ぷかぷか日記

自分の人生を彩り豊かにしてくれた

『Secret of Pukapuka』を見た方から素敵な感想が寄せられました。

●●●

ぷかぷかさんの映画視聴いたしました。
本当素敵な映画でした。
印象に残ったシーン、、、、
○谷川俊太郎さんの作品に取り組んでいる皆さんの緊張とキラキラした表情、
○具材がごろごろのピザ、
○心に響くチェロの音、ダウン症のお子様のお母様のお話、(泣いてしまいました)
○地域との皆さんとの交流、日常、、、

私は音大を出てピアノの先生をしています。
大学生の頃まで障害を持った方々と接した事はなかったのですが、たまたまNHKスペシャルで
障害児が生き生きとピアノを弾いている番組を見て、衝撃を受けました。
若かった私は勢いでNHKに電話して、その子たちを指導している先生の連絡先を聞きました。
その後レッスンを見学させていただき、縁がありダウン症の男の子をピアノ教えることになりました。私にとっては本当に世界が広がった時でした。
その子とはピアノだけでなく一緒にデートしたり、ご家族との交流、そこからご縁をまたいただき障害の子を今何人か教えています。
最初に教えたダウン症の子とは20年付き合いました。毎週会うわけですから親戚以上です!
その子からは本当にいろんなことを学ばせてもらいましたし、人としても尊敬していました。優しくて、面白くて、気遣いが出来て、、、
3年前その子が34歳で癌になり亡くなりました。
亡くなる1週間前まで普通の生活がしたいと本人の強い希望で酸素呼吸器つけたままレッスンに来てくれた事が本当に懐かしいです。最後は連弾でとなりのトトロを弾きました。
長々と書いてしまいましたが、障害児との出会いがそのテレビであったからこそ私の人生は彩り豊かになり、また私の関わる人たちまで障害について自然に理解してくれ(私の生徒たちもみんな障害の子に優しいです!)縁が広がっているように思います!
ですから今回のこの映画は、若かった私の胸に響いたように、若い世代たちの子がたくさん観てくださるといいな!!と思ってしまいます!

本当にぷかぷかの皆さんはぷかぷかという場所があって幸せですね!!!

周りの方々に映画勧めます!

 

●●●

 

 障がいのある子どもたちとの出会いが、自分の人生を彩り豊かにしてくれた、というところがいいですね。そんな風に語る人がもっともっと増えて欲しいです。そうすれば社会全体がもっともっとお互い生きやすいものになる気がします。

 そういう意味でも、あちこちにある福祉事業所が「支援」という上から目線ではなく、フラットな関係で障がいのある人達と向き合うようになれば、社会はもっともっと豊かになる気がします。上から目線の果てに虐待をするなんて、あってはならないことです。

   障がいのある人達を虐待をするような人生ではなく、彼らと一緒に彩り豊かな人生こそ生きていきたいものです。

 

★『Secret of Pukapuka』見たい方、高崎まで連絡いただければギガファイル便で送ります。見ていただいて「おもしろい!」って思われたら、ぜひ自分の住む町で上映会やってみて下さい。たくさんの出会いがあります。たくさんの気づきがあります。世界がグ〜ンと広がります。日程が合えば私も参加します。一緒に障がいのある人達を巡っていろんな話をしましょう。

 連絡先 takasaki@pukapuka.or.jp

いい映画を見てきました

 いい映画を見てきました。『かぐやびより』という映画です。

 障がいのある人達がいっぱい登場するのですが、福祉の匂いが全くしません。ただただ人への愛おしさがあふれています。愛がてんこ盛り!って感じ。だからみんな幸せ。みんなの日々が輝いてる。

 その幸せ感がビリビリ伝わってきて、こういうことこそ大事だよな、とあらためて思う。

 それと、あたりに漂うなんともいえない泥臭い雰囲気。これがものすごくいい。気持ちがふわっと安らいで心地いい。今、社会に必要なのは、この雰囲気だよな、と思う。

 私たちが見落としてきたもの、福祉が取りこぼしてきたものが、この映画にはいっぱいある。ぜひ見て下さい。小田急鵠沼海岸駅近くの「シネコヤ」という小さな映画館で19日までやっています。

 

 虐待で騒がれている施設の職員はこの映画をしっかり見た方がいい。虐待をする施設と何が違うのか、何が施設で抜け落ちているのか、映画を見ながら自問して欲しいと思う。

 

www.youtube.com

さんわーくかぐやのホームページ

www.sunwork-kaguya.com

 

小田急鵠沼海岸駅近くの「シネコヤ」という小さな映画館で上映中。19日まで

cinekoya.com

またまた満額回答

ヨコハマアートサイトの申請した演劇ワークショップの助成金、126万円の満額回答でした。

 

 選考委員会より

 「課題への深い理解があり、当事者の思いをアートを通して社会にひらく活動として評価します。個人の問題から普遍的な問いが表出することを期待します。事業再掲へ向けて満額回答とします。」

 

 演劇ワークショップは当事者の思いを芝居を通してストレートに伝えます。ワークショップの進行は演劇ギルドの人達ですが、でき上がった舞台の進行はぷかぷかさん達です。最後のリハーサルから先は、もう彼らにすべてをまかすのです。彼らの思いがそのまま爆発します。解き放たれたような彼らの姿を見て下さい。

 

 審査のポイント

【芸術性】芸術的要素に対象活動項目の推進を期待できるか。

 

 障がいのある人たちといっしょに生きていった方がいい、その方が社会が豊かになる、と言葉でいろいろ語っても、それが伝わっているかどうかはよくわからない。生きるというのは、極めてリアルなことであり、その生きるリアルを通して伝えるのがいちばんいい。そういう意味で、芝居というのはいっしょに生きる理由と、その結果何が生まれるのかを伝える手段としては、言葉よりもはるかに優れていると思う。何よりも参加した人たち全員が、芝居作りを通して、ごく自然に、いっしょに生きていった方がいい、ということを身体で納得できる。

 

ぷかぷかさんのアートが伝えるものは、社会の価値観をひっくり返すほどのものを持っている。このアートを見ると、彼らはもう「あれができないこれができない」人達ではない。新しい文化を作り出す人達だ。

 

 

【地域共働】地域との連携・協力関係、または地域への貢献に期待できるか。

 

 地域の人たちといっしょに広場の真ん中に見えない柱を立てる。「障がいのある人たちといっしょに生きていこうよ」っていう柱。小学生のナナちゃんのかけ声で、ヨイショ、ヨイショ、とみんなで柱を立てた。

 

 

【将来性】実地活動により、活動または地域において将来的な発展や成長が期待できるか。

 

 第4回表現の市場。チラシの裏には相模原障害者殺傷事件への思いを書いた。事件は障がいのある人たちの全面的な否定。それに対して表現の市場は障がいのある人たちの全面的な肯定を舞台で表現するもの。

 栃木県で農業をやっている上野さん(ぷかぷかのライ麦パン、お昼ごはんのいろいろ米は上野さんの作品)はそのチラシの裏を読んで、これは行かねば、と思ったという。お話を聞くと、事件のあと、みんな障害者を「守る 」と言っているけど、結局は「囲い込む」わけで、彼らを「生かす」なんてことは全く考えていない。それを考えると、表現の市場でやっていることは彼らを全面的に生かすというか、積極的な「攻め」ですよね。それがいいと思ってきました。

 こういう舞台を見ることで、障がいのある人達を見る目が明らかに変わってきた。

 

【実現性】経験・技術・人材など事業実現のためのリソースを有し、具体的な計画があるか。

 

 演出の攝さん(演劇デザインギルド)と打ち合わせしながら舞台の準備

 

 本番の3日前からホールを貸し切り、舞台監督のナルさん(演劇デザインギルド)を中心に舞台を作っていく。

 

 このシーンを作るために、演出家、ピアニスト、パーカッション奏者、フルート奏者、舞台監督が見守る。

 

 

【収支バランス】適正かつ実現可能な収支予算か。

 

 いろいろ切り詰めて、総額252万円の事業。その半額の126万円の助成金をもらえることになったのだが、残りの126万円をどうやって作り出すか。思案のしどころ。

 

【地域性の把握】地域の課題や魅力など地域性を把握しているか。

 

 3年ほど前すぐ隣の区で障がいのある人たちのグループホーム建設の反対運動が起こった。行政の強い力でグループホームは建ったものの未だにまわりに建設反対ののぼり旗が立っている。それを記録したドキュメンタリー映画には説明会で飛び交うすさまじいばかりの怒号が記録されている。

 障がいのある人とちゃんとおつきあいもせず、ただの思い込み、偏見だけで、地域社会の安全が保てないだの、子どもが危ないだのと言い立てる。そうやって障がいのある人たちを地域社会から排除して、快適な社会が実現できるのだろうか。社会がどんどん貧しくなっていく気がする。

 そんな中でぷかぷかは「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ」「そうすることで社会は豊かになる」というメッセージを発信し続けている。ぷかぷかの活動を通して障がいのある人たちと出会う人が増え、地域社会が少しずつ変わってきている。

 

 

 今期の演劇ワークショップは6月18日(土)スタート、6ヶ月かけて芝居を作り、11月27日(日)の午後にみどりアートパークのホールで発表します。ぜひ見に来て下さい。

 芝居作りの進行状況は毎回ブログでまとめますので見て下さい。Facebookにリンクを張ります。

「あ、今日もいい笑顔だね。」

先日の虐待の記事が気になって、また書きます。

digital.asahi.com

 

「虐待通報すべし」とした5事案として次のようなものが揚げられていました。

 ・服薬用の水などに塩や砂糖が入れられた(身体的虐待)

 ・利用者の肛門(こうもん)にナットが入っていた(身体的虐待)

 ・利用者に数百回のスクワットをさせた(身体的・心理的虐待)

 ・職員の粗暴行為で、利用者が頭を打ち失神した(身体的虐待)

 ・利用者の食事に多量のシロップをかけて食べさせた(身体的・経済的虐待)

 

 いずれも気分が悪くなるような事案で、ふつう人間はこんなことはしません。こういうことはしないのが人間です。

 介護の現場にいるのは人間のはずですが、虐待の実態を見る限り、そこには、もう人間を感じることができません。

 

 厚生労働省が「障害者福祉施設等における障害者虐待の防止と対応の手引き(施設・事業所従事者向けマニュアル)」というのを出しています。人間が人間でなくなっている現場で、こんなマニュアルがどれだけ役に立つのだろうかと思います。現場の荒廃のレベルの認識が甘いのではないかと思います。虐待の現場になっている神奈川県でさえ、このマニュアルを県のホームページに揚げています。こんなことやって虐待がなくなると本気で思っているのでしょうか?

https://www.pref.kanagawa.jp/documents/22574/saishin.pdf

 

 重度障がいの人たちを相手にする現場がどうしてこんなにもすさんでしまったのか。そのことにきちんと向き合っていかない限り、虐待はいつまでたってもなくなりません。向き合ってないからこそ、あのやまゆり園事件以降も、一向に虐待がなくならないのだろうと思います。

 

 事件の直後から「支援」という上から目線こそが事件を引き起こしたのではないかと私は言い続けています。虐待の事件を受けて、あらためて、相手を蔑むところから出発している「支援」という関係の問題性を思います。

 相手を蔑むことは、蔑む側の人間の荒廃を産みます。こいつらには何やっても許される、みたいな…

「利用者の肛門(こうもん)にナットが入っていた」などという事例は、その際たるものです。人間のすることではありません。これはもう「虐待」といったレベルではなく「犯罪」です。どうして「犯罪」として追求しないのでしょうか?ここにも社会の大きな問題があるように思います。

 

 

 福祉の現場で「人間を回復する」「人の心を取り戻す」、そのためにはどうすればいいのか。

 いつも書いていることですが、障がいのある人達と「フラットにつきあう」「ふつうにつきあう」ことです。

 

 東北の花巻に住んでいる大好きな青年達です。昨日お母さんのFacebookにこんな素敵な写真がアップされていました。見ただけでキュンと幸せな気持ちになってしまいます。

 二人ともアンジェルマン症候群といって、重度障がいの青年達です。重度障がいなので、何もできないのかというと、そんなことはなくて、こんな素敵な顔をして、まわりの人たちを幸せな気持ちにさせてくれます。私には絶対にできないことです。彼らにしかできないことなのです。そのことを謙虚に認めることから、彼らとの新しい関係が生まれます。

 こんな笑顔をする人は街の宝だと思います。社会の中で一番大切にしたい人たちです。

 

 施設にはこんな笑顔をする人はたくさんいるはずです。そんな笑顔を見つけた時、

「あ、今日もいい笑顔だね。」

って笑顔で言える関係を作ること。それが虐待をなくす、一番大事なことだと思います。そして楽しいことがあった時は、一緒にこんな笑顔になる。楽しいことを彼らと共有するのです。

 彼らと一緒に本心で笑えるようになった時、失った「人の心」が戻ってきます。重度障がいの人たちが、失った「人の心」を取り戻してくれるのです。

素の自分で立つ

 看護学校で授業をやってきました。精神看護学という15時間ある授業の一コマで「障害者が地域で暮らしていく」というテーマで話をしてきました。

 こんなテキスト使っていました。

         

 

 前半は『Secret of Pukapuka』を上映し、就労支援という障がいのある人達の日中活動の場について簡単に話をしました。就労支援といいながらも、ぷかぷかはどちらかといえば彼らに支援されることが多いです。彼らがいなければ、何の面白みもないただのパン屋であり、お惣菜屋です。

 彼らがいるからこそ、日々いろんなおもしろいことが起こり、おもしろいものが生まれます。映画『Secret of Pukapuka』もそこから生まれました。いっしょに生きることの価値がよく見えます。

 

 後半は映画「不安の正体」を手がかりに、ここでは何が問題か、どうすればいいのかを自分で考えてもらいました。自分がケアしている当事者の方が、親から自立してグループホームに入ろうとします。ところがグループホーム建設反対運動が起こっていて、建設がストップしてしまいました。精神障害者が来ると、地域の安全が保てない、と。精神障害の人への偏見が露骨に出ています。

 当事者の方は困ってしまって、あなたのところに相談に来ました。どんな言葉をかけますか?何をしますか?という問題を出しました。受講したのは80名。前から奇数列の人が後ろを向き、4人ずつのグループを作って話し合ってもらいました。

 こういう問題は多分教科書を見ても答えはありません。自分で考えるしかありません。みんなでああでもないこうでもない、と話し合っていました。なかなか答えが見つからなくて困った人達もいました。地域の人達が持っている偏見とどう向き合うのかを真剣に話し合ったグループもありました、地域の掃除をしたらいい、と素晴らしい意見を言った人もいました。

 学生さんたちは医療従事者として精神障害の人の前に立ちます。そのための勉強をしています。でも社会に出れば、今回のように教科書にないことがいっぱい出てきます。そうすると医療従事者として精神障害の人の前に立てません。医療知識を取っ払った素の自分で立つしかありません。悩んで悩んで悩み抜くこと、困って困って困り切ること。その時ようやく当事者の方の悩み、痛みを自分のこととして考えられる気がします。人に寄り添う、というのはそういうことだと思います。ほんとうのケアがここから始まります。

 

自分の人生を堂々と

 障がいのある子どもが家の前を通った女性に窓から声をかけただけで警察に通報されたという話を読みました。

ameblo.jp

 え?こんなことで通報するの?とびっくりしましたが、考えてみれば、こんなことで通報するくらい障がいのある人達とのおつきあいがない、という悲しい現状なのだと思います。映画『不安の正体』と、根っこは同じ問題だろうと思います。障がいのある人達とのおつきあいがないことで起こる問題です。

お母さんは

「とりあえず窓には開かない鍵をかけました。」

と書いていましたが、そうすることで当面今回のようなトラブルは起きないとは思いますが、問題はそのままです。そのままというのは、またどこかで似たような嫌な問題が起きる可能性があるということです。

 なによりも、地域で縮こまって生きるのは、親も子どもも辛いですよね。窓を思いっきり開け放って、けいくんの人生を堂々と生きていった方がいい。

 そのためにはどうしたらいいのか。

 今回の問題の原因は、地域の人が障がいのある人とおつきあいの機会がない、ということにあります。ふだんからけいくんのこと知っていれば今回のようなことは起きませんでした。

 ならば、けいくんのことを知る機会を作ればいいと思います。まずは、けいくんの魅力をどんどん発信しましょう。ブログだけでなく、Facebook、Instagram、Twitterなどのほか、ネットにふれない人のために紙で「けいくんしんぶん」を作って地域に配りましょう。けいくんの魅力満載のしんぶんです。警察にも持っていきましょう。警察沙汰にもなりましたので、ぜひ警察からも配って下さい、とお願いしましょう。

  下記のような感じの楽しいしんぶんを作りましょう。けいくんに絵を描いてもらいましょう。タイトルもけいくんに任せましょう。

            

 けいくんと毎日散歩しましょう。歩くことでけいくんのことを知ってもらうのです。お父さん、おじいさんにもいってもらいましょう。散歩しながらすれ違う人達に「けいくんしんぶん」を手渡します。近所の家にポスティングします。とにかくけいくんのことを知ってもらう、けいくんの魅力を知ってもらうのです。

 けいくんの家で地域の人を呼んでお好み焼きパーティとかたこ焼きパーティー、餅つき大会等、楽しいイベントをいろいろやりましょう。けいくんのことを直に知ってもらうのです。

 公民館などを借りて、『Secret of Pukapuka』の上映会をやるのもいいかなと思います。障がいのある人といっしょにいると心ぷかぷかになることを地域の人達に知ってもらうのです。

 けいくんの魅力を発信し続ければ、けいくんの魅力にたくさんの人が気づいて、「けいくんが好き!」って言ってくれるファンもできます。けいくんのファンクラブができるかも知れません。けいくんの魅力をみんなで語りあう「けいくんファンクラブ」の集いができたりしたら最高です。地域社会は確実に変わっていきます。

 けいくんのおかげで、地域社会が豊かになっていきます。

「こんにゃくざのおんがくかい」は、聞く人が昨日までの自分とは違う自分に出会うきっかけを作ります。

 ぷかぷかさんと地域の人達で楽しんだ先日の歌のワークショップ。みんなででんしんばしらになって、歌いながら歩いた「月夜のでんしんばしら」はすごく楽しかったですね。でんしんばしらになって、ドッテテドッテテって言いながら歩くと、宮澤賢治の世界を生きた気分。宮澤賢治って、こういう世界を生きてたんだ、って思いましたね。

 にしても、みんなをあそこまで動かす「歌のチカラ」。すごいですね。

 障がいのある人達と地域の人達が、こんな風に楽しい時間を一緒に過ごせたことがすごくよかったと思います。盛り上げてくれた歌役者さん達に感謝!

www.youtube.com

 

 5月22日(日)川崎アートセンター アルテリオ小劇場で行われる『こんにゃくざのおんがくかい』でもこの歌が歌われます。楽器が入り、すごい迫力です。

 『こんにゃくざのおんがくかい』は、ひとつひとつの歌に物語があり、聞く人を楽しい物語の国に連れて行きます。ひとときの夢の世界を楽しんで下さい。オペラ『ロはロボットのロ』でココの役をやった飯野薫さんが出ます。

www.youtube.com

 

 5月21日(土)はオペラ『タング』をやります。

www.youtube.com

 

 歌は素敵な物語。この『白いクレヨン』を聞くと、そのことがよくわかります。わくわくするような物語、さぁ、聞いて下さい。

www.youtube.com

心と体を開く

 先日「不安の正体」の上映会をやりました。精神障害の人達との直接のおつきあいのないところでの偏見、先入観が「不安の正体」なのですが、それを解消するにはお互いの出会いの機会を作る、一緒に楽しいことをするのがいちばんだと思います。ところが実際にそういうことをやろうとすると、また別の問題があることがわかりました。当事者の方が地域の人たちといっしょに楽しいことをやることをあまり望んでいない、というのです。

       

 区役所で精神障害の人達の定期的な集まりがあるから娘さん(当事者です)もよかったらどうぞ、とその案内のチラシをもらったのですが、娘はちらっと見て無言でパス。チラシを見ると中身があんまりおもしろくないのですね。楽しそうな企画が全くなく、よくある映画鑑賞とか音楽鑑賞とかで、娘がパスするのも、ま、しょうがないなという感じ。

 で、区役所まで、もうちょっとみんなが楽しめるものにした方がいいんじゃないですか、と提案しに行きました。

「なかなかむつかしいですね」

「お試しに私に一回任せませんか?地域の人が見ても、あ、おもしろそう、ちょっと行ってみようかなって思えるような企画をしますよ」

「当事者の人達は自分の障がいを人に知られたくないと思っているので、内輪だけの集まりです。」

「自分の障がいを人に知られたくないという気持ちはわかりますが、障がいを含めての自分というものを考えた時、障がいを隠す、というのは自分の一部を隠すことであり、自分に正直に生きられないというか、生きることが辛くなる感じがします。障がいを含めての自分を、もっと堂々と生きていった方がいいような気がします。話しやすい雰囲気を作り、まず自分を語ることをやりましょう。日々辛いこと、楽しみにしていることなど、いろいろ語りましょう。内輪の集まりでそれに慣れたら、今度は話をわかってくれる人を呼んで、その人の前で自分を語る、というのをやってみましょう。ワークショップはそういったことがやりやすい雰囲気を作ります」

「そうですか、では少し検討させて下さい。」

 この場をオープンにするのはかなりガードが堅いですが、その日の打ち合わせの感じでは、少し可能性が見えた気がします。時間がかかりそうですが、とにかくおもしろい企画を提案し、みんなが集まりを楽しみにしてくれるようになれば、状況は変わってくると思います。

 

 たとえばこんな詩をみんなで朗読するワークショップもやってみようかなと思っています。長田弘さんの詩です。一人で黙って読むのではなく、誰かに向かって声を出して朗読します。

 

 自分の手で、自分の

 一日をつかむ。

 新鮮な一日をつかむんだ。

 スのはいっていない一日だ。

 手に持ってゆったりと重い 

 いい大根のような一日がいい。

 

 それから、確かな包丁で

 一日をざっくりと厚く切るんだ。

 日の皮はくるりと剥いて、

 面とりをして、そして一日の

 見えない部分に隠し刃をする。

 火通りをよくしてやるんだ。

 

 そうして、深い鍋に放りこむ。

 底に夢を敷いておいて、

 冷たい水をかぶるくらい差して、

 弱火でコトコト煮込んでゆく。

 自分の一日をやわらかに

 静かに熱く煮込んでゆくんだ。

 

 こころさむい時代だからなあ。

 自分の手で、自分の

 一日をふろふきにして

 熱く香ばしくして食べたいんだ。

 熱い器でゆず味噌で

 ふうふういって。

 

 誰かに向かって声を出して朗読すると、詩がムクムクと生き始めます。心が元気になります。そういったことをいろんな人達と共有します。そんなワークショップをやっていく中で当事者の人達の心と体が自由になるといいなと思っています。そんな中で地域の人達とも出会ってもらえれば、生きる世界がぐんと広がります。

 朗読を通して自分を語る、表現する。そこから新しい世界が始まります。

みんなでスパイス体操

先日ぷかぷかさんと地域の人達で、オペラシアターこんにゃく座の歌役者さんをお呼びして「歌のワークショップ」をやりました。オペラ『タング』の中のスパイス体操をみんなでやったのですが、みんなノリノリでした。

www.youtube.com

 ぷかぷかさんたちは一応障がいのある人たちですが、そういった人達を意識するとか配慮するといったこともなく、当たり前のように一緒にこういうことやる、というのがいいですね。これが『共生社会』であり、『ともに生きる社会』だろうと思います。

 あーだこーだのややこしい話なんかしなくても、その気になればこんな場はすぐにできます。みんなが「あ、おもしろそう!」って思えるものを自分で企画するのです。これがすごく楽しい。

 

 オペラ『タング』についてはこちら

www.pukapuka.or.jp

オペラ『タング』を見に行こう

オペラ『タング』の稽古風景です。こんにゃく座の言葉へのこだわりがよくわかります。こういう細かなこだわりの積み重ねで、あの素晴らしいオペラができ上がっているのだと稽古を見ながらあらためて思いました。

www.youtube.com

 

 オペラ『タング』は5月21日(土)川崎市アートセンターアルテリオ小劇場で公演。先日ぷかぷかさん達と一緒にやった『歌のワークショップ』に来てくれた歌役者さんが出ます。

 

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ