ぷかぷか日記

社会の障害者排除への怒りを、私たちはもっともっと表現してもいいのではないか

9月3日のブログ

www.pukapuka.or.jp

 

でふれた「モナ・リザ」スプレー事件を起こした当事者を取材した記事はとても興味深いものでした。

digital.asahi.com

 

 スプレーを噴射したのは

「障害者だけでなく子連れの母親なども排除した。いくらなんでもひどすぎないかと怒りを感じたから」

「モナ・リザ展での私を突き動かしていたのは、障害者である自分になりたいという強い思いでした」

 

今思うこと

「気がかりなのは、出生前診断の広がりです。障害者である自分は『なぜ生まれる前に障害の有無を調べて選別しようとするのだ』と怒っています。でも女性である自分は『それでも産むか産まないかは女性にしか決められないのだ』と思います。この二つのことを、統合した一つの言葉で言おうとしても、現状ではできません。障害者である自分と女である自分が引っ張り合って、ちぎれそうです」

「障害は不幸だという価値観と、健康な子を産めという女性への圧力。」

「自分は親にとって負担な子なのだと思ってしまう瞬間は今でもあります。でもそんなときは、この苦しみは私個人の問題ではないはずだと再び考えを進めます。障害は思われているほど不幸ではないし、生まれてこない方がいい障害なんてない」

 「女であることや障害者であることは、私にとって色々なことを考えられるチャンスでもあった。そう伝えたいのです」

 

 米津さんの話を読んで、社会の障害者排除への怒りを、私たちはもっともっと表現してもいいのではないかと思いました。「それはまちがっている」「それはおかしい」と、スプレーを噴射するくらいの怒りを持ちたい。

ひろ兄ちゃんはダウン症

5年ほど前に書いたブログですが、やまゆり園事件を超える社会をどうやって作っていくのかに関して中学3年生がすばらしい提案をしているので、再度アップします。

www.pukapuka.or.jp

 「ひろ兄ちゃん」と呼べる関係があったことが、やまゆり園事件を深く考えるきっかけになったのだと思います。ひろ兄ちゃんの優しい人柄が目に浮かびます。ひろ兄ちゃんはアーダコーダ小難しいこと言わずに、事件を超える社会を作るにはどうしたらいいかを姪っ子に伝えていたのだと思います。ひろ兄ちゃんのような人こそ、社会のみんなで大事にしたいですね。「支援」といった上から目線の関係ではなく、どこまでもフラットな関係で大事にする、いっしょに生きる。

 その関係の中で、こうやって若い人達が思いを語ってくれるといいなと思います。それが新しい社会を作ってくれます。

障害者を排除している社会に抗議する彼女の行動を「犯罪」とする社会とは、一体何なのだろうか

 芥川賞受賞の『ハンチバック』に〈東京国立博物館にやってきたモナ・リザに赤いスプレーを引っ掛けようとした彼女には、少なからず共感する〉とあり、1974年に起こった「モナ・リザ・スプレー事件」を取り上げています。

       

 東京国立博物館で開かれた「モナ・リザ展」で、過度な混雑が予想されたため、主催者によって「入場制限」が設けられていました。介助を必要とする障害者や高齢者、付き添いのいない小学生未満の子ども、乳幼児連れの人(実質的には幼児のいる母親)の来場が、あらかじめ「お断り」されていました。それに抗議して「身障者を締め出すな」と叫んでスプレーを噴射した人がいました。スプレーを噴射したのはポリオの後遺症で装具を付け、右足を引き摺っていた人です。

 その場で逮捕され、後日裁判で罰金3000円が課せられました。肝心の『モナ・リザ』は防弾ガラスに保護されていたため被害はなかったそうです。

 当時の文化人を含む世間一般の男たちの反応は、「自分の容姿を評価してもらえない嫉妬から、美人の象徴とされるモナ・リザに八つ当たりしたのだろう」などというものだったそうです。『暮しの手帖』編集長花森安治は、この女性が〈モナリザにこだわりすぎている〉と述べ、漫画家の手塚治は〈とにかく嫉妬からか〉と記したそうですが、当時の社会状況がよく見えます。

 「障害者を排除している社会に抗議する彼女の行動を「犯罪」とする社会とは、一体何なのだろうか」と作家の橋本愛さんは書いています。

 「『モナ・リザ』スプレー事件」とは単なる「悪戯」だったのか。裁かれる「犯罪」だったのか。裁かれるべきは、本当にあの女性だったのか。事件を突飛なエピソードとしてのみ消費し、真っ正面から受け止めなかったこの国は、この社会とは、一体何なのか…と二松學社大学准教授の荒井裕樹さんは書いています。

 

 事件が起こったのは約50年前です。でも50年たって、障害者を排除しない社会になったのでしょうか?つい先日も、バスの中で楽しそうに独り言を言っていた浅川そらくんに「うるせー!降りろ!」と怒鳴りつけたおじさんがいました。幸いヒーローの登場でその場は収まったのですが、ヒーローが登場しなければ、そらくんもお母さんもとても辛い思いをしたと思います。

www.pukapuka.or.jp

 障害者は自分らしく生きるよりも、社会にあわせることを求められます。ありのままの障害者を認めない、ということです。バスの中は静かにしろ、と。どう頑張っても社会にあわせられない障害者もいます。そらくんを見ればわかります。

 事件から50年たっても、障害者は自分らしく生きられないままです。彼らが自分らしく生きられない社会は、私たち自身も自分らしく生きられない社会です。

 そんな中で私たちに何ができるんだろうかを話し合う集まりをやります。どうやったら彼らを排除しない社会ができるんだろうか、そんなことを話し合います。ぜひお越し下さい。

 日時 9月24日(日)9時30分〜12時

 場所 みどりアートパークリハーサル室

 やること 映画「そらくんとたからくん」の上映

 ゲスト 浅川そらくん、たからくん、お母さん

 参加費:800円 (小中学生、高校生、ぷかぷかさんは無料)

 問い合わせ、参加申し込みは高崎まで takasaki@pukapuka.or.jp

まっすぐに楽しむ彼らと一緒にいるだけでもらうものがあったように思います☺️🌸

第8期演劇ワークショップ第一回 8月26日(土)

 ぷかぷかしんぶん9月号に演劇ワークショップの簡単な報告。全体がわかりやすいです。

 

 

で、ここでは写真、映像も入れて演劇ワークショップの場の雰囲気がよりリアルに伝わるようにします。

●自己紹介 自分の名前とワンアクション みんながアクションをまねる。

 

●お題に合わせて仲間を見つけるゲーム 

  ・誕生日 ・好きな食べ物 ・色 ・好きなこと

 

●ゲーム 木とネズミ

3人組になり、2人が木のお家を作る。1人がネズミになり木のお家に入る。

「木こりがきたぞ〜」 木は切られてしまうので、逃げて別のネズミのところへ行きお家を作る。

「ネコがきたぞ〜」 ネズミは捕まってしまうので逃げて別の木のお家に入る。

「嵐がきたぞ〜」 みんな飛ばされてしまうので、新しい3人組を作る。        

   

 

   

→中には「巨人がきたぞ〜」という人がいて(このあたりがぷかぷかさんといっしょにやるワークショップの楽しいところ。予想もしない言葉が飛び出してくる。)、逃げる人もいれば逃げない人もいておもしろかった。

 

●シェイプ(体を使って形を作る)

 ・1人で花、ネコ 

 

      なぜか寝っ転がっている人も

      

 

 ・2人でコップ、割れたコップ

     

  ここにも寝っ転がっている人が…

 

 

 ・3人で三輪車、とうもろこし

     

     映画撮影のシダさんと。『Secret of Pukapuka』を作った人です。

     

今日は記録映画を作るウチダさんはじめ、フジキさんも応援に入ったので、計6台のカメラが回りました。どんな映画ができ上がるのか、すごく楽しみです。

 

 ・5人で公園

 

 

 ・7〜8人で牧場

 

●大型絵本でフレデリックの本を紹介

www.youtube.com

感想タイム

ネズミがかわいい、最後フレデリックが照れている姿をやりたい、など

フレデリックの「そういうわけさ」という言い方について

恥ずかしそうに言ったり、自慢気に言ったり色んな言い方がある

 

詩の部分をあみちゃんといっしょに歌う   

あみちゃんと歌の練習

www.youtube.com

 

休憩

 

イクミンの戦隊ダンス

www.youtube.com


サイロの写真、野ねずみの映像、野ねずみの巣の写真をみんなで見る

 

詩の中でかかりが書かれているが、どんなかかりがあるのか

                     

 

 

はるねずみ・なつねずみ・あきねずみ・ふゆねずみに分かれて、それぞれかかり決め、食べ物を運んでみよう!

まずは相談

 

はるねずみ

花に水をやるかかり、蝶々を飛ばすかかり、日向ぼっこをするかかり、居眠りしている高崎さんを起こすかかり、いちごかかり、ねずみ男かかり

    新聞紙を巻くねずみ男。どういうわけかこのねずみ男がジュースを作る。

    

 

いちごをみんなで運んで、その日の内に食べる。

余ったいちごはねずみ男にジュースにしてもらってのむ。

www.youtube.com

 

なつねずみ

海かかり、バーベキューかかり、屋台のおじちゃんかかり、花火かかり

花火を打ち上げる

www.youtube.com

 

あきねずみ

秋祭りかかり、さつまいもかかり、くりかかり、お月見かかり

月からうさぎがおりてきて、だんごを運ぶ

www.youtube.com

 

ふゆねずみ 

雪かかり

みんなで雪を降らす 

ホッカイロを運ぶ

まだ寒い

マフラーを運ぶ

みんなでマフラーを巻いてあたたまる

www.youtube.com

 

あみちゃんと歌の練習

www.youtube.com

 

振り返り、終了

 

 

参加した人達の感想

●初めての参加で緊張していたりもしていましたが、ぷかぷかさんの枠に囚われない発想に驚きました。

寝ている方、寝そべっている方、元気にかけまわっている方、いろんな方がいて、、、まっすぐに楽しむ彼らと一緒にいるだけでもらうものがあったように思います☺️🌸

屈託なく話しかけてくれる方もいて嬉しかったです。

最後にみんなで手を取り合って輪になった時に、心がじんとあたたかくなれました。

ぷかぷかさんと知り合えてよかったです。

 

●今日は、ありがとうございました 生まれ持った性格からか、 地味に地味に生きて来て、きっと表舞台に出るのはとても苦手で、人生最後までじふを表現する事はなく終えるだろうと思っていましたが、何故か運命が途中から変わってしまって、開き直りの人生がスタートしました。 そして今回演劇なる物に声を掛けて頂き、挑戦して見ようではないかと言う気持ちになりまして、初参加と言う形で、皆様に混じって、身体を動かし、唄を歌い、失敗しても構わないと言う楽な気持ちで挑みました。 その結果、とても良いあと味、これなら最後まで挑戦出来るとの感覚 (「大好き」エフェクト付きで送信しました)

 

●刺激的すぎて、消化しきれていなくて今日の時点ではうまく言葉にならないのが正直なところです。 ですが、ぷかぷかさんの自由な発想が楽しかった。ずっと笑っていた気がします。歌を覚えることに、自分の歌うことに集中したのはいつのことか思い出せないくらいでしたが、詩の意味を考えたり歌い方を考えながらみんなで声を合わせることが、とても心地よかったです。 お芝居は身体が動きませんでした。自由に即興で表現できる皆さんを尊敬の眼差しでみていました。

 

●今日はとにかく楽しかったです。ほとんど初対面なのに、以前からの知り合いのように接してくれたぷかぷかさんたちにありがとうと言いたいです。

 最初から最後まで口角が上がりっぱなしでした。仲間の面白い発言に対するリアクションが楽しいし、ファシリテーターの問いに対しての一生懸命で素直な答えにも感心しました。
「好きな事」での仲間探しの時に、「歩くこと」が好きな人探していたら、たから君が私の手を取ってくれたのが嬉しかったです。
 脳の活性化にもなりますし、これから先もどんな笑いや嬉しいことが起きるのか楽しみです。
 どんな時も相手を否定せず、時間がかかっても気長に見守って上手にリードしてくれるファシリテーターさんたちにも感謝いっぱいです。
 
●率直な感想としては…「演劇ワークショップ」と聞き、期待と不安がありましたが、想像以上に楽しい時間を過ごせました!なんとなく、気構えてしまい、普段、ついつい考えてしまう「ちゃんと上手に出来ているか」「自分はこれで良いのか」ということからは離れて、自分が今、思っていること、動きたいことに素直に行動し、表現して良いんだ!と、皆さんを見てて感じました。と同時に、とても気持ちも体も軽くなり、頭で考える(判断)ことなく、気持ちに素直に従い動けた気がします。気付くと、ずっとニコニコと笑っていた自分がいました。

 
ぷかぷかさんは、緑区役所ワーカーの頃に何回かお邪魔し、お世話になっていたので、メンバーの皆さんに久しぶりに会えて懐かしく嬉しかったです。自由な発想を持つ個性的な皆さんを、演劇ワークショップという形でまとめていくスタッフの方は大変かと思いますが、おかげさまで、皆と一緒に楽しくあっという間に過ぎた時間でした。ありがとうございました。
 
普段、凝り固まっている思考と体を解放して動けたのはとても楽しかったですが、疲れもしました。きっと、目一杯、頭も体も動いたんだと思います。
 
●●●
 さてこれから話がどんな風に展開していくのか、楽しみなところです。今回は、はるねずみ、なつねずみ、あきねずみ、ふゆねずみにわかれ、簡単なお話しを作りました。
 ♪だれがこおりをとかすの♪の歌からわかるように、空には4匹の小さなねずみがいて季節をつかさどっています。
 このねずみたちと、みんながやったねずみたちがどんなふうに関わり、どんな話を生み出すのか、演劇ワークショップはドキドキわくわくしながら進みます。乞うご期待!です。
 
 今回初めて参加した人の感想の中に
「まっすぐに楽しむ彼らと一緒にいるだけでもらうものがあったように思います」
という言葉がありました。障がいのある人というと、すぐに何かやってあげる、といった上から目線で見る関係が多いのですが、
「いっしょにいるだけでもらうものがあった」
と謙虚な感想が出てきたのはすごくよかったと思います。こういう関係が今までにない新しいものを生み出します。何が生まれるか、すごく楽しみにしています。

はるねずみがある時風邪を引いてしまい、いつまでたっても春がやってきません。

今週から始まる演劇ワークショップはレオレオニ作『フレデリック』を使って芝居を作っていきます。

                       

  とても平和なお話しなので、この絵本だけでは芝居まで持っていくのはむつかしいかなと思っています。できればフレデリックたちが、何かピンチに追い込まれるとか、といった緊張する場面がないと芝居が立ち上がりません。

 進行サイドでまだそこまでの詰めができてないのですが、たとえばこんなことが起こったらどうなるんだろうと思います。そらには四ひきの小さな野ねずみがいて、そのねずみたちの働きで春、夏、秋、冬が来るそうです。

     

 はるねずみがある時風邪を引いてしまい、いつまでたっても春がやってきません。フレデリックたちは困ってしまいます。どうする?どうする?どうすればいい?と大騒ぎ。

 あなたならどうする?と、みんなでアイデアを出し合います。こうやって演劇ワークショップが進行していきます。

 あ、おもしろそうって思ったら、ぜひ一緒にやりましょう。参加申し込み、まだ間に合いますよ。

 

www.pukapuka.or.jp

バスの中で楽しそうに独り言いってるそらくんに「うるせー」「おりろ」と怒鳴りつけたおじさんがいた

ぷかぷかに時々遊びに来るそらくんがバスの中で怒鳴りつけられた話を先日お母さんがブログに書いていました。そらくんはバスが大好きで、乗っていると嬉しくて嬉しくてつい声が出てしまいます。そのそらくんに向かって

「うるせー」「おりろ」と怒鳴りつけたおじさんがいました。

 お母さんは「すみません」と謝って「静かにしようね」とそらに声をかけているのに「うるせーからおりろ」とさらにまくし立てられました。

 その時ヒーローが現れます。

「バスはいろんな人がいるのが当たり前で、そんなにいやなら自分がタクシーに乗ればいいんじゃないですか」

 そらくんと同じくらいの年だったというので高校生くらいでしょうか。すばらしい青年です。

 おじさんは「おお、そうか。」とそれからは黙ってくれたそうですが、ずっとお母さんをにらんでいたそうです。

 そらくんは電車やバスの中で静かにする、といったことができません。そんなそらくんといっしょに生きて行くにはどうしたらいいんだろう、という問題が私たちに問いかけられていると思います。

 そらくんの声を気にしない人もいれば、迷惑だと感じる人もいます。そらくんのような人を社会から排除すれば、社会はすっきり気持ちよくなるのかどうか、むしろ、社会が許容できる幅が狭まり、お互いが息苦しくなるのではないか、といった問題がここから見えてきます。

 

 お母さんがブログに書いています。

 あなたは知らない その言葉に私がどれほど傷ついたのかを

 あなたは知らない 「うるせー」「おりろ」という以外に解決方法はいくらでもあることを

 あなたは知らない 「降りろ」と怒鳴りつけている自分がどれほど恐ろしい顔をしているのかを

 あなたは知らない 障害を持つ人を排除すれば自分がどれほど生きづらくなるのかを

 あなたは知らない そらがあなたに気を使ってそらなりに声を抑えようと頑張っていたことを

 あなたは知らない ずっとあなたを気にかけて優しく見つめていたそらを

 あなたは知らない あなたのその言動の先に「やまゆり園の事件」があることを

 あなたは知らない そう、あなたがあの事件に加担していた一人だということを

 あなたは知らない 私も息子たちもあなたに排除されていい人間ではないということを

 あなたは知らない 優しさを知らないあなたを私はとても不憫に感じていたことを

 

 お母さんがブログで提起した問題を知らんぷりすると、また同じような問題が起き、辛い思いをする人が出てきます。社会の許容範囲が狭まり、私たち自身が生きづらくなります。なによりもこのおじさんの言動の先に『やまゆり園事件』があります。なのでみんなでこの問題について話し合う機会を作ります。話し合ったからって、すぐに解決策が見つかるわけではありません。でも、話し合うことで、少なくとも一歩前に進めます。何事もまず一歩からです。

 

 9月24日(日)9時30分から〜12時 みどりアートパークリハーサル室にて、今回の問題についてどうしたらいいんだろうってみんなで話し合います。『そらくんとたからくん』の映画を見て、お母さん、そらくん、たからくんに来てもらい、わいわい楽しく話をする予定です。お問い合わせ、参加希望者は高崎まで(takasaki@pukapuka.or.jp

 

写真はにじメディア作品「そらくんとたからくん」オンライン無料配信のページより。左がそらくん。

上映会と詩のワークショップ

  先日上白根地域ケアプラザで『Secret of Pukapuka』の上映会がありました。

 映画を見たあと「詩のワークショップ」をやりました。詩を書くことでお互いの気づきを共有し、更にグループとしての詩にまとめ、それを発表します。ただ「いい映画だったね」で終わるのではなく、そこで気づいたことを手がかりに、もう少し前に進めないかな、という思いで企画しました。

 

それぞれの気づきを短い詩にします。

 

詩ができ上がったらグループの中で発表。それぞれの気づきをグループの中で共有します。

 

詩の言葉を一行ずつ切り離し、グループの中でシャッフルし、並べ替えてグループとしての詩を作ります。

 

でき上がったグループの詩を壁に貼り、みんなで声を出して読む。誰かに向かって朗読するなんてみんな初めて。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

参加した人達の感想

●ぷかぷかさんの映画は2度目ですが、見るたびに発見がありますね。詩のワークショップも、みなさんの自由な感想が聞けて、それがひとつの形になっておもしろかったです。

●ワークショップがあると、知らない方、はじめましての方と交流ができるのがありがたいです。結論がない、それぞれが何か考えるきっかけになるイベント、素敵ですよね。

●映画の中のメンバーさんが楽しそうに働いていた。パン作り、パンの販売が楽しそう。いきいき働いている姿を見てホッとする。ボーッとしているメンバーさんも、それはそれでホッとする。評価とか、地位とか関心のないことがホッとする。

●皆で自由に作った詩が、まとまったものになるとは意外だった。

●詩を作る作業が楽しかったです。

●障がいという言葉がない世界がいつか生まれますように。

●頑張らないで、楽しみたいと思います。

●映像を見て、それぞれ感じたことを言葉にしてつなげた詩から大きな力をもらうことができたと思います。自然で飾らない、ありのままの生き方を私も自分の気持ちに正直に生きていきたいと思いました。

●言葉の力のすごさを感じました。言葉にできない子どもたちに接していますが、、その子たちの心の声を言葉にしていきたいと感じました。

●人として出会う、という言葉、素敵でした。

●コーヒーの見ながら映画を見る…肩の力を抜いて、笑ってみられました。

●親も子どもも、ぷかぷかさんを知ることができて、とても力になっていることがたくさんあると思います。いつまでも、ありのままでいて欲しいです。

●相手のことを知らなくてよい環境下で、言葉を通じて自分をさらけ出すことができて楽しかった。

●できるできないにこだわっているのは、自分自身かも知れないと気づかされた。

●上映会だけかと思いきや、驚きの楽しい時間を過ごせました。

●ぷかぷかさんの様子を知りたいと思い、上映会に参加しましたが、みなさんとても楽しく生活していらっしゃる様子に感動し、障害のあるなしに関係なく、人としてどうしていくことが大切なのか見せていただきました。

●映像の内容などはとてもすばらしかったと思います。ワークショップの内容が苦手分野でした。

●特性を活かす(個性を殺さない)できることを増やす

 乳幼児期、学齢期の適切な支援による「可能性を広げる」メリットはあると思う。

●しょうがい者の方に対して見る目が変わりました。もっと知りたい。ぷかぷかに行ってみたくなりました。

●私自身も学習しょうがいをもっているので、昔皆についていくことが大変で、くろうしました。でも今回映画が見れて、楽しく色々と知れて、もっと色々な事を知り、ぷかぷかに行って、皆と話をしてみたい。ご飯食べたい。パンも食べたいです。少しずつしょうがい者の方を知っていきます。

 

 

こういうの、自分のところでもやってみたいと思った方、高崎まで連絡ください。takasaki@pukapuka.or.jp

「映画を見ると心ぷかぷかになる」って、こういうことなんだ。

 先日の『かぐやびより』の上映会に来てくれた高校生の方がぷかぷかの『Secret of Pukapuka』を見て感想を送ってくれました。

 

 

  映画を見ていると、自然に笑顔になっていることに気づき、「映画を見ると心ぷかぷかになる」って、こういうことなんだと思った、ととても新鮮な感想です。感想を送ってくれた方は大学に入って福祉を勉強するそうです。大学でどういう福祉を教えるのか知りませんが、一般的には障がいのある人達に何かやってあげる、という上から目線の福祉ではないかと思います。それよりも彼らとはいっしょに生きていった方がいいよ、そうすればみんな心ぷかぷかになって、社会全体が豊かになるよ、と『ぷかぷかな物語』を読んでもらい、『Secret of Pukapuka』を見てもらいました。で、早速感想が届いたというわけです。

 「一緒にいると心ぷかぷか」という福祉がもっともっと広がると、世の中、ゆるっとゆるんで、誰にとってももっと居心地のいいものになるのではないかと思います。

 一緒にいても心ぷかぷかにならないような福祉が、あの忌まわしいやまゆり園事件を生んだのではないかと思っています。事件後も続いた施設における虐待事件も同じです。そういうことに福祉の関係者には気がついて欲しいのですが、彼らといっしょにいて心ぷかぷかになるような経験をしたことがないのか、そういう思いがなかなか届かないようです。あんなに素敵な人達がすぐそばにいるのに、なんとももったいない話です。 

 

一緒にいると心ぷかぷか

 

『かぐやびより』上映会、あたたかい気持ちになれました。

『かぐやびより』の上映会をやりました。

 いちばんよかったことは映画に登場する大王さんが参加してくれてダイオウダンスを踊ってくれたことです。

www.youtube.com


 

 さんわーくかぐやの前理事長藤田慶子さん、大王さんをゲストにお迎えし、いろんな話をしました。藤田さん、津村監督からは映像に出ていない話とかも聞けて、とても有意義な話ができたかと思います。ダイオウダンスの歌は「ここは寝るところじゃない」と自分に言い聞かせてるのですね。こんな風に思いを表現するところが大王さんのすごいところだなと思いました。

 

参加した方の感想

●生きること、暮らすことについて色々考えさせられました。

●人がその人として生きていくこと、それぞれいろんなことを抱えながらも自分のまわりの人と関わり合いながら生きていくことの大切さを感じました。

●これだけ素晴らしい場であっても、様々な事情で来れなくなってしまう人もいる、と聞き、そういうことも踏まえながらの運営、すばらしいと思いました。

●支援する、される、というよりは、様々な立場の人たちがお互いに支え合って生きていける場があることが大事だと思いました。

●先日、かぐやに伺ったので、あーあそこだー、あー前田さんだー、あの階段、急なんだよなー等、点と点が線になった気がしました。「一人の人としての暮らし」がそこにあり、でも、それを継続することには並々ならぬ想いと努力があるのだと思います。藤沢市民として感謝すると共に、私も微力ながらお力添えができたらとあらためて思いました。「人が人として当たり前に幸せに生きるとは」これからも考えて、行動していきたいです。

●大王さんが本名だということを知れたのが嬉しかったです!!ダンスも!

●参加されたみなさんの感想にも共感しました。高崎さんのお話もうなずくばかりでした。クレームの話、続けることで見てくれる人は見てくれる、と励まされました。(ぷかぷかを始めた当初、声がうるさいだの、目障りだのとクレームがたくさん来ました。それでもこの人たちといっしょに生きていくことが大事、彼らは社会を豊かにしてくれる、とずっと言い続けました。結果、ぷかぷかしんぶんを配布中団地の中で迷子になった人がいた時も、「私が見ててあげるから迎えに来て下さい」と電話をくれた人がいました。)

●かぐやのみなさんの日常が自然に映し出されていて、あたたかい気持ちになりました。どんな生き方をしても、人は人として生きていく。そして生がある限り続く。様々な体験をして人は寛容になり、成長していく。利用者さんの言葉もじーんと心に響く純粋な言葉でした。ユーモアあり、ぷっと笑ったりで、楽しく考える映画でした。

●いろいろな生き方があるなぁ、と感じました。自分も、もうすこしゆるく生きた方が、関わる人も幸せにできるのかなと考えながら見ました。

●あったかい気持ちになれました。映画に登場する人達と、今まで出会った人達が重なって、初めて見る人達には思えませんでした。特にドラマもないのですが、心が奮えるよい映画でした。

●大王さん、当事者さんたちのダンス、よかったです。楽しかったぁー。交流があってよかったです。

●ひとりひとりをそのまま受け入れているかぐやの空間のあたたかさ、ほっと感が映像を通して伝わってきました。

●みんなでいい一日を作っていこう、という高崎さんの言葉、一人ではなくて、みんなで、という空間。今の社会で必要だなと感じました。

●親御さんが疲弊されているという話、一人の親として想像以上の大変さが伝わりました。

●かぐやは素敵な場所で、行ってみたくなりました。本当の家族だと思いました。

●ひとりひとりが一生懸命生きているのが伝わりました。

●ひとりひとりの方と向き合って、居場所を大切にされている様子に心をうたれました。それぞれが持っている「魅力」が引き出されていて、よかったです。

●あまり知らない世界でしたが、映画を通して知ることができてよかった。

●かぐやの場や人の温度感まで伝わってくる映画でした。かぐやに行ってみたくなったし、大学に行ってコミュニティについて学びたいと思っていた気持ちがより強まりました。

●お金のことを考えなくてよければ、いろんな人が集まり、仕事をして、食べて、歌って、踊って、幸せな暮らしに見えました。

●映像を操作しないで、素材だけ提供して、見る人に考えてもらう、という監督の制作意図がいいと思いました。

●みなが尊重される、こうしたゆるやかな場がもっとあるといいと思います。大王さんにお会いできて嬉しかったです。

●かぐやのみなさんのありのままの様子を拝見できて、とても感動しました。ぜひ今度はお伺いしたい、何かボランティアとしてお手伝いできたらと思いました。

●とても素敵は映画イベントに参加させていただき、感謝感激です。

 

いい映画見ました、で終わるのではなく、今日の気づきをぜひそれぞれの暮らしの場で生かして欲しいと思います。色々大変なことはあります。でも大変なことは、あなたを磨きます。ぜひトライして下さい。

「今日はいいかぐやびよりでしたね」そんな会話が交わされるような社会にしていきたいですね。

 

 

彼らと人として出会う人権研修会

 人権研修会、というと、人権に関するさしておもしろくもない話を聞かされ、それを元にグループで話し合ったり、というのが一般的です。

 同じやるならもっと楽しくて、新しい気づきがあって、何よりも彼らと人として出会えるような人権研修をやりたいと考えたのがぷかぷかさんとのワークショップによる人権研修会。

すごろくワークショップによる人権研修会

www.pukapuka.or.jp

その時の映像

www.pukapuka.or.jp

 

演劇ワークショップによる人権研修会

www.pukapuka.or.jp

その時の映像

www.pukapuka.or.jp

 

ぷかぷかさんたちと一緒に笑ったり、手をつないだり、一緒にポーズをとったり、ということが大事。

彼らと人として出会うこと、それが人権研修会だと思います。

 

あ、おもしろい、うちでもやってみようかなと思われたら高崎まで連絡ください。

    takasaki@pukapuka.or.jp

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ