「演劇ワークショップ」と「あおぞら市」の写真です。共生社会がどういうものか少し見えてきます。障がいのある人もない人も、ごく自然に入り乱れ、とにかく楽しそう!いろんな人がいるから楽しい。お互いが豊かになれる。それが共生社会。
  • ぷかぷか上映会やります。
    今年も映画を見て、やまゆり園事件を考える集まりをやります。  やまゆり園事件について考える集まりですが、ムツカシイ、しんどい話ではなく、「やっぱりいろんな人がいた方がいいね」って、みんなで前を向けるような話になればいいな、と思っています。  『いろとりどりの親子』は、いろとりどりだからこそ、そこには葛藤があり、葛藤故に、豊かなものが生まれることを映像を通して見せてくれます。葛藤の先にある、思いもよらない親子の出会いは、とてもハッピー。見ているこっちまでハッピーになりました。社会にいろんな人がいるっていいなって思いました。  事件の犯人の言う「障害者はいない方がいい」ではなく、障がいのある人たちとは「いっしょにいると心ぷかぷか」になるような関係を作っていった方がいい、と思うのです。『Secret of Pukapuka』は、それがどういった関係であるのかを語った映画です。見ている方まで「心ぷかぷか」になります。そういう関係を広げていくこと、それがやまゆり園事件を超える社会を作ることだと思います。  今回のトークイベントではゲストに尾野一矢さんに登場していただきます。かずやさんはやまゆり園事件で重傷を負った方ですが、昨年8月から施設を出て街の中で自立生活をしています。                      かずやさんは時々大声を出すので、アパートの2階の方から苦情が来ています。ただ謝るだけでは、大声の問題は解決しません。なぜなら、 「大声出すのはやめましょう」 なんていっても、かずやさんには通じないからです。悪気はないのですが、これからも大声は時々出てしまいます。結局はその大声とどう共存していくのか、共存するにはどうすればいいのか、ということです。  先日大声が外に聞こえにくいようにかずやさんの部屋の天井に防音のパネルを貼りました。窓に防音のカーテンもつけました。これで多少は改善できますが、完璧ではありません。  あとは多少声が聞こえても、 「ったくしょーがねーなー」 とブツブツ言いながらも、そこで踏みとどまれるような関係ができるかどうかです。  苦情をきっかけに2階の方と前向きのいい関係ができるといいな、と思っています。休みの日に、おいしいケーキの差し入れがあったから、とかなんとか声をかけて、一緒にお茶飲んだり、お正月には一緒に餅つきをしたり…そんな関係です。  2階の方だけでなく、地域の人たちみんなと顔なじみになって、一緒に何かおもしろいことができるような関係もつくりたいと思っています。題して「友達大作戦」。  友達大作戦はこちら www.pukapuka.or.jp  重度障がいの方の自立生活というのは、ただアパートを借りて生活する、というのではなく、地域の人たちとのさまざまな関わりの中で生活する、ということだと思います。今回、大声に対する苦情をきっかけに、地域との新しい関係が生まれます。  重度障がいの方の自立生活が、地域社会を豊かにしていく。かずやさんの周りに、なんだか素敵な物語が生まれそうです。  地域には大声を出すとか、色々おつきあいのむつかしい方はいらっしゃいます。そんな人たちともお互い地域で気持ちよく生きて行ければ、地域社会はとても豊かなものになります。かずやさんの大声問題は、どこにでもある問題なのです。  トークイベントのテーマは《あなたととなりのかずやさん》です。  そうそう、トークイベントが始まる時、ツジさんが舞台で「きみのためにSuperman」を歌うそうです。今からもうノリノリです。これはもう絶対に聞かなきゃソン!です。  「何でやまゆり園事件を考える集まりで、きみのためにSupermanなの?」なんて考える人も多いと思います。でも、これがぷかぷかなのです。これがぷかぷか流の事件の超え方です。  ツジさんの歌を聴いて、一人でもたくさんの人が心ぷかぷかになること。それが事件後の今、とても大事だと思っています。社会はそうやって少しずつ変わって行くからです。
  • 本と映画のおすすめ
    『ぷかぷかな物語』はぷかぷかさん(ぷかぷかで働く障がいのある人たちのこと)とスタッフが一緒になって作り出した物語です。読むとほっこりあたたかな気持ちになります。なによりも気持ちが楽になります。                            障がいのある人たちは「いろんなことができない人で、社会の負担になる人たち」ではなく、「社会を耕し、豊かにする人たち」であることに、ぷかぷかをやっていく中で気がつきました。ほっとするような雰囲気のお店をぷかぷかさんたちと一緒に運営したり、地域の人たちといっしょにパン教室をやったり、芝居作りのワークショップ、アートのワークショップなどをやっていく中で、ぷかぷかさんの魅力と出会い、「ぷかぷかさんが好き!」というファンが少しずつ増えてきました。ぷかぷかさん、つまりは、障がいのある人が好き!という人が地域の中に増えてきたのです。こういう人たちは社会にいた方がいい、とたくさんの人たちが思い始めたのです。明らかに地域社会が変わってきました。彼らは社会を耕し、豊かにする人たちなのです。  障がいのある人たちは社会に合わせなければならない、そうしないと社会でやっていけない、といわれ、社会にあわせる努力を強いられています。ぷかぷかで子どもが働いている保護者の一人は、そういった努力は「見当違いの努力」だったと語っています。ぷかぷかは社会にあわせる彼らよりも、そのままの彼らが一番魅力的、ということに気がつき、それを大事にしながらお店をやってきました。そういった中での保護者の方の気づきが、今までやった来たことは「見当違いの努力」だった、ということです。  そういう物語は、いままでにない新しい価値を生み出しています。ぷかぷかの生み出した新しい価値にふれる時、生きることが少し楽になります。 アマゾンのカスタマーレビュー www.amazon.co.jp 注文はぷかぷかのホームページへ。        shop.pukapuka.or.jp 映画『Secret of Pukapuka』は2017年10月にカナダバンクーバーで開かれた世界自閉症フェスティバルで上映された作品です。ぷかぷかの周りには「ぷかぷかさんが好き」というファンがたくさんいます。ぷかぷかさん、つまりはぷかぷかで働いている障がいのある人たちが好き!というのです。何かにつけ、社会から排除されることの多い障がいのある人たちのことが好き!という人が多いのはどうしてなんだろう、とぷかぷかの「Secret=ヒミツ」に迫った映画です。ぜひ仲間の人たちと一緒に見て下さい。心ぷかぷかになります。障がいのある人たちといっしょに生きる新しい豊かな世界が見えてきます。  www.youtube.com  上映の申し込みはぷかぷかまで www.pukapuka.or.jp  電子書籍『とがった心が丸くなる』は、ぷかぷか代表の高崎が30年ほど前、養護学校の教員時代に書いた本ですが、「共生社会」などといった言葉もまだない時代に、養護学校の生徒たちと一緒に小さな共生社会を作り、新しい価値を作り出した記録です。 www.pukapuka.or.jp
  • 『かずやしんぶん』できました!
     『かずやしんぶん』ができました。A5版、6ページです。『ぷかぷかしんぶん』と同じサイズ、ページです。まだ印刷ができていないのですが、とりあえずこんな感じでできましたという報告です。表紙のタイトル文字、かずやさんの絵はぷかぷかさんが描きました。    表紙                          2ページ                       3ページ                                      4ページ                                  5ページ                       6ページ                  「かずやしんぶん」 いかがでしたか?ぜひ感想、お寄せください。  こんなことやったらおもしろいんじゃない、という友達大作戦に対する提案も大歓迎です。たくさんの方がこの友達大作戦に参加することに意味があります。重度障がいの方が自立生活することの意味が、たくさんの人に共有されます。一緒に闘う、とかじゃなくて、一緒に楽しむ、という感じ。一緒に楽しんでいるうちに、社会が少しずつ変わっていけばもうけもんです。  ぷかぷかも彼らとの日々を楽しんでいるうちに、周りの社会が変わってきました。えらいトクした気分。  「かずやしんぶん」をはじめとする友達大作戦が目指すのは、しんぶんの 6ページに書いているように 「時々大声出すけど、こういう人も地域にいていいよね、いた方が楽しいよね」っていう人が少しずつ増えてくれる ことです。そのためにはかずやさんの自立生活を支える人たち、応援する人たちが、かずやさんと一緒にいて、なんかいいよねって思っていることが大事です。施設を出て一番最初から介護している人は、かずやさんのそばにいると「くつろぐ」そうです。その「くつろぐ」コツを、ぜひどこかでお披露目して欲しいです。      くつろぐとこんな顔になります。これはもう、くつろがなきゃソン!        重度障がいの人って大変じゃないの、って多くの人は思っています。そんな中でかずやさんのそばにいたらくつろぐんですよ、という話は社会の偏見を思いもよらない形でひっくり返します。差別と闘ったりしなくても、くつろぎながら、楽しみながら社会を変えていけるのです。みんなが心地よく生きていける社会に。  一番いいのは、かずやさんとの楽しいおつきあいの機会を実際に作ることです。「かずやカフェ」と名付けて、定期的に楽しいお茶会をやるのもいいなと思っています。おいしいコーヒーとおいしいお菓子があれば、話が弾みます。かずやさんのそばにいて、みんなでくつろぐ。カフェ付き自立生活です。そうそう、ここで使うコーヒーカップはかずやさんが作ったものです。こんなカップで飲むコーヒーの味は格別です。               こんなおつきあいを周りに広げていくこと、そうやって地域社会を少しずつ変えていくこと、それが友達大作戦の目指すものです。  かずやさんの自立生活は、ただ単にアパートで暮らすのではなく、かずやさんがそこで暮らすことで、地域社会がこんな風にして誰にとっても暮らしやすい街に変わっていくのです。かずやさんにとっても地域の人にとっても、これはものすごいトク!なことです。   
  • 心弾む何かを見いだして
     テレビの取材があるというので、ディレクターにぷかぷかの雰囲気を知って欲しいと『Secret of Pukapuka』の映像データを送りました。見ての感想が送られてきました。 映像拝見しました。素晴らしかったです! ラストの映像でもありましたが、心がぷかぷかするような時間でした。 高崎さまと皆様との関係の中に、心弾む何かを見いだされていたからなのだと感じました。 映像も美しく、編集もリズムがあり、テレビの番組もこうありたいものだと思います(笑)。  うれしくなるような感想だったので、『Secret of Pukapuka』を作った方(pvプロボノ)に送ったところ、すぐに返事がありました。 「高崎さまと皆様との関係の中に、心弾む何かを見いだされていたからなのだと感じました。」 本当にそうです。 思わずカメラを回してしまう魅力が ぷかぷかさんはもちろん、高崎さんやスタッフの皆さんにもありました。 コロナで人と人が分断されている今、撮影当時のことを思い出すと 胸が熱くなるほど懐かしいです。  お二人とも映像のプロですね。短い言葉で 『Secret of Pukapuka』の核心部分、『ぷかぷか』の一番大事なところを語っている気がしました。  人と人との関係がどんどん薄くなっていく社会にあって、心弾む何かがぷかぷかの関係にはあるということ、それは思わずカメラを回してしまう魅力溢れるものであるということ。そういうものが映像として表現されていること。そこから見えるのは、今、社会が見失いつつある「人と人とのあたたかな関係」です。  ぷかぷかは何か特別なことをやったわけではありません。ただぷかぷかさんたちといっしょに生きてきただけです。その気になれば誰にでもできることです。その気になれば『Secret of Pukapuka』の世界はどこにでも実現できるのです。そして周りの社会が、ちょっとだけゆるっとします。心弾む何かが生まれます。  こんな絵を描く人とは、いっしょに生きていった方が絶対トク!        『Secret of Pukapuka』の世界を見てみたい方はお問い合わせ下さい。 www.pukapuka.or.jp
  • キリンが自由である時、私たちも自由。
     ぷかぷかさんの描いたキリンです。 「え?これがキリン?」 と思うか、 「そうか、こんなキリンがいたっていいんだ」 と思うか。  それは私たちの側の自由度の問題。  「こんなのキリンじゃないじゃん」 と思ってしまうと、私たちの中のキリンはそのままです。  でも 「そうか、こんなキリンがいたっていいんだ」 って思えるなら、私たちの中のキリンはとても自由です。  キリンが自由である時、私たちも自由。生きることが楽になります。  キリンの自信溢れる顔を見て下さい。後ろ足が背中に生えたりしていますが、 「それがどうなの?」 という顔です。 「そうか、こうやって堂々と生きていけばいいんだ」 って、私なんかは思いましたね。  人と違ったっていいじゃん!ってキリンに背中を押された気分。  この自由なキリンたち、ぷかぷかなキリンたちに、私たちは救われている気がするのです。                                                                                                                                                                                                                                                            
  • にじメディア クラウドファンディングを展開中
     障がいのある人たちの映像を撮り続けている「にじメディア」を更に充実させるためにクラウドファンディングを展開中です。よろしければ協力してあげて下さい。 readyfor.jp にじメディア logosfilm.jp にじメディアFacebook www.facebook.com
  • 友達大作戦は、夢みたいな話を実現するプロジェクト
    「かずやしんぶん」の話です。                                          「かずやしんぶん」は地域社会を耕すしんぶんです。かずやさんの自立生活が、施設を出てアパートで暮らす、といったことだけにとどまるのではなく、地域社会を耕す、といったことにまで広がるといいなと思っています。重度障がいのかずやさんが地域で暮らすことが、そのまま地域社会を変えることになる、というわけです。そのためには地域の人たちと様々な関わりを持つ、様々なメッセージを発信する、そういったことが大事です。「かずやしんぶん」はそんな活動の一つです。  ぷかぷかは、障がいのある人たちがお店で働いている、というだけでなく、地域社会を柔らかく耕してきました。ぷかぷかは創設以来地域社会とのいろんな関係を積極的に作ってきました。ぷかぷかさんたちとの楽しいおつきあいの中で、「ぷかぷかさんが好き!」というファンがたくさん現れ、地域社会が明らかに変わってきました。障がいのある人たちを排除してしまうことの多い社会全体の雰囲気を考えれば、彼らのことが好き!という人たちが現れたことは画期的です。  障がいのある人たちは、あれができないこれができない人たちではなく、「彼らは地域社会を耕し、地域社会を豊かにする存在」というふうにぷかぷかはいいます。それは彼らのおかげで地域社会が変わってきたという実感から出てきた言葉です。  彼らが地域にいるというのは、そのことで地域社会が変わることだと思います。そういったことがかずやさんの場合もできないだろうか、と思うのです。「重度障がいの人が地域で暮らすと地域社会が変わってくる」なんて素敵じゃないですか。  夢みたいな話です。友達大作戦は、その夢みたいな話を実現するプロジェクトです。「かずやしんぶん」は、その実現のための一つの重要なツールです。  出発点は、かずやさんの大声に対する苦情にどう向き合っていくのか、というところでしたが、プロジェクトを進めているうちに、これは重度障がいの人が地域で暮らすことの意味を深く問い直すことにつながることに気がつきました。      第1号では、かずやさんがどういう人か、どうしてここで暮らしているのか、といったことを書いています。いってみれば自己紹介号です。かずやさんの家の周りにあいさつ方々配布します。一回で終わるのではなく、ぷかぷかしんぶんのように定期的に発行し、かずやさんの自立生活がリアルタイムで伝わるようにします。あなたの近所にこんな人が暮らしていますよ、というメッセージです。今週はこんなおもしろいことがありました、こんな料理が気にいりました、こんなおもしろい人が訪ねてきました、今度お茶会やります、餅つきやります、といった楽しい話をたくさん載せていきます。  かずやさんの自立生活を伝えるホームページも立ち上げます。かずやしんぶんよりもはるかに詳しくかずやさんの自立生活を伝えます。写真をとって、こんなことがありました、あんなことがありました、と日々の出来事をどんどんアップしていきます。それを見るだけでかずやさんの自立生活がリアルに伝わります。              若い介護スタッフの人たちには日々の思い、気づきをホームページのブログに書いて欲しいなと思っています。かずやさんを介護することで、日々どんなことを感じているのか、どんな気づきがあったのかを書いて欲しいのです。大変なことも多いと思うのですが、それでも日々かずやさんと接していれば、大変さを超えて、楽しいこと、笑っちゃうこともたくさんあると思います。何よりも人が生きる上で教えられるものもたくさんあるのではないでしょうか。そんなことを飾ることなく、気軽に書いて欲しいと思うのです。すぐ忘れてしまうような気づきを書いて残しておくと、それは自分の財産になります。  社会の多くの人は、重度障がいの人たちのことを知りません。どんな生活をしているのかほとんど知りません。彼らの生活を介護するなんて大変だろうな、というイメージだと思います。そんな人たちに向けて、今日こんなことで笑っちゃいました、こんな楽しいことがありました、といったメッセージは、彼らを見る社会の目を確実に変えていきます。  メッセージを読むのがだんだん楽しくなって、ひょっとしたら「あ、私もやってみようかな」って思う人が出てくるかも知れません。かずやさんでおもしろい!っていうファンが現れるかも知れません。「かずやさんみたいな人、地域にはいた方がいいね」って思う人が少しずつ増えてくるかも知れません。地域社会を耕す、というのはそういうことです。  「障害者はいない方がいい」というメッセージを発信したやまゆり園事件は、こうやって地域の人たちと一緒に乗り越えていけます。  友達大作戦、これからおもしろくなります。  友達大作戦開始のキーポイントになるアイテムができ上がりました。                                                   近々大声で迷惑かけている方のところへ、「かずやしんぶん」とこのアイテムを持ってあいさつに行く予定です。もちろんかずやさんも一緒です。かずやさん、その時にまた大声出さないとも限らないので、まさにハラハラしながらの友達大作戦です。  友達大作戦の始まりはこちら www.pukapuka.or.jp  7月31日(土)桜木町駅前の横浜市健康福祉センターホールで「あなたととなりのかずやさん」をテーマに上映会とトークイベントをやります。社会にはいろんな人がいた方が楽しいねって思えるような映画と、そういったことを話し合うトークイベント。トークイベントでは友達大作戦の経過報告もします。友達大作戦、こんなこともやるとおもしろいよ、といったアイデアも募集します。かずやクッキーも販売します。 来なきゃソン!
  • 障害者雇用は、なんのため?
    先日の朝日の記事 digital.asahi.com 知人から  記事の中の 【成果は出ている。昨年、コラボセに仕事を引き受けてもらってグループ企業が生み出せた時間は計3・6万時間。コラボセ発足1年目から2・4倍に増えた。今やグループ24社の仕事を引き受け、「おかげで売り上げが達成できた」と言われることもある。】 のところ、 「結局、生産性かよ、と思ってしまいました。」 とメールがありました。そうです、そういうことで評価されたのでは、何のために障害者を雇用したのかわからなくなります。  何のために障害者を雇用するのか、そこを考えてみたいと思います。  障害者雇用は障害者のためにあるというのが一般的なイメージですが、私はむしろ会社のためにあるように思っています。だって、彼らが会社に入れば会社は絶対に楽しくなります。心あたたまる気づきがいっぱいあります。もちろん、効率が落ちたり、指示がうまく伝わらなかったりはあります。じゃあどうすればいいのかをみんなで必死になって考えること、それが大事です。それが新しい気づきを生み、新しい価値を生みます。今までなかったことを必死になって考える、それが職場を豊かにします。  生産性が低いといわれる人たちがいることで、「生産性の論理」について深く考えることになります。生産性の論理では説明できない新しい価値に気づく機会になります。  以前「生産性のない人が社会に必要な理由」と題した日記を書きました。 www.pukapuka.or.jp 生産性のない人は社会に必要なのです。生産性こそ大事と考えている会社にも。私たちが人であることを回復するために。  先ほどの引用した記事のあと、こんなことが書いてあります。 ●●● 数字以上の手応えが、一般社員たちからの反応だ。  「大変な仕事を、私たちよりもずっと丁寧にやってくれる」「毎日の元気なあいさつに心が洗われる」「働くとは、誰かに喜んでもらうこと。そんな仕事の原点を思い出させてもらった」。連携した部署から、たくさんの「気づき」の反響がある。 ●●●  数字以上の手応えこそが、新しい価値です。その気づきこそをもっともっと膨らませて欲しいと思うのです。   「毎日の元気なあいさつに心が洗われる」  私が教員をやっていた頃担任していた生徒が、卒業後就職した会社で同じような言葉をもらっていました。元気のいいあいさつをする人はぷかぷかにもいます。こういう人は職場を気持ちのいいものにします。  心が洗われるほどの元気のいいあいさつ。このあいさつが生み出す価値は、生産性の論理では計れません。そういうものを大事にすることが会社を豊かにします。  こんな人たちとはいっしょに生きていった方がトク!
  • 最近の日記
    カテゴリ
    タグ
    月別アーカイブ