ぷかぷか日記

映像の中の幸せいっぱいの顔が、みんないい

相模原障害者殺傷事件へのすばらしい、元気いっぱいのメッセージです。 

 

www.youtube.com

 

ベイビィぼくには 大事な夢がある

………

 しあわせになるため 生まれてきたんだ

生きていることが 大好きなのさ

 

 

 映像の中の幸せいっぱいの顔が、みんないい。「生きてる」って、こういうことだと思います。

 相模原障害者殺傷事件の植松被告は福祉施設で働きながら、障がいのある人たちとこういう幸せいっぱいの顔をお互いがし合う関係を作ってなかったのじゃないかと思います。障がいのある人たちと、お互い幸せいっぱいに笑い合える関係を作っていれば、事件は起こらなかったと思います。彼が働いていた福祉施設で、どうしてそういう関係ができなかったのか、そここそきっちり検証する必要があると思います。

 先日朝日新聞の方が取材に来たとき、「ぷかぷかで働いてどうですか?」と聞かれたスタッフが「毎日楽しくて楽しくて、もうお金をもらうのが申し訳ないくらいです」と答えていたのが印象的でした。

 このスタッフはこんな写真をFacebookに投稿しています。こんな笑顔を見て、うれしくて、幸せな気持ちになって、みんなにこの幸せ感を分けてあげたくて投稿したんだろうと思います。

f:id:pukapuka-pan:20170707234928j:plain

 

 植松被告が障がいのある人たちの笑顔を見て、自分も笑顔になるような関係を作っていれば、あんな事件は絶対に起こらなかったと思うのです。 

描くことへの情熱

6月30日、わんどの巨匠 ノボさんがぷかぷかを卒業しました。

就職に向け、次のステップに進むことを自ら決めたのです。

 

力強いタッチで描く人物画がとても印象的で、たくさんの素敵な作品を残してくれました。

毎日スケッチブックに向かう姿、日々生まれ変わっていく表現からは描くことへの情熱を感じました。

 

映画や洋楽が大好きで、特にマリリン・モンロービートルズは、よく作品の題材に使われていました。

最終日のお別れ会では、ビートルズのCDジャケット風の寄せ書きをプレゼントしました。

  f:id:pukapuka-pan:20170707204627j:plain

  f:id:pukapuka-pan:20170707204643j:plain

    f:id:pukapuka-pan:20170707204701j:plain

       f:id:pukapuka-pan:20170707205403j:plain

七夕の今日は、実はノボさんのお誕生日。

新しい場所でも充実した日々を送れるよう祈っています。

      f:id:pukapuka-pan:20170707204650j:plain

 

みんなの日常が詰まったクッキーセット

工房では沢山の種類のクッキーなどの焼き菓子を作っています。今日はお客様からプレゼント用としての詰め合わせのご注文をいただきました!

 

折り紙作家、モモちゃんがいとも簡単に作ったバラ🌹。

 

えりんぎさんがペンタブで描いたオリジナルの絵。

 

字を書く事が実は好きなアライさんの味のある“ぷかぷか”の文字。

 

そして‥    美味しいクッキー!

このクッキーの魅力は美味しさだけではありません!

 

なかなか上手く出来なくて泣きたくて悔しい気持ちが入ったクッキー

 

最初うまくできなかったけど上達して褒められ、嬉しい気持ちが入ったクッキー

 

落ち込んでいたけど、がんばって気持ちを切り変えて取り組められた、という満足感が入ったクッキー

 

毎日みんなと一緒に作っている いちスタッフとしては、“みんなの日常が詰まったクッキー”に見えて愛おしいのです。

 

f:id:pukapuka-pan:20170707205303j:imagef:id:pukapuka-pan:20170707205322j:imagef:id:pukapuka-pan:20170707205334j:imagef:id:pukapuka-pan:20170707205308j:imagef:id:pukapuka-pan:20170707205540j:imagef:id:pukapuka-pan:20170707205548j:image

取材に来て、テラちゃんとFacebookのお友達になったようでした。

 朝日新聞の方が相模原障害者殺傷事件1年の節目で特集を組むので、その取材に来ました。相模原障害者殺傷事件のことだけで取材されるのもなぁ、という思いもあって、まず6月17日(土)のワークショップの記録映画とプロモーションビデオの上映会に来てもらいました。第一期演劇ワークショップと第3期演劇ワークショップの記録映画、それにプロモーションビデオ第1弾、第2弾と1日がかりで見てくれました。

 見終わったあと、すごくおもしろかったです、といい顔して話していたので、ぷかぷかの空気感が映像を通して伝わったかなと思いました。

 その次は先日のパン教室です。この日はパンの成形もいっしょにやったりして、ぷかぷかの空気感に一日浸った感じでした。

 そして今日、給食を一緒に食べるところから始まり、あのだらだらした締まりのない帰りの会までしっかり取材。帰り際にはテラちゃんとFacebookのお友達になったようでした。

f:id:pukapuka-pan:20170705154740j:plain

 

画伯に似顔絵も描いてもらいました。

f:id:pukapuka-pan:20170706003717j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170706003800j:plain

 

 これで名刺を作って、配りまくるそうです。

 

 相模原障害者殺傷事件の特集はあまり関心のない方にこそ読んで欲しいので、そういう人も読んでみたくなるような切り口を考えている、とおっしゃっていました。

 事件の原因とか、差別の構造とか、社会状況の分析とか、考えなければならない問題はたくさんあると思います。でも、最終的にはこの社会の中で、障がいのある人たちと一緒にどう生きていくのか、ということだと思います。そこのところをぷかぷかはお店の運営、パン教室、演劇ワークショップ、アートワークショップなど、様々な形で表現してきました。そして毎日「今日はいい一日だったね」ってお互いがいえるような一日を彼らと一緒に作っています。

f:id:pukapuka-pan:20170422120100j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170313123510j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170704160243j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170131175902j:plain

 

  どんな記事になるのか楽しみです。

未来に向けての メッセージ

 ぷかぷかを何度も取材している毎日新聞の記者がhanaちゃんのお母さんの取材に行ったようです。

ameblo.jp

 hanaちゃんは、いわゆる「重度」の障がい児です。「重度」というのは障がいが重いということで、生活していく上でいろいろ手がかかります。ですからhanaちゃんと一緒に生きていくのは「大変」とふつうは考えてしまうのですが、花岡千恵さんのFacebookを見る限り、その大変さは、ちっとも感じません。

 あるときhanaちゃんが台所のスポンジで頭を洗ったことがありました。どうして台所のスポンジで頭を洗い出したのか、そのときのhanaちゃんの気持ちはわかりません。こういうことが日常的にあって、

「やっぱり重度の障がい児と一緒に暮らすのは大変」

と、そういう子どもとあまりお付き合いのない人は思ってしまいます。

 ところが花岡さんは

「またhanaがやってくれました」

と笑いながらhanaちゃんがスポンジで頭を洗っている写真をアップします。Facebookを見る方も、つい笑ってしまいます。「重度の障がい児と一緒に暮らすのは大変」というイメージは、もうどこかへ行ってしまいます。

 そういうメッセージを花岡さんは発信してきたのだと思います。

 

 セノーさんは前の職場で自分の居場所を失い、ぷかぷかにやってきました。確かにセノーさんはあまり働きません。寝てる時間の方が多いくらいです。それでもセノーさんがいることでなごむ世界のよさをぷかぷかはFacebookで発信してきました。「ああああああ〜、 あああああ 〜」というだけで郵便局のお姉さん達を心をわしづかみにしてしまった話は一気にセノーさんのファンを増やしました。毎日新聞の論説委員の方が取材に来て1面の「余録」に取り上げてくれました。

pukapuka-pan.hatenablog.com

  

 セノーさんはああ見えて、家では荒れて今までテレビを7台もぶっ壊しているくらいの「大物」です。一緒に生活していくのはすごく「大変」です。でも、お父さんもお母さんも話をしていて、その「大変さ」をちっとも感じません。お父さんは神さまのような人だと私は思っています。

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 hanaちゃんのお母さんや、セノーさんのご両親、そしてぷかぷかがあって、まわりの社会が少しずつ少しずつ変わっていきます。

 

 相模原障害者殺傷事件からそろそろ1年がたとうとしています。19人もの人が殺された事件にもかかわらず、社会はどんどん忘れていくようです。

「どうしてなにもしていない私が殺されなければならないの?」

と無念に殺されていった人たちの「無念さ」を、あらためて思います。

 「どうして?」の問いは私たちに向けられています。この社会の中での私たち一人ひとりの生き方が問われているように思います。大きな話ではなく、私たち自身の生き方です。

 

 hanaちゃんのお母さんやぷかぷかの情報発信は、その問いの先にある未来に向けてのメッセージです。セノーさんのご両親の生き方も。

 

 

楽しいパン教室でした。

 7月1日(土)久しぶりのパン教室でした。地域の子ども達がたくさん参加して、にぎやかで楽しいパン教室でした。ぷかぷかのパン教室にこうやってたくさんの子ども達が来てくれることは大きな希望だと思います。ちょうど1年前、相模原障害者殺傷事件がおき、社会はどうなってしまうんだろう、と暗い気持ちになってしまいましたが、パン教室にやってくる子どもたちを見ていると、世の中まだまだ希望があると思えてきます。

  希望を作るのは私たちです。黙っていても希望は自然に生まれてくるわけではありません。希望を作る努力をどれだけするのか、未来はそこにかかっているように思います。ぷかぷかのパン教室は、地域のつながりを作るだけでなく、未来への希望をも作り出しているのです。

 子どもは未来そのものです。ぷかぷかを体験した子ども達がどんな未来を作ってくれるのか、すごく楽しみにしています。

 パン教室に時々参加していた子どもが小学校に上がり、人に優しい言葉は「ふかふかことば」と習ったのですが、家に帰ってお母さんに、人に優しい言葉は「ぷかぷかことば」っていうんだって、と報告したそうです。「人に優しい」を「ぷかぷか」に結びつけたところが、すごくうれしかったですね。子どもの中にそんなイメージで「ぷかぷか」があったんだって、初めて気がつきました。

 ぷかぷかさんとこうやって笑い合う関係の中で、子どもにとって人に優しい言葉は「ぷかぷかことば」になったようです。「ぷかぷかことば」とてもいい響きです。小さな女の子が作った「ぷかぷかことば」がもっともっと広がって欲しいですね。

f:id:pukapuka-pan:20170702215619p:plain

 毎日新聞、朝日新聞が取材に来ました。毎日新聞はカメラマンまで派遣するという力の入れようです。朝日新聞は相模原障害者殺傷事件から1年がたち、その特集の中でぷかぷかを取り上げるそうです。毎日新聞も相模原障害者殺傷事件の特集でぷかぷかを取り上げるつもりで来たのですが、何度か取材に来ているうちに、相模原障害者殺傷事件の件だけで取り上げるにはもったいないほどの大きな価値を生み出していることが見えてきて、どうやって取り上げるか悩んでいるそうです。

 

 さて今日のメニューはこれ!

f:id:pukapuka-pan:20170703124930j:plain

メニューの横にこんな書き込みのあるのがぷかぷか

f:id:pukapuka-pan:20170703125025j:plain

子ども達はこんなに楽しそう

f:id:pukapuka-pan:20170702234446j:plain

酵母を入れます。

f:id:pukapuka-pan:20170702234527j:plain

指にこんなにくっついて

f:id:pukapuka-pan:20170702234715j:plain

ぷかぷかさんも苦労しています。

f:id:pukapuka-pan:20170702234825j:plain

ぷかぷかさんを見本にしながら生地をこねます。

f:id:pukapuka-pan:20170703125454j:plain

こちらの子ども達はかなり手慣れた感じ

f:id:pukapuka-pan:20170703125546j:plain

小さな子どもは椅子に乗っかって

f:id:pukapuka-pan:20170703125855j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170703130037j:plain

ぷかぷかさん達はみんな慣れた手つき

f:id:pukapuka-pan:20170703130403j:plain

ツジさんの美しい手が動き始めると歌がはじまります。

f:id:pukapuka-pan:20170703130527j:plain

www.youtube.com

ギンギラギンにさりげなく

www.youtube.com

野菜スープを作ります。

f:id:pukapuka-pan:20170703132554j:plain

タマネギ、とうもろこしの皮をむきます。

f:id:pukapuka-pan:20170703132711j:plain

メロンパンの皮を作ります。

f:id:pukapuka-pan:20170703132839j:plain

かなり力を入れて混ぜるので助手が必要です。

f:id:pukapuka-pan:20170703133037j:plain

生姜のジャムを作ります。

f:id:pukapuka-pan:20170703133130j:plain

 子どもを抱っこしながら生姜のジャム作り

f:id:pukapuka-pan:20170703142802j:plain

フォカッチャのトッピングの材料を切ります。

f:id:pukapuka-pan:20170703133324j:plain

子ども達は飽きるとこんな感じ。誰も止めません。それでいてパンはしっかりできちゃうので、不思議なパン教室です。

f:id:pukapuka-pan:20170703133425j:plain

なんとなく手の空いたぷかぷかさん達

f:id:pukapuka-pan:20170703163558j:plain

チュウしていいですか?と迫る人も。タカサキはスキだらけなので、しょっちゅうチュウされています。油断のできない、よくわからない世界です。

f:id:pukapuka-pan:20170703163657j:plain

小さな子どもは椅子にのって調理

f:id:pukapuka-pan:20170703142405j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170703142421j:plain

メロン皮の重さをはかります。

f:id:pukapuka-pan:20170703142632j:plain

 

スープを作ります。

f:id:pukapuka-pan:20170703163318j:plain

 蒸しパンの成形

f:id:pukapuka-pan:20170703143100j:plain

手の空いた子ども達にディズニーランドのパンフレットを読み始めたツジさん。朗読がうまいので、みんな聞き入っていました。子ども達にわかりやすく読み聞かせるように読むツジさんは子ども思いのやさしい人です。

f:id:pukapuka-pan:20170703143509j:plain

メロンパンの成形の説明に聞き入る子ども達。目が真剣です。

f:id:pukapuka-pan:20170703144023j:plain

成形した蒸しパンを蒸し器に並べます。

f:id:pukapuka-pan:20170703144325j:plain

15分で蒸し上がり

f:id:pukapuka-pan:20170703144737j:plain

湯気で化粧が落ちるくらいなんでもないと、湯気の中でこんないい顔。拍手してやって下さい。

f:id:pukapuka-pan:20170703164625j:plain

フォカッチャのトッピングを作ります。

f:id:pukapuka-pan:20170703144607j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170703144919j:plain

焼き上がったパンをお皿に並べます。

f:id:pukapuka-pan:20170703151000j:plain

スープができました。

f:id:pukapuka-pan:20170703151302j:plain

オープンサンドのトッピング

f:id:pukapuka-pan:20170703151123j:plain

これが1セット

f:id:pukapuka-pan:20170703151732j:plain

今回は和室で食事

f:id:pukapuka-pan:20170703152050j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170703152216j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170703152307j:plain

f:id:pukapuka-pan:20170703152323j:plain

 

取材に来た毎日新聞の方の感想です。

 

 パン教室、楽しかったです。取材に行くといつも楽しいなあと、その雰囲気に浸ってしまって仕事を忘れそうになるので困ります(笑)
 コンノさんが真面目な顔で生地の仕上げをしているのがかっこよかったし、今日は辻さんと2、3言会話できたのと、ふとした瞬間に近くに来てくれたのが嬉しかったです。

 参加したお客さんは、ぷかぷかさんとのやりとりをこんなに楽しみにしている人たちがいるんだなあ、需要はまだまだあるなと思いました。
 また、改めて木下さん始め、スタッフが素晴らしい。
 ぷかぷかさんをはじめ人間ってみんな、ダイヤモンドの原石なのだと思います。そのままだと分からないけれど、高崎さんの「彼らが好き!」という思いやスタッフの温かいまなざしによって原石が磨かれてキラキラと輝きはじめる、そしてその宝石に魅せられてお客さんがやって来る…それがぷかぷかなんだなあ、と感じました。

生まれてきてくれてありがとう、あなたたちと出会えて、ほんとうによかったよ。

 hanaちゃん、9才の誕生日、おめでとう!

ameblo.jp

 

ブログにあるお母さんの言葉

 

《 生まれて来てくれて 本当に本当にありがとうね♡ 》

 

がジンときました。

 hanaちゃんのおかげで、お母さんがいろいろ学び、そのお母さんから私はいろいろ学びました。hanaちゃんの生き方を基準にしよう、という《世界が「hana基準」になったら》の提案は、私にとっては、目からうろこ、ほどの提案でした。

 

ameblo.jp

 

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 

《 hanaちゃん 生まれてきてくれて、本当にありがとう! 》

 って、私からもいいたいです。

 障がいのある人たちに、そんなふうに思える関係こそもっともっと広げたいと思うのです。

 

 以前、ミズキさんの誕生日に書いたブログです。

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 ぷかぷかさん達のおかげで、こんなに楽しい、心安らぐお店ができました。

 

 ぷかぷかさん達、生まれてきてくれてありがとう、あなたたちと出会えて、ほんとうによかったよ。

 そうやってみんなが思えるようになったとき、私たちは相模原障害者殺傷事件を超えられると思います。

 

「もったいない」対談 花岡vsタカサキ

 hanaちゃんのお母さん、花岡さんと「もったいない」対談をしようかと思っています。

 先日の理事会。そのときの話を花岡さんがブログにアップしたらすごい反響がありました。

●●●

着いた時に高崎さんが開口1番
 
hanaちゃん連れて来ないなんてもったいない!
 
と言いました。
 
 
もったいない、、
 
もったいない、、
 
もったいない、、
 
 
 
正直、こんな考え方してる人、あまりいないんじゃないかなぁ(笑)
 
親の私だってなかなか思わないよ!
 
●●●
 
 いいねの数、なんと130。これは何かやらねば、と花岡さんとタカサキの「もったいない」対談をやることにしました。
 花岡さんの「なんでもったいないの?」というスルドイ突っ込みからはじまって、「もったいない」の意味を対談の中で掘り下げていきます。
 社会の中で障がいのある人たちをどこか(養護学校や施設など)に閉じ込めておくことを、どうして「もったいない」と思うのか。そしてそれは社会的にどういう意味があるのか。
 親の私だってなかなか思わないよ!と花岡さんが言う「もったいない」を、どうして私は思うようになったのか。いや、逆になんで親は思わないのか、花岡さんに聞いてみます。
 
 「もったいない」と私は思うから、ぷかぷかはいつも開けっぴろげ。近所の方は、「どこが内か外かわからない」といっています。
 地域社会と、そういう関係の中でたくさんの「ぷかぷかが好き!」っていう人や「ぷかぷかのファン」ができました。
 つまり、「もったいない」というたったそれだけの思いが、地域社会を少しだけ、変えたのです。
 となれば、「もったいない」という思いも、隅に置けないことになります。
 にもかかわらず、花岡さんによれば
「正直、こんな考え方してる人、あまりいないんじゃないかなぁ」
 いや、多分、ほとんどいません。実に「もったいない」話です。
 そんななかにあって、いいねの数130,というのは小さな希望です。
 130人の人が「もったいない」と思うようになれば、少しだけ変わる地域社会が130個出現することになります。
 みたいな希望を持って「もったいない」対談を花岡vsタカサキでやります。
 
 タカサキは最近少〜しボケかかった感じがするので(先日のガン騒ぎの際、病院でそばに寄って来たカミさんに、どこかで見たことがある人だと思い、もう少しで「あんた誰だっけ?」と聞くところでした)、花岡さんのシャキシャキしたスルドイ質問に、シャキシャキ答えられるかどうか、甚だ疑問なのですが、ま、「もったいない」はどこまでも「もったいないであり」、そう思うから、もう仕方がないのですが、それでも、ゆるゆるとがんばってスルドイ質問に答えていこうと思っています。
 
 日時、場所が決まればお知らせします。
 
 
 
 

 

せっかくの日々をなんというもったいない使い方

先日の理事会、花岡さんがhanaちゃん連れてこなかったので、つい

「え〜っ、もったいない!」

といってしまったのですが、そのことについてのブログがすごい反響を呼んでいます。

 

www.facebook.com

hanaちゃんはなんだかんだいってもかわいいです。重い障がいを持ったお子さんですが、付き合うほどにかわいいです。

 こうやって寝てるときもあれば

f:id:pukapuka-pan:20170626210554p:plain

イケメンお兄さんを見つけて、じぃ〜っと見つめたり

f:id:pukapuka-pan:20170626210636p:plain

詩の朗読を聞き入ったり

f:id:pukapuka-pan:20170626210851p:plain

アルゴリズム体操の歌にこんないい顔になったり

f:id:pukapuka-pan:20170626211104p:plain

 

とにかくかわいいのです。

理事の人たちはhanaちゃんのような子どものことをほとんど知りません、人生、こんなすてきな人と出会わないなんて、

「ほんと、もったいない」

と思うのです。

 

 私は養護学校の教員になって初めて障がいのある人たちに出会い、いっぺんに惚れ込んでしまいました。いろいろできないことや問題を抱えていても、それでも彼らのそばにいると毎日がほんとうに楽しかったのです。

 誰かといっしょに生きていくことの楽しさを彼らは教えてくれた気がします。こんなすてきな人たちとはいっしょに生きていかなきゃ損!と思いました。

 こんな宝のような人たちを養護学校に閉じ込めておくのは「もったいない」と街に連れ出して公園で遊んだりしました。遠く武蔵野の原っぱにも連れて行きました。

pukapuka-pan.hatenablog.com

 

 そんなことをする教員は私一人だけでした。みんな「指導」には熱心でしたが、「彼らといっしょにその日を生きる」といった感覚ではなかったようです。せっかくの日々をなんというもったいない使い方、と私は思っていました。

 

 ぷかぷかを始めた今も、彼らと過ごす日々がいとおしくてしょうがない感じです。ただ一緒にいる、それだけで幸せな日々です。幸せだと思える関係を作ることこそ大事な気がします。

 

 

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ