ぷかぷか日記

ぷかぷかさんとおつきあいすることは、人間であることを取り戻すこと

 今朝の朝日新聞天声人語。

 スターバックスで飲み物を買わずに居続けた黒人二人が逮捕されるという信じがたい事件が起こりました。「私たち白人が同じことをしても、こういうことがおきないのはなぜか」との投稿がSNSにあり、抗議が広がりました。それに対してスターバックスは謝罪し、5月29日午後、全米8000を超す店舗を一斉に閉じ、差別を防ぐための研修を従業員にするといいます。

digital.asahi.com

 差別に対してSNSで抗議が広がり、それに対するお店の対応。すごい国だなとあらためて思いました。

 

 障がいのある人たちのグループホーム建設に対する反対運動のことをまた書きます。

 反対運動は「障害者はここに住むな」ということです。ならば「私たち健常者が同じこと、つまり、ここに住みたい、といっても、こういうことがおきないのはなぜか」といった抗議が出ても良かったのですが、そういった声は残念ながら一切ありませんでした。私も含め、こちら側の情けないほどの力不足です。

 「障害者はここに住むな」と言って当然、という雰囲気が現場にはありました。どうして相手が障害者なら、そんなことが許されるのか。もし自分が「ここに住みたい」と言って、そんなふうに言われたらどんな気持ちになるか、といった想像力が、ここには一切ありません。

 想像力の欠如は人の心を貧しくします。

 「人の痛みが想像できる」ということが人であることのすばらしさだと思います。

 ぷかぷかさんとおつきあいがあれば、「障害者はここに住むな」といった言葉は絶対に出てきません。彼らとおつきあいすることで、私たちは人間であることを取り戻し、心が豊かになっているのだと思います。

 

 

 

 少し前、こんな記事がFacebookに上がっていました。

 

*「フリーダム・ライダーズ – 人種隔離バスへの抵抗」

… 1960年代の黒人公民権運動に参加した女子大生たち。

アメリカの南部地域では、20世紀の中頃になっても、人種隔離法によって、学校もレストランもトイレや乗合バスの座席も、はては救急車までもが白人用と非白人用に分けられていた。

これに抗議するボイコットや座り込みが広がり、連邦最高裁判所は1960年末に、南部の人種隔離法は憲法違反であるとする判決を出した。

しかし南部の人々の多くは、これに従わず、連邦政府も強制措置はとらず、差別の実態はなにも変わらなかった。

その半年後、10人あまりの黒人と白人のグループが南部行きの長距離バスに一緒に乗り込み、人種による座席の区別を公然と破り、彼らは自分たちを「フリーダム・ライダーズ」と呼び、身の危険を賭して連邦政府の姿勢を批判した。

◆ 迫害を恐れぬ勇気ある女子大生たち

その中心になったのは、驚くべきことに、ナッシュヴィルの若い女子大生たちだった。

幼い頃から近所に住みいっしょに遊んでいた子供たちが、学齢になるにつれて差別され、まともな職業にもつけず、社会の除け者にされるのを見た彼女たちは、その悲惨な差別に憤り、公然と黒人が乗るバスに乗って隣に座って、黒人公民権運動を鼓舞した。

彼女たちは、白人至上主義者たちに襲撃され、殴られ、つばを吐きかけられ、警察に逮捕されたが、警察署でも公然と胸を張り、実名を名乗り、釈放されると、「黒人を差別するのは間違っている。彼らもまた、私たちと同じ人間だ」と声を挙げ、ついに多くのクラスメートたちの共感を得ていった。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、クローズアップ、テキスト
 
 
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人、眼鏡
 
 
 
 

これからどんな風に物語が広がっていくのか、すごく楽しみ

 淡路島で自然農法をやっているビオアグリの代表柏木さんが来ました。ぷかぷかとコラボをするためにぷかぷかを見たいということと、20日に東京の目黒にアンテナショップをオープンするので、その打ち合わせできました。

f:id:pukapuka-pan:20180419102726j:plain

 

 お店にはビオアグリメンバーの似顔絵も飾ろうと思っています。段ボールの素朴な額に入れる予定です。

f:id:pukapuka-pan:20180419091107j:plain

 

 アンテナショップではビオアグリの商品と並んで、ぷかぷかのパン、焼き菓子なども販売します。ビオアグリの豆を3種類練り込んだぷかぷかのパンのほか、ハード系のパン、焼き菓子などです。焼き菓子はいずれビオアグリで育てているハーブを入れたものを作りたいと考えています。まさしくコラボ商品です。

 ビオアグリの商品に使うラベルはぷかぷかが作りました。

f:id:pukapuka-pan:20180418141731j:plain

 

 自然食品を扱うお店は多いので、よほど特色ある商品でないと売れない。そういう意味でぷかぷかとコラボした商品には、ここにしかない物語があって、絶対に売れます、と柏木さん。なかなかの戦略家です。

 この味のある手書きのラベルを見れば、絶対に買いたくなりますよ、とおっしゃってました。どこかホッとするようなこの雰囲気こそ、ここにしかないオリジナルなもの。このホッとする雰囲気の中で、おいしくて健康的なビオアグリの商品が街の中に出ていきます。

 これがビオアグリとぷかぷかがコラボすることで生まれる新しい価値です。ビオアグリの人たちの思いと、ぷかぷかさん達の思いがコラボしたのです。

 こんなすてきなラベルは誰が作ったの?という話が多分出ると思うので、時々ぷかぷかさんに店頭に立ってもらおうかと考えています。福祉事業所のお店ではなく、ふつうのお店の店頭にぷかぷかさんが立つことの意味はものすごく大きいと思います。「ぷかぷかしんぶん」も置いてもらい、新しい情報発信基地になります。 

 車で40分ちょっとなので、週に一回くらいはお惣菜も運んで販売する方向で検討することになりました。

 今日の「ぷかぷかさんのお昼ごはん」にはビオアグリの青大豆がでました。 

f:id:pukapuka-pan:20180418130619j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180418131125j:plain

 

 ビオアグリで作ったハーブを入れた焼き菓子、フォカッチャ、ビオアグリの野菜を使ったピクルスなど、コラボ商品がどんどんできあがってきます。

 淡路島では近々カフェを開くそうなので、そこで使うコーヒーカップ、お皿なども作ろうかと思っています。

 

 二人の画伯が柏木さんの似顔絵を描きました。

f:id:pukapuka-pan:20180418133913j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180418133756j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180418133914j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180418134157j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180418134357j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180418140306j:plain

 

 これからどんな風に物語が広がっていくのか、すごく楽しみです。

 

pukapuka-pan.hatenablog.com

bioagri.jp

bioagri.jp

排除される側は、どこまでもやさしい

 Facebookに載ったセノーさんの寝顔を見てファンになり、訪ねてきた方がいました。 

f:id:pukapuka-pan:20180417133101j:plain

www.youtube.com

 

f:id:pukapuka-pan:20180416230128j:plain

 

 

 うれしいですね、こんなふうに訪ねてきてくれるなんて。

 セノーさんは寝ながらファンを増やし、社会を変えているのだと思います。

 私たちがいくら声高に「共生社会を目指そう」とか「共に生きる社会を作ろう」と叫んでも、そういう社会はなかなか実現しません。いろんな活動をしても、思うように前に進みません。

 セノーさんはそんな言葉はひとことも言いません。でもこうやって、みんなが気持ちよくいっしょに生きる社会に向けて確実に一歩を踏み出しているのです。

 しかも、寝ながら、です。ここがセノーさんのえらいところです。そうやって社会を動かすチカラを持っているのだと思います。そこに私たちが気づくかどうかだと思います。

 8年前、広場に一本の柱を立てたのは私ですが、その広場を育てたのはセノーさんをはじめとするぷかぷかさん達だったとあらためて思うのです。ぷかぷかさん達のそのままの魅力が広場を育てたのです。

 

 相模原障害者殺傷事件以降、障がいのある人たちを排除する社会が変わったかといえば、ほとんど変わっていません。障がいのある人たちのグループホームを建てようとすれば、相変わらず反対を声高に叫ぶ人が現れます。そして残念なことに、そういう人たちに届く言葉を私たちは持ち合わせていません。

 差別の問題は、言葉で乗り越えていくのはむつかしい、とグループホ−ムの説明会に参加した時、つくづく思いました。ぷかぷかの映像ですら、「こんないいところばかり撮った映像なんか見たくない」などといわれたのですから。

 そんな中でセノーさんの寝顔を見てファンになりました、という人が現れたことは、大きな希望を見た気がしました。こうやって社会が変えられる、こうやって相模原障害者殺傷事件を超える社会を作っていける、という希望です。喧々がくがくの議論ではなく、彼らのありのままの姿を差し出すことで、社会が少しずつ変わっていくということです。

 これは決して社会から排除される側からの反撃ではありません。反撃は新たな対立を生むだけです。問題解決に向けて、そうではない提案をぷかぷかさん達はしているのだと思います。

 排除される側は、どこまでもやさしいのです。そのやさしさに気づいた人たちがファンになるのかも知れません。

 

 

 

一本の柱を立てたところから始まったぷかぷかが…

 ぷかぷか8周年のイベントがありました。

ツジさんの歌、ゆずの『栄光の架け橋』から始まりました。途中、「ぷかぷか8周年、おめでとう、ワオ!」って叫んでいました。うれしいですね、ツジさんにそんなふうに言われて。ツジさんは創設当初からのメンバーです。ですから、それなりの思いがあったんだと思います。「おめでとう、ワオ!」って。

f:id:pukapuka-pan:20180414095057j:plain

 

高鳥さんのギターで『あの広場の歌』。高鳥さん、ワークショップでこの歌を歌ってすごく気に入って、今回のために練習してきたそうです。

ちょっと調子っぱずれのところもありますが、それでもこの雰囲気、すごくいいです。

www.youtube.com

♪ 昔 広場に 一本の柱

   ここに立てよう 目には見えない柱を

 昔 広場に 一本の柱

   そこで始まったぷかぷか 今、ここで  ♪

 

なんかね、みんなで歌を歌っている間、歌っていることが実感できるような時間でした。

 8年前、「障がいのある人たちといっしょに生きていこう」って一本の柱を立てたところから始まったぷかぷかが、今、ここにあります。歌いながらちょっとうるっときました。

 ここにこうやってみんなが集まる広場ができたのです。みんなが元気になり、物語が生まれる広場です。

f:id:pukapuka-pan:20180414105309j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414105319j:plain

  広場の中心にはぷかぷかさんたちがいます。ぷかぷかさんたちがいるから、みんながホッとできるような雰囲気になりました。みんなが笑顔になり、元気になる広場。たくさんの物語もここから生まれました。

 ぷかぷかさんたちがいなければ、ただのパン屋であり、ただのお惣菜屋でした。こんなにおもしろい広場はできなかったのです。そのことの意味をきちんと考えていきたいと思うのです。

 

 栃木からいろいろ米とライ麦の上野さんがやってきました。

f:id:pukapuka-pan:20180414095500j:plain

 

今日は上野さんに送っていただいた栃木のイチゴとぽんせんも販売しました。

f:id:pukapuka-pan:20180414231049j:plain

 

はっぱでバッタ作りを教えてくれました。

f:id:pukapuka-pan:20180414120722j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414120604j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414102947j:plain

 

上野さんのうどんで作った天ぷらうどんは大好評でした。

f:id:pukapuka-pan:20180414110547j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414104247j:plain

 今年のぷかぷか一泊旅行はまた上野さんの畑を目指していく予定です。パン屋で好評のライ麦パン、いろいろ米パンの物語が更にふくらみます。コミュニティ食堂「ぷかぷかさんのお昼ごはん」で提供している主食の「いろいろ米」が更においしく感じられます。

 

わんどのワークショップには子ども達がいっぱい

f:id:pukapuka-pan:20180414103353j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414104749j:plain

 

似顔絵コーナー

f:id:pukapuka-pan:20180414103058j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414103222j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414105934j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414103144j:plain

 

淡路島ビオアグリのコーナー

f:id:pukapuka-pan:20180414093839j:plain

 

f:id:pukapuka-pan:20180414112538j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414112531j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180414112926j:plain

近々ビオアグリの代表がぷかぷかにやってきます。コラボの内容が更に充実します。

 

天草の川野さんのミカンコーナー

f:id:pukapuka-pan:20180414102811j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180415010454j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180415010521j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180415010608j:plain

5月の末、スタッフの魚住、石神が天草に行きます。みかん山を見て、川野さんの話をいろいろ聞いてくる予定です。川野さんは40年ほど前、おそらく日本で初めて障がいのある子ども達も一緒に保育する保育園を横浜市旭区に立ち上げました。日本全国から建設資金が寄せられたといいます。ミカンへの思いだけでなく、障がいのある子どもも一緒に保育する保育園を立ち上げた熱い思いなども聞いてくる予定です。

 

ぷかぷかめがね美人

f:id:pukapuka-pan:20180414121235j:plain

 

ぷかぷかには美人が多い、という噂の震源地f:id:pukapuka-pan:20180414132120j:plain

 

お客さんの感想

今日のマルシェ、お天気に恵まれて本当によかったです。

うどんに、シリアルバー、セノーさんの好きなベシャメルなんとかパン、カレーパン、植木に、ポテト&唐揚げ、おいなりさん、メンチカツ、肉だんごのポテト衣、あれこれ。まんまとぷかぷかの作戦に引っかかってしまい、散財してしまいましたよ!

でも、楽しかったなぁ。折田さんに小さい誕生日のプレゼント渡せたし、コウキくんのお姉さんとも話せたし、上野さんの奥さんとカメの話もできたし、夏の旅行も、プレミアム会員になって、なんとか潜り込めそうだし…

とにかくお疲れさまでした。

 

 

みなさま 本当にありがとうございました。 

4万円からはじまった物語

  区役所の区政推進課の職員Kさんが、異動になりますと挨拶に来ました。Kさんは採用1年目でぷかぷかを相手に仕事をやったので、ま、いろいろ大変だったようです。

 区政推進課とのおつきあいは、地場の野菜を使う地産地消を通した関係でした。Kさんが来たときも秋の区民まつりでぷかぷかのおからを出す費用の打ち合わせでした。おからの費用が6万円で、区役所が用意している予算が10万円でした。差し引き4万円が残ります。それはもったいないと、その4万円で地産地消ブースのデザインをやらせてくれませんか、とその場の思いつきで提案しました。この時の思いつきが、アートを通したおつきあいの始まりでした。

 突然の提案でKさんも係長も即答はできず、区役所に帰ってから課長と相談したようで、2日ほどたってOKの返事。ぷかぷかが日々やっていることをみての判断だったと思います。多分おもしろいものを作ってくれるんじゃないか、と。下の写真のような。

f:id:pukapuka-pan:20180414000437p:plain

 さてどういうデザインにしようかと考えながらぶらぶら歩いているときに、ヨッシーの描いた歯医者に行って虫歯だらけの口をガバッと開けている絵を見つけました。あっ、これをブースの入り口にしたら絶対おもしろい、と思いました。で、その絵をアート屋わんどのコンドーに見せ、段ボールで入り口をデザインしてもらいました。

f:id:pukapuka-pan:20150928172440j:plain

f:id:pukapuka-pan:20150917144634j:plain

 

 ブースの入り口の装飾だけでなく、テントの屋根に段ボールで作った直径1メートルくらいのカボチャ(地産地消のシンボル)をのせたいと言い出したので、Kさんは

「え〜〜!」

とびっくり。心配になって総務課に相談したら、

「そんなあぶないことはいかん!」

といわれたそうで、すぐ私に「だめみたいです」と電話がありました。

「絶対に落っこちないようにするから」

と、絵を描いて説得しました。

f:id:pukapuka-pan:20180412102257p:plain

 

 実際屋根にのせてからは落ちなかったのですが、のせる途中で落っこちてきてちょっと大変でした。下の写真の直後、真っ逆さまになって落っこちたのです。

 

f:id:pukapuka-pan:20180412134244j:plain

f:id:pukapuka-pan:20180412134251p:plain

 

 区民まつりで配るチラシもデザインすることになり、地産地消をやっているお店の情報を入れてくれるように頼まれました。Kさんから送られてきたお店のデータはお店の名前、営業時間、電話番号などのテキストデータで、新人のKさんとしては一生懸命作ったデータでした。それを

「あの〜、こんなの見ても、誰もお店に行こうって思わないんじゃないですか。」

って、私が正直に言ったので、えらくめげたみたいでした。

「テキストじゃなくて、楽しい絵地図で行きましょう。ぷかぷかさんが描くと、絶対楽しい絵地図になります。お店のシェフの似顔絵も入れると、あっ、こんな人がつくるんだ、ってわくわくしてお客さんはいっぱい来ますよ」

と丁寧に説明し、Kさんは納得したようでした。

 ここから絵地図の物語がはじまります。

 似顔絵も入れるとなると、チラシには入りきらないので、もっと大きなスペースが欲しいと言い、KさんはA1サイズの大きなパネルを用意してくれたのですが、似顔絵は原寸大で入れたい、とまたわがままを言い、結局テントの横の壁いっぱいに貼り出すことにしました。 

 シェフの似顔絵を描きに行きました。

f:id:pukapuka-pan:20180412142003p:plain

f:id:pukapuka-pan:20180412141954p:plain

そうやってできあがった絵地図がこれ

f:id:pukapuka-pan:20180412004258p:plain

 

 予想をはるかに超えた楽しい絵地図ができあがりました。

 区民まつりの朝、通りかかった区政推進課の課長に

「これ、一日で捨てちゃうの、もったいないですよ。一週間くらい区役所のロビーに貼り出しませんか?」

という提案をしました。

 しばらくして課長から連絡があり、絵がヨレヨレになっているので、きれいにパネル張りにして展示したい、見積もりを取って欲しい、ということでした。

 知り合いの額縁屋さんに連絡。見積もりを取ったところ10万円。そんなお金出してくれるのかなぁ、と思いながら課長に電話。これがあっさりOK.

 ヨレヨレになった絵地図をパネル張りにしました。

f:id:pukapuka-pan:20180412135611j:plain

 

 できあがったパネルを区役所に持って行ったら、Kさんと係長は「ひゃ〜すごい!」とびっくり。せっかくなのでロビーに飾る前に除幕式をやりましょう、ということになりました。

 区長が出席しての除幕式でしたが、途中でぷかぷかさんが踊り出し、はずみでパネルにかぶせてあった白い幕が落っこちてしまうというハプニングがありましたが、ま、ぷかぷからしくていい、とみんな大笑い。

f:id:pukapuka-pan:20180412135753p:plain

f:id:pukapuka-pan:20180412135802p:plain

 

 この一連の仕事でできた信頼関係の中で、区役所で行われる人権研修会の講師を依頼されました。私一人で行ってもなんかつまらない感じがしたので、人権問題の当事者であるぷかぷかさんを三人ほど連れて行って講師をやってもらいました。ぷかぷかさんが行けば、今までにないおもしろい人権研修会になるという確信がありました。まとまった話はむつかしいので、いろいろ質問してもらいました。「給料は何に使いますか?」「仕事で何が一番楽しいですか?」「休みの日は何をしていますか?」といった質問に答えました。それでもみんな新鮮な印象を持ったようで、たくさんの人がアンケートを書きました。人権研修会はいつも硬い話でアンケートはほとんど書かないそうです。こんなにたくさんアンケートが集まったのは初めてです、と担当の方はびっくりしていました。

f:id:pukapuka-pan:20151218095354j:plain

 

 これが4万円からはじまった物語です。そもそも地産地消の打ち合わせに私は出たことがなかったのですが、たまたまあの日時間が空いていて、打ち合わせにでて、思いつきで4万円でブースのデザインやらせてくれませんか、と提案したのです。そこからこんなにもいろいろな物語がはじまったのです。

 これがきっかけで区役所とのおつきあいの幅がグンと広がりました。区民まつりの地産地消ブースのデザインは毎年のように依頼されます。

 新人のKさんにとっては本当に大変な1年だったと思います。でも大変だったからこそ、人生の幅がグンと広がったのではないでしょうか。その広がりを新しい職場でも生かしてもらえたら、と思っています。本当にお疲れさまでした!

「決して忘れない」という言葉はどこへ行ってしまったんだろう

 神奈川新聞「時代の正体」に、相模原障害者殺傷事件の犯人に面会に行った話が載っていました。

www.kanaloco.jp

 《 事件からまもなく2年。社会は変わったか。そんな問いは無意味の思えるほど風化が進み、事件直後にあちこちで耳にした「決して忘れない」という言葉がむなしく感じられる。 》と、記事にありました。そういえばあれだけみんな口にしていた「決して忘れない」という言葉はどこへ行ってしまったんだろうと思います。

 「決して忘れない」をいうだけでは、差別や偏見を許容する社会は、何も変わりません。

 障がいのある人たちのグループホーム反対を叫ぶ人たちがいます。「障がい者はこの地域に来るな」「ここに住むな」といってるのです。「障がい者はいない方がいい」といった犯人と全く同じ発想です。障がいのある人たちを社会から排除する、という動きは、こんなふうにあちこちにあって、あれだけの事件がありながら、社会は何も変わっていないことになります。

 事件を忘れない、というところにとどまるのではなく、日々の暮らしの中で立ち現れる差別や偏見とどう向き合うのか、それに対して何をするのか、ということこそ大事な気がします。

 

 こんな関係を作り続けること、これこそがぷかぷかが日々やっていることです。

f:id:pukapuka-pan:20180406150704j:plain

 

 

 

 

100年先を見据える

 昨夜、井土ヶ谷アーバンデザインセンターで開かれた「よこはまYYラボ」のイベントに行ってきました。ぷかぷかも15分ほどプレゼンやらせていただきました。「街の人を巻き込むための仕掛けは?」ということも話題に上がっていたので、ぷかぷかがやってきたことをいろいろお話ししてきました。

 

f:id:pukapuka-pan:20180410111138j:plain

太陽住建社長の河原さんは、会社の説明のあと、ゆるいつながりが思ってもみない価値を生んだ、というようなお話をされました。

f:id:pukapuka-pan:20180410113932j:plain

クジラの大きな絵は、街の人たちを巻き込んで描いた絵。絵を一緒に描くことで、障がいのある人たちとのいい関係をたくさん作りました。

f:id:pukapuka-pan:20180410113944j:plain

ぷかぷかのアートを紹介

f:id:pukapuka-pan:20180410113947j:plain

ぷかぷかのおいしいお惣菜を紹介

f:id:pukapuka-pan:20180410113951j:plain

おひさまの台所のごちそうが並びました。

f:id:pukapuka-pan:20180410141233j:plain

 

 太陽住建会長の河原さんが100年企業を目指す意味を語られていました。今いろんな節目節目で経営の判断をしているのですが、100年先の人の評価に耐えられるような判断をしたい、とお話しされ、いやぁすごいなぁ、と思いました。

  100年の歴史を見据えながら会社を経営していくってすごいですね。目の前にぶら下がる人参で判断するのではなく、100年先を見据えての判断をしたい、というお話でした。

www.taiyojyuken.jp

  

 ぷかぷかにとって100年先を見据えるってどういうことなのかと思いました。福祉事業所であっても、そういう歴史視点は必要だと思います。100年先の人が振り返ったとき、納得できるような価値をぷかぷかは創り出しているのかどうか、です。

 ぷかぷかはタカサキが障がいのある人たちの惚れ込んだところから出発しました。惚れ込む、というのは個人的なものです。でも彼らのそばにいて感じる「ほっこりするようなあたたかさ」は一人で味わうにはもったいないと、「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ」「その方がトクだよ」というメッセージをたくさんの人に向けて発信し続けてきました。メッセージだけではなく、リアルにそのことを感じられる、障がいのある人たちとのいい関係、いい出会いを作ってきました。

 お店、パン教室、演劇ワークショップ、アートワークショップ、ぷかぷかマルシェ、運動会などで、「いっしょにいるといいよね」って思えるようなすばらしい出会い、関係をたくさん作ってきました。

 「いっしょにいると心ぷかぷか」というプロモーションビデオも作りました。これは障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ」というメッセージを映像化したものです。

 そういう中で、少しずつぷかぷかのメッセージに共感する人が増え、たくさんのファンができました。社会の中で排除されることの多い障がいのある人たちですが、彼らを排除しないどころか、彼らのファンだと言う人たちを作ったことの意味は大きいと思います。

 彼らのファンになることは、人間としての幅が広がることであり、豊かになるということです。そしてそんなファンが増えるということは、社会が少しずつ豊かになる、ということです。そういう歴史を少しずつ作っている、といっていいと思います。

 あのおぞましい相模原障害者殺傷事件は「障害者はいない方がいい」という強烈なメッセージであり、障がいのある人たちを排除する社会を象徴する事件でした。でも、それにひるむことなく、ぷかぷかは「障がいのある人たちとは一緒に生きていった方がいい」と言い続け、その「リアル」を作り続けてきました。

 それは理屈っぽい話ではなく、彼らに惚れてしまった私自身の生き方の問題だったと思います。どこまでも彼らといっしょに生きていきたい、という生き方。

 100年先を見据えての判断というのはなかなかむつかしいですが、日々、自分の生き方としてやっていくことはできます。100年先の人が見ても恥ずかしくない生き方です。

 

 

 

私は?よくわかりません状態でした。

 セノーさん、今日はお父さんと一緒に映画を見に行ったようで、お父さんのFacebookに、本人はおもしろかったそうですが、私はよくわかりません状態でした、と書いてあって、笑ってしまいました。

www.facebook.com

 この謙虚さがいい!と思いました。本当にいいお父さんです。

 セノーさんに限らず、どのぷかぷかさんもわからないこと、感心することがたくさんあります。そのわからなさに私達がどこまで謙虚に向き合えるか、というところで、そこから豊かなものが生まれるかどうかが決まるのだと思います。

 

 セノーさんが選んだ映画のホームページです。

servamp-movie.jp

 私はこの映画のストーリーを読んでも、ついていけないというか、どういう映画なのかよくわかりませんでした。でもセノーさんは「あっ、これはおもしろい!」と思って、お父さんを誘ったのだと思います。セノーさんて、ああ見えて、実はすごい人なんだとあらためて思いました。そういうことを感じさせないところがいいですね。人間ができているというか…。タカサキとえらい違いです。

 

 養護学校でセノーさんを担任をしている頃、私の誕生日に、その日(1949年4月30日)に発行された新聞のコピーをプレゼントしてくれたことがあります。活字がずいぶん古めかしい新聞でした。あとで聞いた話によると新宿のヨドバシカメラでそういうサービスをやっていたそうで、そこまで取りに行ったみたいでした。どこでそういうサービスを調べたのかわかりませんが、本当にびっくりしました。誕生日に発行された新聞をプレゼントするという発想がすばらしいし、それを実行する力がすばらしいと思いました。

 

 そんなセノーさん達とおつきあいしていると、どう考えても彼らは障害者であり、私たち健常者の支援が必要な人たち、とは思えないのです。思えない、という謙虚なところでおつきあいしていると、毎日いろんな新しい発見があって、いい勉強させてもらっています。そして何よりもそんな彼らとのおつきあいが楽しいのです。

 

 

 

注文の多い料理店・序ー手話による表現

 1月の表現の市場では、『注文の多い料理店・ぷかぷか版』の「序」の部分をデフパペットシアターひとみのみなさんにやっていただきました。pvプロボノの信田さん、高橋さん、藤木さんに記録を撮ってもらい、その編集が終わりました。最初カメラ6台も使って撮る意味がよくわからなかったのですが、この映像を見て納得できました。6台で撮った映像を編集することで、こんなすばらしい映画ができあがるんですね。なんとなくぼんやり見ていたあのシーンが、一つの作品=映画になっていることにおどろきました。映像クリエイターの人たちのチカラですね。pvプロボノの人たちに感謝!です。

 「注文の多い料理店・序」はとても美しい日本語です。それを手話で表現するのは、本当に大変だったと思います。デフパペットシアターひとみの人たちの底力を見た気がしました。

 味のある文字はぷかぷかさんです。存在感のある文字です。

 

www.youtube.com

 

 演劇ワークショップ、表現の市場の映像は現在編集中です。8月4日(土)みどりアートパークホールで上映する予定です。近くなりましたらお知らせします。

8年前 一本の柱を立てた。

 4月14日(土)のぷかぷか8周年のイベントで、演劇ワークショップで歌った「あの広場のうた」を歌う予定で、今、毎日みんなで練習しています。歌いながら、あらためて、ぷかぷかって、みんなにとってとても大切な広場だったんだなという感じがしています。

 

 ぷかぷかにはいつもの朝、いつもの夜がやってくる。

 あれ、ここはどこだっけ、とふと思うことがあっても、ここはいつもの場所。

 でも、どこかちがう。ここはどこかに似ている。

 大人も子どもも、犬や鳥たちも、虫たちも集まる、あの広場みたい。

 耳をすませば見えてくる。(ここの言葉の使い方がすばらしい。この歌を作った萩京子さんのセンスです。)

 目をみはれば聞こえてくる。

 耳をすます、目をみはる。

 そうすると、少しずつ、少しずつ、

 見えてくるものがある、聞こえてくるものがある。

 

 歌が生まれ  人は踊り出し

 物語がはじまる  あの広場がここに

 

 広場から たくさんの物語が生まれた。

 みんなの広場だったから ステキな物語が

 次々に生まれた。

 

 障害者は性犯罪を起こすかも知れない、などとグループホームに反対する大人がいる社会は悲しい。

 その一方で、ぷかぷかに来る子ども達はこんな物語を作った。

 

f:id:pukapuka-pan:20180405000008p:plain

f:id:pukapuka-pan:20180405000013p:plain

f:id:pukapuka-pan:20180405000021p:plain

 

 この子ども達が大きくなって、社会を担う頃、どんな社会を作るのだろうと思う。

 三枚の写真から見える物語には希望がある。

 前に向かって、私たちの背中を押してくれる。

 

 1000を超えるぷかぷか日記にはたくさんの物語が詰まっている。

 障がいのある人たちは、あれができないこれができない人たちじゃない。

 社会の負担でもなく、社会のお荷物でもない。

 社会を耕し、社会を豊かにする存在なんだ、という物語は、

 たくさんの人に希望をもたらした。

(そんな物語たちを本にまとめようと思っています。楽しみにしていて下さい)

 

 障がいのある人たちに惚れ込み、

 彼らと一緒に生きていこうと

 8年前

 一本の柱を立てた。

 柱のまわりに

 少しずつ

 少しずつ

 人が集まり

 歌が生まれ

 人は踊り出し

 物語がはじまった。

 

 

 昔 広場に一本の柱

 ここに立てよう  目には見えない柱を

 

 昔 広場に一本の柱

 ここではじまったぷかぷか  いまここで 

 

 

www.youtube.com

 

♪ いまはいつだろう  いつもの朝

  ここはどこだろう   いつも場所

 

 いまはいつだろう  いつもの夜

 ここはどこだろう  いつもの場所

 

 でもどこかちがう

 ここはどこかに似ている

 

 おとなもこどもも  犬も鳥たちも

 虫たちも集まる   あの広場みたい

 

 耳をすませば見えてくる

 目をみはれば聞こえてくる

 少しずつ 少しずつ

 

 歌が生まれ  人は踊り出し

 物語がはじまる  あの広場がここに

 

 昔 広場に一本の柱

 ここに立てよう  目には見えない柱を

 

 昔 広場に一本の柱

 ここではじまったぷかぷか  いまここで ♪

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ