ぷかぷか日記

タカサキ日記

  • 教え子が豊かに生きる未来が描けない
     昨日の東京新聞夕刊に《「共生」理想と現実 橋渡し》と題した記事があり、その中に「保護者も自分も、福祉作業所の職員も、誰もが一生懸命なのに、教え子が豊かに生きる未来が描けない」という一文がありました。  そういう未来が描けるように教え子と一緒に日々を作っていけばいいのですが、どうもそういう発想がないようです。  以前ぷかぷかさんたちを撮った『Secret of Pukapuka』を見た方はお子さんがアンジェルマン症候群で 「私がイメージしていた息子の成人後の人生は、色味がグレーでしか表現できませんでした。」  でも、映画を見て 「こんなにも鮮やかな人生を送る可能性を秘めているのかと思った」 といいます。  未来は自分たちで作っていくものです。そこを豊かに生きるかどうかは、自分たちがどのようにその未来を作っていくのか、にかかっています。  『Secret of Pukapuka』は、たまたま今週土曜日8月5日(土)上白根地域ケアプラザで上映会があります。ぷかぷかさんがどんな人生を送っているかがよく見えます。ぜひ見に来て下さい。無料でしかもコーヒーとぷかぷかの焼き菓子が出るそうです。こりゃもう来なきゃソン!です。  
  • 上白根地域ケアプラザで「The Secret of Pukapuka』を上映
     8月5日(土)13時30分から上白根地域ケアプラザで「The Secret of Pukapuka』を上映します。 vimeo.com カナダで開かれた世界自閉症フェスティバルで『Secret of Pukapuka』を上映した時の反応。アメリカから来た女性は障がいのある人達への概念がひっくり返った、彼らは社会を耕す、豊かにする、という捉え方がすばらしい。 www.youtube.com  映画を見て、ただ感想を言い合うのではなく、映画を見て、ぷかぷかのヒミツに関する気づきを更に深め、共有するために詩のワークショップをやります。気づきを詩にして、まずはそれを共有。ことばを並べ替えて、グループとしての詩に再編集。それをみんなに向かって朗読します。  ことばがムクムクと生き始めるのを、みんなで体感します。  ぷかぷかのヒミツを暴くおもしろい試みです。さぁ、何が飛び出すのか。めったにない体験ができます。ぜひお越しください。
  • 私たちの手で事件を超える社会を作る
     津久井やまゆり園事件から7年目、事件に関する話が飛び交っていますが、大きな話を語っても、社会はなかなか変わりません。それよりも身近にいる障がいのある人達と日々楽しい物語を作り、それをまわりに人に伝えること。それによって 「彼らとはいっしょに生きていった方がいいね」 って思う人を少しずつ増やすこと。それが事件を超える社会を作ることにつながっていくと思うのです。 ●日々の暮らしの中でクスッと笑える小さな物語を作り続ける  「やる気スイッチ」のシャツを着た人がいました。スイッチをピッと押すと、こんな顔になりました。私もやる気がない時、このシャツを着て、誰かにスイッチをピッと押してもらおうと思いました。         こんな風に堂々と寝てる人がいました。私はこんな風には寝られないので、こんな生き方をうらやましいと思いました。彼らを支援するとかじゃなくて、彼らの生き方を素直にうらやましいと思うこの感覚こそ大事な気がします。 なんで写真撮るんだよ、という人がいたので、 「美男、美女がそろっているのでつい写真撮っちゃいました」 っていうと、女性たち 「美女って、私たちのことだよね」 なんて話していて、なんて素直なんだ、としみじみ思いましたね。愛おしき人達です。 ●ぷかぷかの映画見て、わいわい、がやがや、すったもんだ    映画見たあと、映画を見ての気づきを元に「障がいのある人たちといっしょに生きるって、ほんまにトク?」をテーマに、みんなでわいわい、がやがや、すったもんだ議論しましょう。こういう議論はとても大事。こういうことが社会を前に進めます。         vimeo.com ●ぷかぷかが作ってきた物語を集めた『ぷかぷかな物語』はおすすめ  事件で排除された障がいのある人たちといっしょに生きることで生まれた物語。彼らは不幸しか生まない、と事件の犯人は言いましたが、彼らとの日々は私たちの心をほっこりあたためてくれます。事件を超える社会を作るヒントがいっぱいです。                                                                       この本を読んだ人の感想 ●「障がい児」の親たちだけでなく、今、子育て真っ最中だったり、思春期と格闘したり、介護に悩む人たちにも、この本を薦めたい。  面倒くさくて、ムカムカ腹がたって、厄介な相手にカッカッとしながらも、ふと気づく「可笑しさ」。そんな気づきから、「へぇ~、オモロイ奴やなぁ」って思えるようになるのかも?  この本の魅力は、何よりも「肩に力が入っていない」ところ。 いやもちろん、著者が「カフェベーカリーぷかぷか」を立ち上げるまでの並々ならぬ奮闘ぶりには圧倒されるばかり。簡単に起ち上げたわけではない。  それでも、著者の筆致は軽やかでユーモアがあり、私は一緒にハラハラしたり、ホッとしたり、ニマッと笑ったり・・・。どんどん、肩の力が抜けていくのを実感する。  それにしても、巷でよく見聞きする「障害者支援」・・・そんな「上から目線の」お堅い言葉を蹴散らしていく著者のフットワークの軽さ、いつのまにか周囲の人を巻き込んでしまうエネルギーの源は何なのだろう?   一般には「大変だ」とか「厄介な」「可哀想な」などと形容されてばかりの障がいを持つ人たち。そんな彼らに「ひとりの“人”として」体当たりで向き合う、その中で、彼らの「可笑しさ」「おもしろさ」に気づく著者の温かな視線。「凄い」と目を丸くする柔らかな心。・・・これこそが、著者のエネルギーの源だと思う。  「こうした方がいい」「こうすべきだ」といった議論や説教ではなく、「へぇ~、おもしろい」「スゴイじゃん」・・・こんな言葉が、人を励まし、勇気づけ、背中を押す。  そんな魔法が「ぷかぷか」にあるから、「ぷかぷかさん」たちは、あんなに元気で、生き生きしていて、うるさくて、面倒で、・・・でも、愛おしい。 ●ぷかぷかを知った時、私は息子たちの為にぷかぷかの秘密を知りたいと思いました。でも、ぷかぷかを知るほどに私自身の生き方を考えるようになってきました。 ●私も障害のある子どもを育てていますが、家族になってよかった。家族があたたかくなりました。ぷかぷかさんは社会をあたたかくします。耕します。 ●この本はある障害者就労継続支援事業所B型のお話ですが、同じくB型で働いている私としては全く違った視点で事業展開されていることに大きく関心をもちました。  まず感じたことは障がいをもつ人たちを支援する対象とした見方でなく、「共にはたらく・生きる」同志として地域を巻き込み(耕す)ながら一緒に活動し、そのほうが絶対楽しいということ。そして持続性があること。「多様性を認め合うインクルーシブ社会の実現を」とどこでも耳にしますが、今の社会の在り方は、教育、就労が障がいをもつ人たちとそうでない人たちとを分けた制度の上で成り立っています。  分離が進むほどその社会の規範に縛られて、障がいをもつ人たちがその多様性を認めてもらうどころか社会に合わせるために押し殺さなければならない、ますます支援、配慮の対象にされてしまう。  ぷかぷかさんのように障がいをありのまま楽しむ方法を作り上げれば、そこに生産性も生まれ、制度も使い倒し、地域も社会も豊かにしていくことを実現していけるのだなととても参考になりました。  何より、ぷかぷかさんたちがとても魅力的です。 ●我が家にもぷかぷかな息子たちがいます。彼らといっしょに生きていると、私自身も、みんなもいっしょに幸せになれるんだと気づかせてくれます。 ●障がいのある子ども達に惚れ込んで、一緒にいたくて作ったのが「ぷかぷか」。 だから、内容もおもしろくてあったかくてやさしい。  「好き」という思いで、まわりを巻き込んで、心を耕してやわらかくする。その場も街も、ふかふかにしていく。「あなたが好き」から出発した世界に人間の上下はない。  人を矯正していく支援はやはり無意識に「上下」があるのだと思う。相手だけでなく、修正する側も自分自身が縛られていく。自分を修正し、社会も修正しようとする。 それが今の息苦しさにつながっているのではないだろうか。 ●本の表紙に引寄せられました。綺麗な色使いにちょっと不思議な動物達。  すらすらと短い時間で読めて分かりやすく、読み終えると不思議に何だか心の角がとれて、軽くなる誰かに話したくなる一冊。  様々な場面で登場するぷかぷかさん達にパワーを充電して貰えました。高崎さんの思いつきはやはりただ者ではなさそうですね。 ●よくある「福祉事業所」とは程遠い世界の成り立ちや世界観に引き込まれてしまいます。「障がいがあっても、社会に合わせるのではなく、ありのままの自分で働く」「障がいの無い人も、障がいのある人と一緒に生きていったほうが幸せ」  この本に出逢い、いてもたっても居られなくなり、実際に「ぷかぷかさんのお店」にも行ってきました。本の通りの明るく楽しく元気なお店で、とても幸せな時間を過ごせました。 ●障がいのある子ども達に惚れ込んで、一緒にいたくて作ったのが「ぷかぷか」。 だから、内容もおもしろくてあったかくてやさしい。 「好き」という思いで、まわりを巻き込んで、心を耕してやわらかくする。その場も街も、ふかふかにしていく。「あなたが好き」から出発した世界に人間の上下はない。  人を矯正していく支援はやはり無意識に「上下」があるのだと思う。相手だけでなく、修正する側も自分自身が縛られていく。自分を修正し、社会も修正しようとする。 それが今の息苦しさにつながっているのではないだろうか。 ●今日は1日あたたかかったけど、本を読んで最高にあたたかい気持ちになりました。ぷかぷかさんは、存在そのものが、やさしい。この本を持って、みんなにサインしてもらいに行かなきゃ。おいしいぷかぷかのパンが売り切れちゃう前に。ほんとにみんな、大好きだよー   アマゾンで販売中 www.amazon.co.jp ぷかぷかのサイトで購入すればサイン本 shop.pukapuka.or.jp   ●『とがった心が丸くなる』もおすすめ 養護学校の教員をやっていた頃書いた本。障がいのある子どもたちと一緒に過ごすと、こんな楽しい物語が生まれます。事件の犯人は、障がいのある人達とこんな楽しい時間を過ごしたことがなかったのではないかと思います。          養護学校のプレイルームに突如出現した『芝居小屋』。役者もお客もくったくたになって一緒に芝居を作る。障がいのある子どもたちがいてこそできた、みんなが自由になれる空間。『海賊ジェイク』がゴンゴン進む。                          アマゾンで販売中 www.amazon.co.jp  アマゾンKindle会員であればただで読めます。  この本を読んだ人の感想 障がいのある子どもたちとの出会いが、こんなに元気な物語を生み出すことにびっくり。社会を元気にする物語ですね。やっぱり彼らは社会に必要なんだと思います。タイトルどおり、とがった心が丸くなります。そのことが素直に伝わってきます。 ぷかぷかのお店に来ていただければ、元の本『街角のパフォーマンス』(オンデマンド版)もあります。         
  • 段ボールを使って怪獣作り
    上白根地域ケアプラザで段ボールを使った怪獣作りをやりました。  子ども、大人ごちゃ混ぜで三グループに分かれ、段ボールを使って怪獣を作りました。怪獣ができ上がったら名前を考え、鳴き声を考え、歩き方を考えました。 小さな手がかわいい  強い風が吹いたり、街路樹の枝に引っかかって途中で首が取れたりしていろいろ大変でした。そういったこともあって、大きな声を出して怪獣が吠えるゆとりもなく、残念なことに苦情も出ませんでした。次回はぜひ苦情が出るくらいの叫び声を上げたいと思います。  子どもと大人が夢中になって一緒に何かを作るって、いいですね。障がいのある子どもも当たり前のように一緒にいて。  お疲れ様でした。またやりましょう。 来週は同じ会場で『Secret of Pukapuka』の上映会をやります。『ぷかぷかのヒミツ』です。さてぷかぷかにはどんなヒミツがあるのか。乞うご期待!です。
  • とがった心が丸くなる
     障害のある人達とおつきあいすると、とがった心が丸くなります。そういうタイトルの本があります。私が養護学校の教員をやっていた時に書いた『街角のパフォーマンス』をタイトルを変えて、電子本にしたものです。 こんな中身です。目次を見ただけでわくわくするような本です。 その本を読んだ人がこんな感想を書いていました。 《 障がいのある子どもたちとの出会いが、こんなに元気な物語を生み出すことにびっくり。社会を元気にする物語ですね。やっぱり彼らは社会に必要なんだと思います。タイトルどおり、とがった心が丸くなります。そのことが素直に伝わってきます。》    やまゆり園事件を起こした犯人は、やっぱり相手とちゃんとつきあってなかったんだと思います。人としてちゃんとつきあっていれば、あんな事件は起こらなかったと思います。心がとがってたんだと思います。  障がいのある人達と日々接する場で、どうして心がとがったままだったんだろうかと思います。そのことの検証はほとんど行われませんでした。  本を読んでの感想がもうひとつ 《 とてもあたたかい、きもちになりました。 言葉もむずかしくなく、たくさんの方に手に取って頂きたいと思います。》    ぜひ手に取って読んでみて下さい。あ、おもしろそうって思ったら、ぜひ障がいのある人達とおつきあいしてみて下さい。毎日が本当に楽しくなります。何よりもとがった心が丸くなります。  本の注文は下記サイトで www.amazon.co.jp
  • 『Secret of Pukapuka』の上映会があります。
     8月5日(土)上白根地域ケアプラザで『The Secret of Pukapuka』の上映会をやります。地域ケアプラザは太っ腹で、なんとぷかぷかの焼き菓子とコーヒーがついて映画の代金は無料!だそうです。これは絶対に来なきゃソン!  で、この一週間前には段ボールを使って怪獣を作るイベントもやります。作った怪獣に名前をつけ、どんな声で叫ぶか考え、その叫ぶ声を上げながら作った怪獣を担いで街を練り歩きます。みんなの叫び声に「うるさい!」って苦情が出たら大成功。あ、もちろん担当者が謝りに行きますから、安心して叫んで下さい。
  • オペラシアターこんにゃく座歌役者さんがぷかぷかに来て歌ってくれました。
     オペラシアターこんにゃく座の歌役者さん飯野薫さんと沖まどかさんがぷかぷかにごはんを食べに来たついでにぷかぷかさんたちとスタッフに歌を歌ってくれました。  オペラなんてほとんどの人が聞いたことがないので、とてもいい体験でした。すぐそばで聞くとすごい迫力。 www.youtube.com  ぷかぷかさんのお昼ごはんから始めて、パン屋、お惣菜屋、焼き菓子工房、でんぱた、それにアート屋わんどの計6ヶ所を回って歌ってくれました。本当にお疲れ様でした。 www.youtube.com
  • 広島で『Secret of Pukapuka』の上映会の企画が
    広島で『Secret of Pukapuka』の上映会の企画が立ち上がりました。  企画の中心にいるのは障害のある子どもの親御さんで、はじめは子どもを通して知り合った障害のある子どもの保護者やディサービスを利用している子どもの保護者に映画を見せたかったようです。  上映目的もすばらしいものです。 ●障害児の保護者として新たな気づきや考えを持つこと ・子どもたちが卒業すると通所施設、入所施設を利用することになるが ・施設における虐待問題(先日の東京府中の施設や数年前の下関の施設など) ・老障介護問題(先日、広島ローカルのテレビニュースで) ・この2つを中心に意見を出し合い ・今すぐに行動に移せなくても、子どもが大きくなった時にでも行動を起こせたらいい ・デイサービスの利用者には小さなお子さんも多く、その保護者の方たちが  ぷかぷかさんの活躍を見ると何かしらの希望を持てるのではないか ・子どもを孤立させず、また保護者も孤立することなく、障害者の親同士のつながり  も持ち続けようと思うのではないか  ところが映画を見たディサービスの責任者の方から ・ぷかぷかさんたちは街を耕すことで共に生きて行く楽しさ、大切さを広めている ・そのことからもこの動画は保護者よりも街の人たちに見てもらった方がいい ・障害者の保護者が見て何かを感じ取るのもいいが、例えば施設運営者や会社の責任者  に見てもらった方がいい(人権教育にもなる) ・高崎さんに来て頂けるのであれば、保護者よりも施設運営者、会社経営者など  街の人たちがいる場が相応しいと思う というアドバイスをもらい、自分の考えの狭さに気づいたというのです。で、これからたくさんの人達と相談しながら上映会を準備して行きます、と連絡がありました。  また『ぷかぷかな物語』については  発売当初、私からデイサービスの図書コーナーに寄附させて頂きました。 (ママ友には回し読みと言う形でしたが。。。)  またデイサービスの支援員の方が、めでたく東京の支援学校の教員になって旅立つ際にプレゼントさせても頂きました。  図書コーナーで何人の方が読んでくれたのかまでは分かりませんが、保護者の目にも とまっていると思います。  という報告がありました。嬉しいですね。  映画を見ての感想をいくつか ●アンジェルマン症候群のお子さんを持つ方は 「私がイメージしていた息子の成人後の人生は、色味がグレーでしか表現できませんでした。」 でも、映画を見て 「こんなにも鮮やかな人生を送る可能性を秘めているのかと」 思ったといいます。そして息子にも 「いい人生だったね」 って言えるような人生を送って欲しい、と。 www.pukapuka.or.jp ●やまゆり園事件を超える、というのは、障がいのある人達と「心ぷかぷか」になるような関係をたくさん作っていくこと www.pukapuka.or.jp ●「授業を受けて心が軽くなったような気がした」という看護学校の学生さん達の感想。 www.pukapuka.or.jp  あ、おもしろそうって思った方は、ぜひ上映会を企画してみて下さい。きっといろんな新しい気づきが生まれます。企画を進める中で新しい仲間ができます。新しい一歩が踏み出せます。 www.pukapuka.or.jp
  • 尾野一矢さんのホームページ「よってけ かずやんち」ができるまでの物語
    尾野一矢さんのホームページができました。 www.ono-kazuya.com そのホームページができるまでの小さな物語を書きます。       1)「うるさい!」という苦情にどう対応すればいいんだろう  一矢さんの地域での自立生活の始まった頃、神奈川新聞の成田記者の紹介で介護者の方と一緒にぷかぷかに遊びに来たことがありました。アパートで一矢さんが大声を出し、その苦情が来ていて困っているという話をその時聞きました。ではどうしたらいいのか、「自立生活って、ただアパートで暮らすだけでなく、こうやって街に出て知り合いを増やしていくこと」ではないか、そのためには何をすればいいのか、を考えました。 www.pukapuka.or.jp 2)友達大作戦  「友達大作戦」が始まります。 www.pukapuka.or.jp 3) 友達大作戦で使う植木鉢を作ります。  作戦が具体的に動き始めます。 www.pukapuka.or.jp 4)「かずやさんの大声に対する苦情にどう向き合っていくのか」を考えることは、「重度障がいの人が地域で暮らすことの意味を深く問い直すこと」 www.pukapuka.or.jp 5)「かずやしんぶん」第1号ができました。 www.pukapuka.or.jp 6)ホームページ「よってけ かずやんち」の提案 www.pukapuka.or.jp 7)固くドアを閉じてしまった人の心を想像する www.pukapuka.or.jp 8)「かずやしんぶん」には地域社会を変えるチカラがある www.pukapuka.or.jp 9)かずやさんの自立生活を、福祉とは違う視点で語ること。それは今までにない新しい豊かさを生みます。 www.pukapuka.or.jp  これが地域での暮らしを始めたかずやさんの大声に対する苦情が出たことからホームページ開設に至るまでの物語です。苦情に対し、どうしたらいいんだろう、と色々悩み、具体的な作戦を展開していったことが、こんな物語を生みました。それがホームページ開設につながったのです。  友達大作戦は以下のように展開していきました。ページ2から始まります。下から日付の順で読んでいって下さい。 www.pukapuka.or.jp 上のページからの続き。 www.pukapuka.or.jp  ここから先は、現場を担う人達がこの物語をどんどんふくらませていって欲しいなと思います。
  • ぷかぷかの映画『The Secret of Puka Puka』を上映してみませんか?
     ぷかぷかの映画『The Secret of Puka Puka』を上映してみませんか? vimeo.com  ●「ともに生きる社会」ってなんだろう、  ●どうやって作るんだろう、  ●その社会は何を生み出すんだろう、  ●障がいのある人達とどうやったらうまくやっていけるんだろう、  ●彼らといっしょに生きて、何かいいことあるんだろうか  って考える時、ぜひこの映画を見てみて下さい。考えるヒントがきっとたくさん見つかります。  見ると「心ぷかぷか」になる映画です。 「心ぷかぷか」になるのは、ぷかぷかさんたち〔ぷかぷかで働く障がいのある人達〕と 「いっしょにいると心ぷかぷか」 になるような関係があるからです。  ぷかぷかは、代表のタカサキが養護学校の教員時代に障がいのある人たちに惚れ込んでしまったことが出発点です。色々できないことがあっても、彼らと過ごす毎日がすっごく楽しくて、そばにいるだけで心が和み、いつもそばにいたいなと思うようになりました。  教員を定年退職する時、ここで彼らとお別れしてしまうのはなんだかもったいないと思い、彼らといっしょに生きる場としてぷかぷかを立ち上げました。彼らを支援するとか、何かやってあげるという上から目線ではなく、どこまでもいっしょに生きていきたい、という思いでぷかぷかは始まったのです。  彼らといっしょにいると楽しくて、心が弾みます。心がやわらかく耕されます。それがいつの間にか 「いっしょにいると心ぷかぷか」 という雰囲気を作りました。 そんな雰囲気が映画の中でぐるぐる回っています。  この映画は2017年の10月にカナダのバンクーバーで開かれた世界自閉症フェスティバルで上映されたものです。映画は海外の人たちに前年に起こったやまゆり園事件を伝えるメッセージで始まります。1分ほどのBGMのないテキスト。そのあとの映像は事件をどうやって超えていくのか、というぷかぷかのメッセージです。優生思想云々のむつかしい話ではなく、障がいのある人達といっしょに生きていくと心ぷかぷかになるよ、だから彼らとはいっしょに生きていった方がいいよ、というやわらかなメッセージ。 「いっしょにいると心ぷかぷか」になる関係こそが事件を超える社会を作っていくのではないか、そんな思いでこの映画を作りました。  機会があれば仲間を集めて上映会を企画してみて下さい。「ともに生きる社会」について、深く考える機会になります。「ともに生きる社会」に向けて具体的に一歩前に進むことになります。この「具体的に一歩前に進む」ということが大事です。  この映画を見て、一人でもたくさんの人が 「障がいのある人たちといっしょにいるといいよね」 「楽しいよね」 「いっしょにいると 心ぷかぷかだね」 って、思ってくれるといいな、と思っています。  そうすれば、世界はもっと優しくなります。お互いがもっと生きやすくなります。居心地のいい社会がそこから始まります。                                                                                       NPO法人ぷかぷか理事長 高崎明                                                                                         NPO法人ぷかぷかのホームページ                            ●上映を検討したい方には映像のデータ送りますので、高崎まで連絡ください。takasaki@pukapuka.or.jp ●上映についての問い合わせは高崎まで takasaki@pukapuka.or.jp
  • 最近の日記
    カテゴリ
    タグ
    月別アーカイブ