ぷかぷか日記

みんなでワークショップ

  • ひとつの舞台をつくるのに、どれだけの人が関わり、どれだけの人とつながっているんだろう
     ワークショップに参加された方の感想、アップしようと思いつつ、忘れていました。ごめんなさい。 ●●●  「ぷかぷかになれた日」 ふと、そんなタイトルが浮かびました。 私はワークショップのドキュメンタリー映画に出会ってから今日まで「満たされる」感覚を体感しています。 「楽しい」なんて薄っぺらいものではない何か! ただ、言葉で表現することが苦手なので、歌の仲間や同僚から送られたメッセージを紹介します。 その1 和太鼓ではリズム乱れずに 驚き、表現力に感動。 ラップはこちらも一緒に か、き、くけこ、かきくけこ!と一緒に乗って歌ってしまいました(^^;; 劇は 多分当日もどんな展開になるか予測がつかずドキドキだったでしょうね。 自分達で筋書きを書いたり伝えたり素敵な絵で表現出来ていましたね。 沢山の動物達が出来てきて 楽しかったです。 客席の小さな子供はストーリーや面白いところに笑いが起きていました。子供は客観的で無く、面白いと自分もその中に入り込んでいけるから、つまり正直。 楽しんでいたと思います。 これからも活動続けられるのね。大変でしょうけど、やり甲斐や感動がいっぱいですね。 新しい楽譜を入れるカバンに付けようとぷかぷかの可愛いブローチ手に入れました(^_^) その2 本当にすばらしい体験をさせてもらいました。想像以上のパワーと愛に満ちた時間でした。 帰ってからも胸に灯った暖かい灯は心を暖めてくれます。 これからも応援しています。 その3 いい空気でしたね。 私も今の職場では接する事がない幸せな空気を久々に感じました。 舞台上で「どんどん発信して」とおっしゃっていたので、SNSに載せちゃいました。 いつかお店にも行ってみたいです。 等など そして、みんなが「誘ってくれてありがとう♪」と… ワークショップで豊かな時間を過ごし、舞台裏で心地好い緊張感を味わい、舞台でみんなのキラキラした笑顔や真剣なまなざしからパワーをもらっていた私。 ただただ、私がハマったぷかぷかワールドを知って欲しかっただけなのに。 そして、最後に出口でファッションモデルのお姉さんを抱えて立っていると、「一緒に写真を撮ってもいいですか」と小さな女の子を連れたお母さん。「この子も一緒に造ったんです」と! 「ありがとう♪どこをやってくれたの?」と聞くと、その子は「これとこれ貼った」と衣装の一部を覚えていて、自慢気に指さしてくれました。 勿論、私がカメラマンになって、モデルと親子のスリーショットをパチリ。 ひとつの舞台をつくるのに、どれだけの人が関わり、どれだけの人とつながっているんだろうと考えると嬉しくてたまりません。 今も涙で画面が見えないくらい、感謝(そんな一言で片づきませんが)の気持ちでいっぱいです。 そして、これからもその豊かな連鎖が拡がることにもワクワクします。 ●●●  ネズミのシーンで登場したファッションモデルのお姉さんはわんどのワークショップで作ったものです。 pukapuka-pan.hatenablog.com  この時に参加した子どもが表現の市場に来ていたみたいですね。こうやって人と人とがつながっていくのがぷかぷかです。 このお姉さんたち、最初はカフェの壁にただ飾るだけの予定だったのですが、ふと思いついて秋のマルシェでこのお姉さんたちを先頭にファッションショーをやってしまいました。   お姉さんたちもお姉さんたちといっしょにパレードした人たちも、壁にただ飾るよりも、ずっと楽しそうでした。アートはこうやって生かすことで、原型の2倍も3倍も楽しくなります。  ゴーシュの舞台で踊ったのも、ほんの思いつきでした。はじめはただ舞台に登場させようとだけ思っていたのですが、どうせならいっしょに踊っちゃおうと思い、タンゴの曲で踊ってみようと思っていました。ところがゴーシュの中にそんな音楽はなく、どうしようかなと思っているときに、ネズミのシーンで歌う「よかぜとどろきひのひはみだれ…」の歌を思いつき、ワークショップの中で実験的に踊ってみました。これが思いのほか面白くて、舞台で踊ることになったのです。踊りの最後にお姉さんにチュッてやろうと思ったのですが、お姉さんの腕が邪魔をしました。 www.youtube.com   そして今度は藤が丘駅前のマザーズの壁を飾るかも知れません。ほんとうにファッションモデルの雰囲気です。  「思いつき」というのはなんだか無責任な響きがあるのですが、でもこうやって「思いつき」によって思ってもみない新しい広がりができたのですから、「思いつき」もバカにはできません。   考えてみれば緑区民まつりのブースのデザインから始まった「絵地図物語」も思いつきのひとことで始まったのです。 pukapuka-pan.xsrv.jp
  • レクイエムー未来への希望をもたらす演奏
     表現の市場の「レクイエム」の演奏シーンをYouTubeにアップしました。これを聞きながら相模原障害者殺傷事件で犠牲になった方々のことを思い浮かべてください。そしてどうしてあのような事件が起こったのか、どうしてなんの罪もない障がいのある人たちが殺されてしまったのか、考えてみてください。単なる容疑者の特異性の問題なのか、容疑者を生み出した社会には問題はなかったのか、あるいは私たちの障がいのある人たちの受け止め方はどうだったのか、等々、考えてみてください。  考えて、考えて、考え抜くことでしか、相模原障害者殺傷事件は超えられません。 www.youtube.com  この演奏がぷかぷかで働いているダイちゃんとのコラボで成り立ったことの意味は大きいと思います。相模原障害者殺傷事件を超える未来への希望をもたらす演奏だった気がします。 ★撮影は信田眞宏さんです。
  • 私が真剣になり夢中になり…
     オーヤさんは子どもと一緒に毎日のようにクリームパンを買いに来たことがきっかけでぷかぷかとお友達になり、その後パン教室に来たり、わんどのワークショップに参加。そして今回演劇ワークショップに参加し、なんとみどりアートパークの舞台にぷかぷかさんたちと一緒に立ちました。本番直前には緊張のあまり、目が真っ赤になって涙がこぼれるほどでした。 ●●●   本番前、緊張と自分が勝手に作ったプレッシャーから セツさんと高崎さんの前で目から溢れるものが。 みんなで楽しむはずが、ガチガチになっていました。  本番。少し気持ちが吹っ切れ、とにかく楽しくやろう。 そうしないと、見ている家族に伝わらない。そしてこれまでの 楽しかったワークショップを思い出し、舞台にのぞみました。  本番終了。楽しかった!というよりは、来月からワークショップがないんだ。 という寂しさが。そんな風に感じた自分に少し驚きを感じました。 というのも、 私は積極的にワークショップ参加を希望したわけではありませんでした。 「今年は出るんでしょ?」「絶対楽しいって!」と高崎さんに言われても 全く参加したいとは思いませんでした。 ひと前で演技する、舞台の上に立つのが絶対嫌だったから。 そんなある日「騙されたと思って出てみたら?」の言葉で、 「娘にとっていい体験になれば」と思い、娘二人と一緒に参加する事にしました。 いざワークショップがスタート。 出されたお題を表現するにも、自分がどんな風に見えるのかを考えると 恥ずかしくて、恥ずかしくて。 でも、回数を重ねていくうちに、何をするにも一生懸命で、でも笑う時はケラケラとにかく笑う。そんなスイッチの切替がうまい高崎さんやぷかぷかさんを見て 何だか気持ちが楽になり、少し自分の殻が破れたように感じました。 9時〜16時の長丁場。毎回確かに疲れます。 でも、大声で発声したり歌ったり、夢中になって体を動かし、意見を出し合ったり、 一つの事が出来上がっていく凄さだったり、お菓子やお弁当を食べながら 皆んなで過ごす休憩時間だったり。本当に充実した時間でした。 何時間も一緒に過ごすと、今まで知らなかったぷかぷかさんを知る事もできました。 子供が大好きなぷかぷかさん 暴走するぷかぷかさんに対して、それを止めようとするぷかぷかさん 娘が泣いていたら(原因は親の私)、「俺じゃないよ」「俺は泣かしてないよ」と心配するぷかぷかさん 「午後も頑張ろう」とそっと私に宣言してくれたぷかぷかさん 静かに出来ない娘に対して注意するぷかぷかさん などなど。 「娘にとっていい体験になれば」と思い参加したのに、 私が真剣になり夢中になり、また、知らなかったぷかぷかさんの側面を愛おしく感じたり。 私をワークショップに送りこんでくれた高崎さんに感謝の一言です。 本番の次の日、乗っていたバスの窓から、野菜をせっとと運ぶスタッフとぷかぷかさんを見つけ、「今日もこの街を耕してくれてるんだ」と、この日常の風景にもまた 私は自然と笑顔になっていました。 (四角い木枠のすぐ左がオーヤさん。「よかぜとどろき」の歌を堂々と歌っています) ●●●  街を耕している、という言葉はこのプロモーションビデオの中でオーヤさんが語っています。 www.youtube.com  子どもと一緒にクリームパンを買いに来ていただけのお客さんが、ぷかぷかさんたちといっしょに舞台に立ってしまったなんて、すごいことだと思います。  《「娘にとっていい体験になれば」と思い参加したのに、私が真剣になり夢中になり》というところがすごくいいですね。よくある「福祉事業所をお手伝いした」とか「障がい者とふれあった」といったレベルではなく、オーヤさん自身が夢中になるものを見つけた、ということです。  涙が出るくらいの緊張感で舞台に立ったオーヤさん、障がい者を差別するとかいった世界のはるか先に行ってしまった気がします。今後がすごく楽しみです。
  • ぷかぷかさんの傍にいたから、こんな世界を見られた。
     おひさまの台所の「イカけんちん」が大好きというお客さんがワークショップに参加し、感想を書いてくれました。ぷかぷかさんたちの自由さの中で、ようやく素の自分で立つことができたと書いています。    ●●●  ある日、出会ったのがぷかぷかさん。自由だな、勝手だな、おっ、鼻ほじってるな、挨拶無視された~、屈託ないな。印象多色。けど何か魅かれる・・・メンバーさんがそのままで、そこに居る、それがなんせ、居心地が良い。ありのままって、こんなに平和?肩ひじ張らない人の横では、自分も上着を脱ぎたくなる。「どうあるべきか」を強く求められない場所と人は、密かなパワースポットになった。     今回参加するにあたり、決めていたのは「ありのままでいたい」「決して頑張リモノにならない」事。無理しない、手を抜きたければ手を抜くし、ズルしたければズルもする。いつもと逆な事への挑戦。あまり大きな声では言えないですね。頑張り癖が付いてると、急には、ガンバラナイモノにはなれない。けど・・ぷかぷかに行く度、WSで過ごす度、メンバーさんと言葉や笑顔を交わす中、自分も、自分のありのまま界に、時々行ってみるようになりました。    最初は小さなこと。その内ちょっと大きな事も。足を踏み入れて、度々行くようになるとなかなか良い感じになってきます(笑)面倒な事は、ガチで向き合うより、とりあえず寝てしまうとか、舞台のヤヤコシイ歌詞はハミングで済ますとかね。まあいいか、も多くなります。     舞台は、無理のない域最大の頑張りで臨み、心底「素」でありたい。自分を自分以上には見せられないし、見せる必要もないし、セリフや出方を間違えたら、それはその時の事だ、の気持ち。その場の サイコロの目がなんと出ようと、素の自分が、そのまんまで受け止めるんだという覚悟で参加しました。偶然、我虎チームが踊った「アルゴリズム体操」に「吸って吐くのが深呼吸」と言う歌詞がありました。     まさに市場で空気を吸って、吐いた時、ここには、ちゃんと素の自分が立っていた気がします。あ、頑張らなくても、ありのままでも、ちゃんと立ってる。ちゃんと幸せ。ありのままの自分でもダイジョウブ、これは嬉しかったですね。まったく緊張せず、いつ緊張するのかと思っていたら、終わってました(笑)この空気、感覚・・これが私の素なのか・・・いつも着こんでいたから、何が素なのか忘れていました。     そのままの自分で居るって、こんなに穏やかだとは・・・普段、疲れたハズだ(苦笑)私の欲しい物・・超のつく努力をしなければ手には入らないかもしれない、でも、ストレスや、飢えに吠えなくても、それとは別にちゃんと幸せな場所もあった訳です。ぷかぷかさんの傍にいたから、こんな世界を見られた。素の自分が穏やかな、シンプルなものだったと知った。そうなれるとも知った。色んなものにまみれてしまう時もあるけど、この根っこは、ちゃんと覚えておきたい。これからは・・何かが柔らかくなる気がします                                  まーさん    ●●●   障がいのある人たちに対して「何かやってあげる」関係、あるいは「支援する」関係がほとんどの世の中にあって、まーさんが作った関係は、こちらが豊かになる関係です。ぷかぷかが日々発信している「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいいよ」を丁寧に実践している人だと思います。    たまたま今日出版社の人と話をする機会があって、相模原障害者殺傷事件のことが話題になりました。容疑者は元施設の職員。その施設では障がいのある人たちとどんなおつきあいをしていたのでしょうね、と聞かれました。発想の特異性はあったにせよ、人としてちゃんとおつきあいする雰囲気が現場にあれば、もう少しちがった結果になったのではないかと思います。家族に障がいのある人がいながら障がいのある人に対して暗いイメージしか持ってなかった方が、カフェに来て、楽しそうに笑顔で働いているぷかぷかさんたちをみてびっくりした、とおっしゃってました。こういうあり方もあるんだ、と目から鱗だったようです。現場にそういう雰囲気があれば、多分あのような惨劇には至らなかったのではないかと思います。   ある新聞は県からの運営費が年々削られていったことが介護の質を落とした、といったことを書いていました。運営費は大きな問題だとは思います。でも、お金が潤沢にあれば働く人も利用者さんたちも明るい笑顔になるかといえば、どうもちがう気がします。ぷかぷかはお金はありませんが、スタッフもぷかぷかさんもみんな楽しく働いています。やっぱり障がいのある人たちとどんなおつきあいをしようとしているか、だと思います。そういうおつきあいの中で、今回紹介したまーさんのような人も出てくるのだと思います。
  • 人間が生きることの「凄み」のようなものを感じていました
     NHKラジオ深夜便で「障がいのある人たちとはいっしょに生きていった方がいい」といったことをしゃべったのですが、その言葉が衝撃だったという方が愛知県から訪ねてきました。 pukapuka-pan.hatenablog.com  その後、その方がパン屋で一日「ぷかぷかさん」たちと働く体験をし、ワークショップに参加し、なんと「ぷかぷかさん」たちといっしょに舞台に立ちました。すばらしい感想を送ってきましたので紹介します。 この1ヶ月本当にお世話になりました。中身の濃い充実した1ヶ月でした。そして思いもかけぬ1ヶ月でした。 まさか自分がメンバーさん達と共に舞台に立つなんて!人生何が起こるか分かりませんね。でもとてつもなく楽しい経験でした。 今回自分自身感じた一番大きな変化を書きます。 それはステージに立つ彼らの姿を観ていた時です。 それまでにも障害のある方のパフォーマンスをテレビで見たことはありました。しかしながら僕はそういった映像を見るときどこか居心地の悪さを感じていました。どういう風に見たらよいか分からずとまどってしまうのです。 しかし今回、生で彼らのパフォーマンスを見たとき全く違う印象を受けました。 「なんてカッコいいんだ!」 素直にそう思ったのです。軽い嫉妬すら感じるほどに。 その時、彼らを「障害者」として見ていなかったのです。ただ人間が生きることの「凄み」のようなものを感じていました。 身体を大きく揺らしながら朗々と「愛の讃歌」を歌う辻さん、見事な太鼓を披露してくれたアラジン大ちゃん、自分の壁を自分で壊す姿をありありと見せてくれたはっぱオールスターズ、電動車イスの上で身をよじらせながら魂の叫びのようなシャウトを聞かせてくれたラブエロピース。 その後、ぷかぷかメンバーさん達と舞台に立つ上での大きな励みになりました。そしてこの先、自分自身生きていく上での勇気を貰ったようにも思います。 彼らが自由に伸びやかに生きられる社会は、きっと「健常者」とよばれる人にとっても生きやすい社会だと思います。 自分もどんな些細なことでも、そのお手伝いができればと思いました。 また遊びに行きます。本当に有り難うございました。      ラジオ深夜便の言葉を聞いて衝撃を受けた方が、ぷかぷかに来て、一緒に仕事をし、いっしょにワークショップをやって、ここまで変わった、ということです。障がいのある人たちとのおつきあいの仕方一つで、そこにかかわる人がこんなふうに変わるということです。  相模原障害者殺傷事件はとても大きな問題で、何から手をつけていいのかわからないほどです。でも、大きな問題を大きな問題のまま語るよりも、こうやって一人の人間が深いところで変わることを丁寧に実践する方が、確かな形で希望を作り出す気がします。
  • いつも大事に持ち歩こうとおもいます
     演劇ワークショップにはじめて参加された方の感想です。奥さんに誘われ、わけもわからずに参加しながらも、ぷかぷかウィルスに感染してしまったみたいです。最後の反省会で、今日で終わってしまうのが、とても寂しいです、とおっしゃっていました。わけもわからず参加したにもかかわらず、そんなふうに思える関係がワークショップの中で自然にできてしまうって、すごいことじゃないかと思います。 表現の市場と演劇ワークショップに家族で参加させて頂きました。 おととい昨日のリハと本番、昨年夏からの演劇ワークショップ、おつかれさまでした! そして今回参加させていただき、本当にありがとうございました。 妻も娘も、今日はほんとに楽しかったね。今回参加してほんとに良かったね。 終わりたくない〜(私)、と帰宅後も夕飯食べながら話しておりました。   当日一緒に参加された太鼓のあらじん(火男がリアルだったらしく娘が逃げてました笑)、はっぱオールスターズ(観に来てくれた親戚が昔瀬谷区に住んでたらしく、ローカルな歌詞の歌にグッときた!とのこと)チェロの江原さんとダイちゃんのコラボは、本当に素晴らしく音楽してて感動と笑いに溢れ、もっと沢山聴いていたかったですし、デフパペットシアターは本番前で中々ゆっくり観られなかったのが残念ですが、どの出演者も皆ほんとうに素晴らしかったです。(前座のツジさんの愛の讃歌も忘れられません、ロビーの皆さんのライブもとてもよかったです!)   今回初参加となりました、今年は特に、昨年の相模原の事件を受けて、障がいを持った人たちと一緒に生きて行った方がいいよというメッセージを演劇をとおして届ける、という目的がありました。 僕自身は今回の参加にあたって、始めは「演劇ワークショップ??は??」という感じで、妻に誘われ殆どわけも分からず参加したのですが、昨日の反省会でも話したとおり、最後には僕がハマっていました。   何にハマったかというと、それはやっぱり、ぷかぷかの皆さんの超個性的で魅力あるキャラクターであり、その皆さんとせつさんぱっつんさんあみちゃんさん、デフパペの方々と一緒に演劇を創作する自由な空気の場でした。 本番が一番楽しかった!と言いましたが、そんな自由なワークショップ(リハ)の場が一番楽しかった気もします。 毎月一回、土曜日の9時に集まり(よく遅刻しましたがm(_ _)m)、お昼を皆で食べて、 16時まで創作して反省会して、また来月。 つかれてヘトヘトになるけど、これがやはり楽しかったです。 また、オーヤさん一家や愛知からいらしたヨウイチさんのように、同じく外部からいらした方々と一緒出来たことも、ぷかぷかや自由の空気を「やっぱいいですよね!」と共有できて、うちにとっても本当に良かったです。 娘も年上のお姉ちゃん達に囲まれ楽しかったようで、初舞台も経験出来、こういう様々な人たちと一緒にいる中で、なるべくたくさん過ごさせてあげたいと改めて思いました。   また、成沢さんや舞台製作の方々の仕事も、前日と本番のみですがかいま見れ、ご一緒させて頂くことが出来、制作の方々のプロフェッショナルにほんの少しですが触れられ、舞台の成功に尽力されてる後ろ姿に、只々尊敬と感謝の気持ちでした。 パネルの字を書いたり衣装を作ったり、当日の舞台に向けて演技以外で関わって頂いたぷかぷかの方々にも、同じ気持ちです。   しばらくは、終わったなあ、という余韻に浸りたいところですが、 また今日から日常の仕事に戻ります。 郁美ちゃんに、あしたは仕事?と聞いたら、いつもの調子で、「あしたもぷかぷかです!10時から16時まで!」と元気に答えてくれました。俺もがんばろうと、思いました笑。 毎日会うわけではないけれど、自分の中に、ぷかぷかの皆さんとの演劇ワークショップで創った自由な空気の場が出来たので、いつも大事に持ち歩こうとおもいます。 そうしていつでも、障がいのある人たちとも一緒に生きて行った方が楽しいよ!と発信していこうとおもいました。   今度はギター持って近々またお店に是非伺わせてください。 ありがとうございました!       「自分の中に、ぷかぷかの皆さんとの演劇ワークショップで創った自由な空気の場が出来たので、いつも大事に持ち歩こうとおもいます。」うれしい言葉ですね。今まで障がいのある人たちとはほとんどおつきあいのなかった人が、ぷかぷかさんたちとのワークショップに参加して、いつも大事に持ち歩こうと思うくらいすばらしいものを見つけたなんて、ワークショップをやって本当によかったなって思いました。    
  • ぷかぷかさんたちから、人生は楽しまなくちゃね!と言われたような気がした。
     ぷかぷかさんを本気で叱ったりする近所の素敵なお母さんが「表現の市場」を見に来てくれ、すばらしい感想を寄せてくれました。直球の感想です。彼女の中にあったガチガチなものを「表現の市場」は少ーし解きほぐしたように思います。 「表現の市場」へ  とにかく連日体調が悪かったこともあって、「表現の市場」の観劇?に行くことは大変だった。それでも、「行きます」と約束したし、なんとなく「今回この舞台に行かないと、私は一生後悔するかもしれない」とオーバーにも思って、電動自転車をかっとばし会場に向かう。一言でいえば、私の勘は的中で、行ってよかった!と…。  障がいの人たちがつくる舞台というものをこれまで観たことがなく、始まる前からなんとなくソワソワするし、居心地が悪い。どうゆう風に観るのが正解なのかが、よくわからない。他のお客さんは常連さんなのか、割りとニコニコ楽しそうに開演を待っている。舞台をもう何回か観ている私の友人たちは前方の席に陣取っていたけれど、私は体調も悪いし、なんとなく雰囲気に吞み込まれたくなくて、最後方の席に陣取る。私はたぶんちょっとひねくれているので、「この舞台が、フツーに楽しいのか、どうか」ということを感じたいと思っていた。“障がいの人たちがやっているから”素晴らしいとか、素敵だとか、感動する…というものには私はあまり魅力を感じない。良い意味でも差別することは、私はあまり好きじゃない。(これを書き出すと長くなってしまうけれど、障がいの人を必要以上に美化するような発言は、障がいの人が身近にいない人の特権のようなものだろうな…と思っているから)そんなこんなで緊張していた私をよそに、開演の時間を迎えた。  高崎さんとぷかぷかさん(辻さん?)が壇上に上がる。高崎さんが相模原の事件の話をする。相模原の事件のことをぷかぷかさんたちはどのくらい知っていて、どのくらい理解しているのだろうか?と不安になる。今から、さぁ楽しい舞台を!と思っている彼らにとって、相模原のことを思い出して、パフォーマンスができなくならないだろうか?と心配する。話のあとに、ぷかぷかさんの独唱があり、演目表がめくられて第一部の和太鼓へと進む。さぁ、和太鼓が始まるぞ、という暗転の中、客席にいたぷかぷかさん(たぶん辻さん)が「表現の枠を超えた…」と叫ぶ。これは演出なのか!?と疑うほど、モノローグ的で、ちょっとカッコイイ!と思う私。和太鼓は正直「どの子に障がいがあるんだろう?」と思うほど、あっけにとられてしまった。迫力もあったし、きっと「こうしたらカッコいいんじゃない?こうした方がうまくいくんじゃない?」と色々練習で挑戦したんだろうな、と思えるパフォーマンスだった。そして何よりも、彼らは明るくて、楽しそうで、輝いていた。それから私はとてもとても反省する。障がいの人は、もっと寂しい感じなんじゃないか、と勝手に思い込んでいた。イメージを勝手に持っていた自分に気づいて、反省した。それでも、障がいのある人みんながこんなに楽しそうに生きているわけでもないだろうということも同時に考え、でもどうせならば、こんな風に楽しく生きた方が人生はいいんじゃないかな、と想いを馳せる。太鼓の音は心臓の鼓動のようで、まさしく〝生きる“ことがそのまま体現されていた。客席にいた小さい子(おそらく障がい児)が舞台に駆け寄って行って、今にも上がりそうな勢いだった。素直な心がそこにもあって、感情に素直なことは素敵だなと思う。その子が舞台に駆け寄って行く様を見ても、他のお客さんがそれに動じることはない。そんなお客さんも含めて、会場を温かく感じた。私の緊張も解けて和太鼓が終わった後には、隣りに座っていた息子が「もっと前でみたい!」と言い張り、前方にいる友達の席へと移動してしまった。私は体調の悪さもあったし、そのまま一人で最後方で見続ける。ほぼ最前列へ移った息子は、やっぱり私より数倍素直なんだろうなぁーと感心する。  次のラップも、楽しさがビンビンに伝わる。とにかく楽しくて仕方ないし、喜ばせたい、楽しませたいというサービス精神が前面に出ている。ここでの私の反省点というか気づきは、そうか、彼らもコミュニケーションをこんなに取れるんだ!ということ。よく、障がい児を「コミュニケーションが難しい」と巷では言っているような気がして、私もそう思って疑わなかった。でも、それってそうなのかな?と考えた。そもそもコミュニケーションって、私がいてあなたがいる訳で、相手に合わせることも大事なことの一つならば、自分とちょっと違う相手だったとしても相手に合わせるよう、頑張ればいいだけじゃないのかな?と…。とにかく、舞台を観ている間、私の頭の中は考えることが次から次へ襲ってきて、本当に忙しかった!知らなかったことが山盛りで、自分の中でそれをかみ砕こうとするのだけど、舞台は舞台で面白くてつい笑ったりしていると、考えていることがどこにポーンと飛んでいく…そうゆう体験は久しぶりで本当に来て良かった。ラップ隊の一人の子が、たぶんあまりにも楽しくなって列を乱して前方へ行こうとしたら、それをバシッと止める仲間もいたりして、色んな性格があって面白いなと思った。自由にやりたい子、ちゃんとやりたい子、自分の中でひそかに満足して嬉しさがこみあげている子、振り付けに自信がなくてキョロキョロする子、色んな子の表情がそこにはあって、この子たちが同じ教室(学校?)にいた時は、どんな毎日だったのかな、と、いつか話を聞いてみたいなと思った。  第二部のチェロ×太鼓。ここに“本物の”チェロが響くことに、感動する。プロの音がこの会場を包む重厚感が、そのまま、色んな人を認めようよと言っているような気がする。そしてぷかぷかさんによる太鼓が決してお飾りや情け的なものではないことも、演者二人から伝わる。何か多くを語るわけではないのに、強さを感じる演奏だった。ぷかぷかさんの真面目な姿は、決して誰かにやらされている訳ではなくて、彼の内面からにじみ出たものだと思った。神聖なと言ったら大げさかもしれないけれど、私にはそう感じた。次の「蜘蛛の糸」は急に本格派だったので、この「表現の市場」は面白いなぁと思う。なんでもアリな感じが、自由でいい!この時に、一部のラップ隊の人たちが、身を乗り出して舞台を観ていたのが印象的だった。  長い休憩時間になったので、ロビーに出る。販売していたまち針が私好みだったので3セットお買い上げ。ロビーでLIVEが始まる。「あ、懐かしい!」と思ったらRCサクセションの歌だった。RCは高校時代に大好きだった。高校時代のやさぐれていた時をちょっと思い出したりしながら、今日は家に帰ったらRCを聴こう!と強く思う。(そして、この日から急にRCを聴きまくる)  さて、いよいよ「セロ弾きのゴーシュ」が始まった。すごい人数だったけど、どの人もこの瞬間を楽しみにしていたんだろうなという〝気“が伝わる。何人かからは、「成功させたいの!」という想いも伝わる。「表現の市場」なのだから、この”伝わる“ということは重要だと思う。舞台に立っている人だけが楽しくて満足というのでは、ちょっと残念だ。表現するからには、やっぱり何か伝えるんだと思う。ワークショップの事は私には知る由もないけれど、のびのびと舞台に出ているぷかぷかさんたちから、とても自由さを感じた。ピアノの方がこれまた楽しそうに弾いていて、それに合わせて歌うぷかぷかさんたちから、人生は楽しまなくちゃね!と言われたような気がした。高崎さんが出てきた場面では、舞台の上のぷかぷかさんからも、客席にいるぷかぷかさんからも、熱いまなざしがあったように思う。みんながみんなといることが大好きで、ここに今日もみんなでいれて嬉しい!と高崎さんにメッセージを送っているようだった。舞台の最後に高崎さんが真面目に「障がい者との社会」の話をした。その時に、「あ、そうだ、今日はそうゆう舞台を観に来たんだった」と私は思い出した。観ている最中、何か特別な特異なものを観ているような感覚は全然なかった。最初のソワソワした居心地の悪い感じは、もうどこにもなかった。本当に楽しい週末を私は過ごせたし、この舞台を観に来て良かったと思う。なにより、自分自身にまだまだ素直な息子が「あー今日は楽しかった!」と言ってその日は寝た。それでも、その日の夜に思ったことは、どんな人のことも特別扱いしない社会にどうしてならないんだろうか、ということ。今日の会場は温かい空気があって、和やかで、笑顔がたくさんあって幸せに満ちていた。だけど、社会はどうだろう?ひとたび電車に乗れば、ちょっと障がいの子がいると、ジロリと怪訝に見る大人がいる。障がい児を引き連れているお母さんが暗い顔でその子の後ろに立っている。その現実と「表現の市場」の幸福感の距離がまだまだかなりあることに、悲しくなる。でも、それは社会にいる大人たちの想像力の乏しさが原因かもしれない。現に私だって、今回気づいたことや、知ったことが沢山あった。またこの「表現の市場」が開催されて、私みたいな人が、一人でも二人でも増えることを望みます。私にもまだまだ知らない彼らの魅力がたくさんあるんだと思う。相手を知りたいと思う本能に、障がいもフツーの人も関係ないんじゃないかと思う。ありがとうございました。
  • 今日、舞台へ
     第3期第7回目ワークショップ。 本番前日、まだまだ不十分ながらも、場のテンションはぐんぐん盛り上がっていました。   楽長にしかられたゴーシュは壁の方へ向いて涙をこぼしますが、 ♪…気を取り直して自分だけ今やったところをはじめから静かにも一度弾き始めました…♪に続いて江原さんのチェロと安見ちゃんのピアノが入ります。ほんとうに息をのむほどのすばらしい演奏でした。 www.youtube.com オーヤさん、ますますがんばっていました。 デフパペットシアターひとみの善岡さんは耳が聞こえません。アルゴリズム体操を一緒に踊るため、みんないろいろ工夫していました。こういうことがワークショップの中ではとても大切です。一緒に生きるにはどうしたらいいか、それをみんなで考えるのです。 hanaちゃんもいっしょにグールグル 賢治の人形  デフパペットシアターひとみ制作 舞台では照明の仕込み 背景画を貼るパネルのセッティング 照明のテスト 舞台へ www.youtube.com ピロティではパネルの準備 なんかもう抱きしめたくなるような字です。   こんな味のある字を書く人とは一緒に生きていった方がトク!  表現の市場のお知らせはこちら http://pukapuka-pan.xsrv.jp/index.php?第3回表現の市場チラシ
  • ワークショップの映像
     1月21日のワークショップを映像制作をやっている吉田さんがまとめてくれました。ワークショップの場の混沌とした様子がよくわかります。これがどんなふうにまとまって行くのか、29日の本番舞台を楽しみにしていて下さい。 www.youtube.com  ふつうに考えれば、こんな状態で、あと1回のワークショップでまとまるのだろうかと不安になるのですが、そこがワークショップという場の不思議なところ。最終的には、場の熱気がみんなの背中を押し、すばらしい舞台に仕上げてくれます。
  • 本番まであと一週間
       1月21日(土)、今期6回目のワークショップがありました。芝居の元になる台本がだいたいできあがり、それをたたき台にしてみんなで金星音楽団の練習風景とグループごとの場面を作りました。台本通りにやるのではなく、それを元にみんなで創っていくのがワークショップです。最終的にどうなるかは、発表会当日の朝のリハーサルまでよくわからない、というなんともハラハラドキドキする芝居作りです。  段ボールのにぎやかな楽器をわんどで更に追加製作したため、金星音楽団らしい雰囲気が出てきました。 www.youtube.com  この楽長が怒鳴るシーン、いまいちの感じだったので、午後の芝居作りで、「アキちゃんがやってみたら」と突然、演出のせっちゃんがふってきました。あたふたしながらも、久しぶりに大声出していい気持ちでした。芝居をやるって楽しいですね。ちょっとやってみただけだったのですが、せっちゃんが「これおもしろい、これで行こう」と言い出し、私は記録の写真を撮るつもりだったので、困ったことになりました。どなたか写真撮っていただけると助かります。  『 セロ弾きのゴーシュ』にはネコが登場するシーンがあります。でも、どういうわけかネコがトラに変わりました。このへんの自由さがぷかぷからしい作り方です。原作ではシューマンのトロイメライをリクエストするのですが、ゴーシュは何を思ったか「インドの虎刈り」という曲を弾いてネコはくたくたになります。このくたくたになるところから「アルゴリズム体操」を思いつき、ゴーシュぷかぷか版ではゴーシュにその曲をリクエストします。2回繰り返してトラたちはくたくたになります。 www.youtube.com   トラグループ、カッコウグループ、タヌキグループ、ネズミグループに分かれて芝居作り。リハーサル室が手狭でした。  子どもと一緒にパン屋にクリームパンを買いに来るお客さんの関係から、いつの間にか「ぷかぷかさん」たちと一緒に芝居を作る関係になり、今度一緒に舞台に立つことを目指すオーヤさん、今日はグループのみんなをリードするように芝居作りに張り切っていました。こういう変わりようがおもしろいですね。パン屋のお客さんが、パン屋で働いている人たちといっしょに舞台に立ってしまうなんて、ふつうはあり得ないですから。そこがぷかぷかの不思議なところ、おもしろいところです。活動の幅の広さ、創り出しているものの豊かさがよく見えます。  ファッションモデルのお姉さんたちとダンスの練習。  全く頼んでもいないイクちゃんが、お姉さんたちに負けないくらいエネルギッシュなダンスを披露してくれました。ダンスのすばらしいセンスを持っている方です。  セロを弾く音が按摩の代わりになって動物たちの病気を治します。その夜は病気になった子ネズミたちがやってきて、按摩をしてもらおうとチェロの穴に飛び込みます。そのときに歌うのがこの歌。東北地方で行われている剣舞に宮澤賢治が魅せられ、詩を書きました。その詩に林光さんが曲をつけ、『セロ弾きのゴーシュ』のオペラのこのシーンで歌わせました。初めてゴーシュのオペラを見たとき、ゴーシュ役をやった大石さん(歌役者)の朗々とした歌いっぷりに圧倒されたことを覚えています。      夜風とどろきひのきはみだれ      月は射(い)そそぐ銀の矢並(やなみ)      打つも果てるも火花のいのち      太刀の軋り(たちのきしり)の消えぬひま      太刀は稲妻萱穂(たちはいなずまかやほ)のさやぎ      獅子の星座(ししのせいざ)に散る火の雨の      消えてあとない天のがはら      打つも果てるもひとつのいのち  ファッションモデルのお姉さんたちと一緒にパレードしたあと、舞台で一緒に踊りたいと考えていました。そのときに頭に浮かんだのがこの歌です。  www.youtube.com  イクちゃんの自由奔放なダンスに比べると、まだまだ平板な感じがするので、もっとダイナミックな振り付けを考えたいと思います。  誰かが寝っ転がってるのかと思ったら、デフパペの持ってきた賢治の人形の足でした。このリアルさは、ちょっと怖いものがありました。  フィナーレで歌う「てぃーちでぃーる」スペシャル版です。 www.youtube.com  さぁ、いよいよ1月29日(日)発表会です。どんなゴーシュになるか、楽しみにしていてください。 『セロ弾きのゴーシュ』の舞台は以下の人たちによって作られます。1月27日(金)の朝から製作に取りかかります。この日の夜にピアノの調律をします。背景画は27日の朝に搬入します。 舞台監督                            成沢富雄              舞監助手              シアターサポ       北原修     ピアノ調律  渡辺幹雄               大道具27日のみ              シアターサポ       渡辺敬吉                             音響       シアターサポ       石田昌弘             音響ステージ助手              シアターサポ       大島伎右助                          照明       SHOW-YA projecT 都野 直人(ツノ ナオト)             照明       SHOW-YA projecT 酒井 松八(サカイ ショウヤ)   みどりアートパークホール                                                                       館長       藤井ゆずる                                        担当者    遠藤美香                          舞台       上條拓也                                           照明       光野直美                                           音響       山田  なんとも豪華な舞台です。ぜひ見に来てください。
  • 最近の日記
    カテゴリ
    タグ
    月別アーカイブ