ぷかぷか日記

「重度障害者ですが、なにか?」

「重度障害者」というと、知らない人にとっては、何もできない人たちで、その生活もすごく大変だろう、と思ってしまいます。

 でも、そこにはあたたかな人の暮らしがあります。

yomidr.yomiuri.co.jp

  ブログに

 《 初公判前に、犠牲になった娘の実名を公表した遺族の手記を読むと、障害のある子を家族が支えてきたというのは、ただの一面でしかなく、その子の存在によって家族の人生が支えられてもいたのだと改めて思う。人間の価値を、何か単純な指標で輪切りにすることはナンセンスなのだ。》

 と、ありますが、ほんとうにその通りだと思います。重度障害者だから何もできない、ではなく、家族の人たちも、まわりの人たちも、その人に支えられています。

 何よりも、その人のいるまわりがあたたかい。上記のブログもなんともあたたかい家庭が見えてきます。もちろんいろいろ大変なことはあります。それでも尚、そういったことを超えるあたたかさがあります。

 

 映画『道草』を見て感じるのは、この「あたたかさ」です。重度障害者といわれる人たちが作り出すなんともいえない「あたたかさ」がこの映画にはあります。この「あたたかさ」こそが、彼らが社会に必要な理由だと思います。

 黙々と自分たちの生き方を貫き、それを受け入れる人たちがいます。そこにはホッとするような「あたたかさ」が生まれます。息苦しさが増すばかりの社会にあって、ここには希望を感じるのです。

 

 「重度障害者ですが、なにか?」

 それを背中に貼り付け、彼らと一緒に黙々と歩いて行こう。パンツの絆でつながる父と子のように。

 これが私の生き方。なんて書くとかっこいいですが、何のことはない、こっちの方が「トク!」って思うだけ。昔、殴られても蹴られてもしのちゃんが大好きだったように。しのちゃんは強度行動障害でしたね。「でも、それが何か?」って感じ。好きなものは好きなんだから。「だって、しょうがないじゃない」

 

 2月22日(土)午後1時から青葉公会堂で『道草』上映します。

 チケットはこちらから

peatix.com

f:id:pukapuka-pan:20200212173209j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212173303j:plain

 

道草ホームページ

https://michikusa-movie.com

2月29日(土)は福岡の大名クロスガーデンへ

2月29日(土)午後1時から福岡の大名クロスガーデンで簡単なワークショップ、『Secret of Pukapuka』の上映、トークセッションをおこないます。ワークショップは心と身体をちょっと自由にします。ゆるっとなったところで映画を見て、みんなでわいわい話をします。

 トークセッションは平良民枝さん(平良バプテスト教会)、田中美佳さん(Togatherland https://peraichi.com/landing_pages/view/togatherland)、吉川貴子(特別支援学校教員)さん、それに高崎の4人でやります。話がどんな風に展開していくのか、その場になってみないとわからないのですが、いずれにしても、ぷかぷかが今いろいろ創り出している新しい価値が、社会の中でどんな意味を持つのか、どんな風に社会を豊かにするのか、といった話になれば、と思っています。

 ぜひおいで下さい。トクする話がいっぱい!

 問合せ・申込 kankanzosan@gmail.com 090-5987-2244 吉川 

(大名クロスガーデン)

zosanzosan.hatenablog.com

zosanzosan.hatenablog.com

「ぷかぷかさん」という言葉

 先日の朝日新聞に載った投書です。 

f:id:pukapuka-pan:20200216135204j:plain

 

 6年前、第1期の演劇ワークショップの記録映画ができたとき、制作した宮沢あけみさんと、ぷかぷかで働く障がいのある人たちの魅力を語りながら、彼らのこと「障害者」っていうのはおかしいよね、映画のタイトルにも使った「ぷかぷかさん」て呼びたいね、みたいな話をしたことがあります。

 その時は今みたいにみんなが「ぷかぷかさん」て呼んでなくて、どこまで広がるかなぁ、って心配していました。それが今や「ぷかぷかさん」という言い方がすっかり定着しています。

 何でだろうな、と考えたときに、この投書に答えが書いてありました。

《 その壁は私たちの心の中にもあります。そんな壁をすべて取り除いたとき「しょうがい者」という言葉は要らなくなり、ぜんぜん違う言葉になるかも知れません。》

 この、ぜんぜん違う言葉が「ぷかぷかさん」ではないかと思いました。ぷかぷかにかかわる人たちの心の壁が取れているのだと思います。

 投書の最後に

《 そういう社会になって欲しいですね 》

とありますが、「ぷかぷかさん」という言葉が、ここまで定着したのは、そういう社会がぷかぷかのまわりには実現しているからだと思います。みんなが彼らのこと「障害者」って呼ぶのはおかしい、と感じているからです。

 それはどこまでも、ぷかぷかさん達が毎日せっせと地域社会を耕した結果です。本当は社会自身が変わるべきところを、彼らに耕していただいて変わることができたのだと思います。ここを謙虚に受け止めていきたいですね。

 

 これが「ぷかぷかさん」!

f:id:pukapuka-pan:20200216152025j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200216152211j:plain

 

 このことについては以前にもブログを書いています。

www.pukapuka.or.jp

 

 「ぷかぷかさん」という言葉のきっかけを作ってくれた第1期演劇ワークショップの記録映画『ぷかぷか』、機会があればぜひ上映会を企画して下さい。2時間11分の長い映画ですが、ワークショップの心地よい世界にどっぷりつかることができます。

 こんな感想が集まりました。

www.pukapuka.or.jp

上映についてのお問い合わせは

www.pukapuka.or.jp

 

「ぷかぷか人権研修会」の映像ができました。

 青葉区役所の人権研修会の映像ができました。

 

 人権研修会というと、人権問題に詳しい方が来て、難しい、硬い話をして、聞く方は半分くらいは寝ていて、それでも人権研修会やりました、ということで終わってしまうケースがほとんどだと思います。参加した人は、ただ人権についての話を聞いたというだけで、何も変わりません。

 様々な人権問題を少しでも解決しようという目的で開かれているはずなのに、こんな研修ではほとんど意味がありません。

 じゃぁ、どうしたらいいの?というところで提案したのが、この「ぷかぷか人権研修会」です。

 

 たまたま隣の区で障がいのある人たちのグループホーム建設に反対する運動があって、新聞に取り上げられていました。人権研修の前に、その新聞記事のコピーを配り、もし自分の家のそばにグループホームが建つことになったらどう思いますか?という質問をし、自分の思いをメモして当日持ってきてもらいました。当日の人権研修がどういう意味を持っていたかを、そのメモを見ながら考えてもらうためです。

 こういう人権問題についてきちんと「自分事」として考えることが人権研修会です。「一般論」で考えるのではなく、「自分事」として考えることが大事です。「私にとって、これはどういう問題なのか」「どういう意味を持つのか」「それを自分で考える」ということです。

 ただ考えるだけでなく、この問題を解決するにはどうしたらいいのかの具体的なヒントを提供するのが「ぷかぷか人権研修会」です。あーだこーだ話し合って、「難しい問題だね」で終わるのではなく、その先へ進むにはどうしたらいいのかをぷかぷかは提案します。

 

 この映像は、その提案の記録です。まぁ、見てください。 

https://www.youtube.com/watch?v=1e-jt5T9N_Q&feature=youtu.be

 

 人権研修会について書いたブログです。

www.pukapuka.or.jp

 

 ぜひあなたの地域、職場でこういう「ぷかぷか人権研修会」やってみて下さい。いろんな新しい気づきがあります。人権研修会は、社会の問題を解決するだけでなく、新しい気づきによって、あなた自身の人生がちょっぴり豊かになります。

 「ほんとうかなぁ」と思う人、ぜひ「ぷかぷか人権研修会」を企画して、実際に体験してみて下さい。

 こんな笑顔になります、きっと。

 お問い合わせは

www.pukapuka.or.jp

「ほんまかいな」と思うひとはぜひ『道草』を見て

 最近、共生社会ということがよく言われますが、なんとなくそういう社会を強制されている感じがして、いまいち馴染めません。昔、障害者とは共に生きねばならない、なんてこともいわれていましたが、なんかそれに重なるようなものを感じます。

 障がいのある人たちと共に生きなくても、ふつうは特に困りません。だったら別に共に生きなくてもいいじゃん、となります。確かにそうです。でもね、彼らとちょっとつきあってみるとすぐわかるのですが、彼らとはおつきあいした方が楽しいし、いろんな意味でトクです。

 「共生社会を作ろう」とかよりも、「おつきあいした方がトク」くらいの方が気持ちが楽で、長続きするような気がします。

 

 映画『道草』の中で、介護する人が重度障害の人をうちに呼んで、一家で誕生日をお祝いするところがあります。子ども達も入って、とても楽しい雰囲気です。何度もその家に行ってるのか、家族に中にごく自然に入っています。そこにあるのは介護する人、される人、という関係ではなく、フラットなごくふつうの関係です。彼がいると楽しいよね、っていう関係。

  リョースケさんのアパートでは一応、介護する、されるの関係ですが、たとえば、卵をもう一個入れる、入れない、の会話は、とても人間的なものを感じます。人と人とのおつきあいです。そういったおつきあいの延長上に、家での誕生会があったのだと思います。リョースケさんがいると、いつもとちょっとちがう楽しさが生まれます。この家族はリョースケさんがいることで、すごく「トク」してるなと思うのです。

 

 福祉から始まった関係が、人と人との関係になっているところが、すごくいいなと思うのです。人と人との関係になることで、障がいのある人たちは、おつきあいする人たちの心を耕します。

 津久井やまゆり園事件の被告は、障がいのある人たちを相手にしながら、心を耕されることがなかったのだと思います。多分彼がいた現場では、人と人との関係がなかったから、あのような悲惨な事件が起きてしまったのだと思います。

 

 2年ほど前、緑区で障がいのある人たちのグループホーム建設反対運動が起こり、その説明会に出たことがあります。

 「障害者は犯罪を犯す。」

 「彼らがこの街に来れば、街の治安が悪くなる。」

 そんな言葉をたくさん聞きました。単なる思い込みに過ぎないのですが、思い込みはでも、建設計画を潰すほどの力を持ちます。思い込みは、人の心をガチガチにします。

 そんな人にこそ、この『道草』を見て欲しいと思っています。ガチガチの心が耕され、きっとやさしい気持ちで世界を見ることができるようになります。

 思い込みで自分を縛るよりも、これはすごく「トク」なことだと思います。

 

 今の社会、ガチガチな心がいっぱいです。それを考えると、『道草』に登場する障がいのある人たちは、そんな社会を、ほんの少し楽にしてくれます。だから彼らとおつきあいすると「トク」なことがいっぱいあるのです。

 「ほんまかいな」と思うひとはぜひ『道草』を見てください。

 

映画『道草』のチケットはこちらから

peatix.com

 

f:id:pukapuka-pan:20200212173209j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212173953j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212174016j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212173303j:plain

道草ホームページ

https://michikusa-movie.com

すごくいい対談やりました。

 すごくいい対談をやりました。ぷかぷかがやってきたこと、やろうとしていることをうまくまとめてくれています。ぜひ読んでみてください。

www.sustainablebrands.jp

 

ぷかぷかの映画の上映会をやって、こういう対談があちこちでできるといいなと思っています。ご検討ください。問合せはこちら

www.pukapuka.or.jp

 

以下のところで上映会とお話をします。簡単なワークショップもやります。ぜひお越しください。

●2月29日(土)九州は福岡の大名クロスガーデン(平尾バブテスト教会)

 問合せ kankanzosan@gmail.com 090-5987-2244 吉川 

●3月12日(木)北海道岩見沢の「まなみーる音楽室」

 問合せ こくわの里 kokuwanosato@s9.dion.ne.jp 0126−24−7185  石田 

映画を見て、彼らとちょっと道草食いませんか?

2月22日(土)青葉公会堂で『道草』の上映会をやります。

  彼らと一緒にちょっと道草食う日々は、自分の人生をちょっと楽しくします。

 以前にも書きましたが、昔養護学校の教員になって最初に担任した子ども達は重度障害の子ども達でした。映画に出てくる青年達よりも、もっと障がいの重い人たちでした。でも彼らと出会ったおかげで、世界が何倍も広がり、何よりも毎日がすっごく楽しくなりました。毎日心が癒やされ、この人たちのそばにずっといたい、と思うようになりました。その時の思いが、今のぷかぷか設立につながっています。

 彼らは私の人生を、ほんとうに豊かなものにしてくれたと思っています。それはぷかぷかが作り出してきたものを見ればわかります。

 

 映画を見て、彼らとちょっと道草食いませんか?

 チケットはこちらから

peatix.com

 

f:id:pukapuka-pan:20200212173209j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212173953j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212174016j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212173303j:plain

道草ホームページ

https://michikusa-movie.com

私は、ここに描いた空を、湖を、木々を愛していると

 今朝の朝日新聞「折々のことば」

 

 不出来な私の過去のように

 下手ですが精一杯

 心を込めて描きました。

                石垣りん

 

「私」は、ここに描いた空を、湖を、木々を愛していると「きっぱりと思っている」。

●●●

 思い出したのは昨日東久留米の上映会で見た第5期演劇ワークショップの記録映画『ほらクマ学校を卒業した三人』。

 ぷかぷかさんと地域の人たちが悪戦苦闘しながら6ヶ月かけて芝居を作った時の記録映画です。できあがった芝居は決して上出来とはいえなくて、昨日の上映会では「シュールでわかりにくい」といった意見も出ました。

 それでも私は見て欲しいと思うのです。

 下手ですが、精一杯心を込めた描いたものです。

 私は、ここに描いた空を、湖を、木々を愛していると、きっぱりと思っています。

 

 あの6ヶ月、私たちがぷかぷかさん達とどのように生き、何を作り出したのか、を見て欲しいのです。

 舞台での発表が終わった直後、参加した地域のおじさんが息を切らしながら「すごかった…ほんとうにすごかった…」と言葉少なに語る場面があります。ぷかぷかさん達とどんな出会いがあったのか、この途切れ途切れの言葉がすべてを語っています。

 

 津久井やまゆり園事件が起こってしまうような社会にあって、障がいのある人たちに対し「すごかった…ほんとうにすごかった…」と語れるような関係、場を作り続けることは、すごく大事なことだと思います。何よりもみんながあそこで輝いていたのだから。

 だから、私は、ここに描いた空を、湖を、木々を愛していると、きっぱりと思っているのです。

f:id:pukapuka-pan:20200212121235j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212121249j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212121327j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200212121436j:plain

 

 あなたの街でぜひ上映してください。上映に関する問合せはこちら

www.pukapuka.or.jp

ぷかぷかさん達といっしょにワークショップやって、生きる価値がないなんてとんでもない、と思った。

明日2月11日(火)東久留米で第5期演劇ワークショップの記録映画『ほらクマ学校を卒業した三人』と『Secret of Pukapuka』の上映をします。

 第5期演劇ワークショップには栃木から毎回新幹線に乗って参加した方がいました。中学生の息子さんが「新聞を読んで感想を書こう」という宿題に取り組んでいるときにたまたま朝日新聞に載った「障害者と一緒 豊かな生」という記事を見つけ、それがきっかけで親子で参加することになりました。

 お母さんの方は、最後の反省会の時、ぷかぷかさんといっしょにやったワークショップが楽しくて楽しくて…と話ながら号泣してしまいました。号泣するほどの関係がぷかぷかさん達との間にあったのです。どうしてそんな関係が生まれたのか、お母さんと息子さんの感想を紹介します。

 

●お母さんの感想から

  みんなすごく素直で思ったことをストレートに表現するから、リアルで人間味があってとても魅力的に思えて、私はぷかぷかさんの大ファンになっていました。私にとってそこは自然と笑顔になれる場所で、優しい空間でした。そんな彼女、彼たちと一緒に立った舞台。やり切った感、ハンパなかった。ぷかぷかさんたち一人ひとりとふれあった思い出が頭の中で駆け巡り、みんなで頑張った喜びと終わってしまった寂しさとが複雑にからみあって、涙がこぼれ落ちてしまいました。本番直前、廊下の片隅でセノーさんと手を繋ぎ練習したときのあのいい表情も脳裏に焼き付いて離れません。

f:id:pukapuka-pan:20200210125253j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200210125318j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200210125322j:plain

 私が最後に泣き崩れてしまったとき、ボルトくんが背中を支えに来てくれました。彼はずっと大丈夫?と声をかけてくれていました。私が落ち着くのを待って手をはなそうとする時も「もう手をはなしても大丈夫かな?」「放すよ、いいかな?」って言って自分の席にもどられました。今まで生きてきてこんなに優しい言葉をかけてもらったことがあったかいなと、やさしさが心に響いて本当に癒されました。彼のやさしさに心から“ありがとう”と言いたいです。誰かと心で繋がれることって何よりも力になる。私も人の喜びや悲しみにそっと寄り添えることができる人間になりたいと思います。

 

●息子さんの感想から

中学二年生の夏休み。「相模原殺傷事件」が起きた。「障害者は生きる価値がない」と。あまりの衝撃に朝起きて顔も洗わず、テレビのニュースにしがみついていたのをよく覚えている。

僕は被告のような思想は誰の心にもあるのではないかって、それがずっと心の奥で引っかかってきた。例えば街で障害者の方が突然大きな声を出す様子に嫌悪感を抱き、関わりたくないと思ってきた自分。中学生になり、知的障害者施設にボランティアに行こう!と誘われたときに、障害者の方は怖いという勝手な思い込みで、「行きたくない。それだけは勘弁して」と言い張った自分。それは僕も無意識に差別する側に立ち回っていて、被告の発想と心の奥底で繋がっているのではないかと。僕の心は弱くて醜い。“やっぱ俺は、クズだな・・・”と思ってずっと過ごしてきた。

一年後の夏休み、“新聞を読んで感想を書こう”という宿題のため新聞の記事を探していたら、〝障害者と一緒 豊かな生″という見出しに目が留まった。ぷかぷかパン屋さんの記事だった。僕はなぜかその記事を捨てずに取っていた。高校生になったある日、たまたま付けたテレビ番組にぷかぷかさんや高崎さんがでていてあの新聞記事とリンクしたことに少し驚いた。母からワークショップに誘われたときは、どうしようか悩んだが、高崎さんのいう豊かになるってなんだろう、それが知りたくて確かめたいと思った。

f:id:pukapuka-pan:20190208190745j:plain
(2017年7月25日朝日新聞)

 

ぷかぷかさんと接してきておもしろかったり、ときにはむっとしてしまったり、いろいろあったけれど、何よりも僕は人前で表現するとかが嫌で嫌で、そこから逃げていた自分だったように思う。リハーサルの日もそう。僕にも役があり、しかもオオカミのかぶりものまであるとわかったとき、やっぱり今日は部活にいっておけばよかったなと後悔した。舞台に立つなんてなれないことに身体はどっと疲れた。しかし、ぷかぷかさんたちはニコニコ元気、とてもいい笑顔だった。疲れた顔をしているのは僕だけで「なんでこの人たち笑っていられるんだろう」と不思議だった。その姿を見ていて、ぷかぷかさんたちはやらされてるとかでなくて、自由にありのままの姿で表現することを楽しんでいる。特に一緒にオオカミ役をやったしょうくん(こうきくん)が♪なんでもいいから一番になーれ♪と歌っている姿がきらきらと輝いてとっても印象的だった。僕にはやらされているという気持ちがずっとどこかにあった。ぷかぷかさんと僕の違いはそういう心の違いだと思った。

f:id:pukapuka-pan:20200210125436j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200210125454j:plain

本番当日。舞台も終わり、最後に円陣を組んでみんなの意見を聞いていたとき、しょうくんが泣きながら、この演劇に対しての思いを話しているのを聞いて、心にぐっと突き刺さるものがあった。僕の前で悪ふざけしたり、おどけてみせるしょうくんしかみえていなかったので、あんなしっかりした思いで頑張ってきたんだと、それに比べ僕はなんなんだ。本番はでたくないと、なんか駄々をこねている小学生のようだったと恥ずかしくて穴があったらはいりたくなった。そして、元気の出ない僕に「着替えよう」とか「頑張ろう」と声をかけ続けてくれたしょうくんや、相手を思いやり大切にするぷかぷかさんたちの姿をみて、生きる価値がないなんてとんでもないぞ。なんて生きる価値のある人たちだろうと思った。

f:id:pukapuka-pan:20200210125624j:plain

一緒に参加した母はこの半年、本当に楽しそうだった。最後に母が泣いているのを見たとき、この人はぷかぷかさんたちと心と心で向き合って同じ気持ちを感じてきたんだなと思った。

来年は部活を頑張ろうと思う。でも、いつか大学生とか社会人になって、また改めて参加してみたい。そのときは母に負けないように心の底から楽しみたいと思う。高崎さんのいう何が豊かになるのか今の僕にはまだわからないけれど、恥ずかしくてたまらんかった舞台に、ぷかぷかさんたちと一緒に立ててよかったと今、思っている。ありがとうございました。

f:id:pukapuka-pan:20200210125705j:plain

 

しょうくんへ

僕なんかと一緒にオオカミ、やりにくかったよね。ごめんなさい。そしてありがとう。

いつかまたしょうくんと一緒に豚でも馬でもなんでも、タッグを組んでやりたいです。 

f:id:pukapuka-pan:20200210125811j:plain

 

 演劇ワークショップという場は、こんな素晴らしい関係を作ってしまうチカラがあります。明日上映する映画には、そのチカラがいっぱい写っています。ぜひ見に来て下さい。

 やまゆり園事件の公判が続いています。先日も書きましたが、事件であらわになった問題は、被告を裁いてすむことではありません。やっぱり私たち自身が障がいのある人たちとどんな風におつきあいし、どんな風にこの時代を一緒に生きていくのか、ということが問われていると思います。

 その問いに対するひとつの答えが、明日上映する映画にはあります。

 いつも言うことですが「支援」とか「なにかやってあげる」という上から目線の関係では、こういったものは生まれません。ではどうしたらいいのか、そのヒントが映画にはあります。 

 

f:id:pukapuka-pan:20200114163650j:plain

f:id:pukapuka-pan:20200114163656j:plain

 

「うんこ」のおかげで私たちがちょっと解放され、自由になる集まり

2月29日(土) 福岡の大名クロスガーデンという教会で『Secret of Pukapuka』の上映と、簡単なワークショップ、トークセッションをやります。

 ワークショップは1時間ほどしか時間がないのでたいしたことはできないのですが、なるべく楽しいことを、ということで、谷川俊太郎の詩『うんこ』を朗読したり、歌ったり、「うんこよ今日も元気に出てこい!」という芝居を作ったりしようかなと密かに思っています。

f:id:pukapuka-pan:20200208165823j:plain

 

  なんとなく福祉の話の集まりになりそうなのですが、『うんこ』の詩を読んだり、歌ったり、更には芝居作ったりすると、福祉の「まじめな話」ではなくなります。そういうことが、今、大事な気がします。「うんこ」のおかげで私たちがちょっと解放され、自由になるのです。こういうところから新しいものが生まれる気がするのです。嘘だろう、と思うひとはぜひ2月29日、大名クロスガーデンに来て下さい。

zosanzosan.hatenablog.com

最近の日記
カテゴリ
タグ
月別アーカイブ